フリーランスで働きたいなと憧れ、会社を辞めて独立する人が少なくありません。
上司も部下もいない環境の中、自分の采配で仕事ができるフリーランスは自由でとても魅力的です。
フリーランスで働きたいという気持ちは多くの人が持っているのではないでしょうか。

フリーランスで働くのはこんなに魅力的!

画像出典:pixabay

フリーランスは会社に縛られないので、休日はもちろん、仕事を始める時間・終わりにする時間を自由に設定できます。また仕事によっては好きな場所で働くことができるので、田舎や外国に移住することもできますし、自宅を職場にして通勤がないというライフスタイルにすることも可能です。
また収入は全て自分の手元に入ってくるため、頑張れば頑張った分収入が増えていきます。
なにより自分が好きだと感じ興味が持てることを仕事にできると、仕事が楽しい!と思えます。
楽しいと思える仕事でお金を稼ぐことができたら、それが一番理想的ですよね。

フリーランスの仕事一覧

画像出典:pixabay

フリーランスにはどのような仕事があるのでしょうか。
ここではフリーランス=個人事業主と定義します。つまり会社に雇われず、自分で仕事を取って収入を得るというスタンスで働いている人です。
フリーランスの仕事は、実はこんなにたくさんあります。

IT系

画像出典:pixabay

フリーランスとして仕事をしやすいジャンルの一つがIT系です。作業をして作り上げたものをネットで納品できるため、在宅で働くことができます。

SE(システムエンジニア)

クライアントが希望するシステムを動かすための設計書を作る仕事です。クライアントの要望を理解し、その要望に沿ったものを作るための設計を行います。完成したシステムを納品した後のアフターフォローを行うのもSEです。

プログラマ

SEが作成した設計書に基づいてプログラムを組みシステムを作り上げる仕事です。作成したプログラムが問題なく動くかどうかというテストも行います。

アプリケーションエンジニア

スマホアプリやWebアプリ、業務アプリなどさまざまなアプリケーションを設計し開発するエンジニアです。システム設計、開発、テストのほか、運用、保守まで含まれる場合があります。

ウェブデザイナー

ウェブサイトのデザインやレイアウトを行います。デザインのセンスのほか、HTMLやCSSを理解している必要があります。

ウェブサイト作成

クライアントの希望に沿ってウェブサイト作成代行を行います。ウェブデザイナーのほかプログラマ、SEの仕事範囲までが網羅されています。また作成後のフォローや更新が含まれることもあります。

デバッカー

プログラムやシステムが正常に動作するかをチェックする仕事です。特に能力は求められませんが忍耐力が必要です。

 

IT系でフリーランスに向いている人は、IT系の知識があることはもちろん、人脈があり良好な人間関係を築ける人です。IT系の会社でSEやプログラマーとして勤務していた経験があり、独立後もその時のツテで仕事を受注できるなど仕事上の繋がりがあると心強いでしょう。

文筆系

画像出典:pixabay

フリーランスの仕事として代表的な分野の一つが文章を書く仕事です。本を読むのが好きで語彙が豊富な人や、ブログなどで文章を書きなれている人におすすめです。

小説家

書いた小説を出版社に持ち込んでデビューを狙うほか、「小説家になろう」などのサイトで人気の高い小説を書いてると、出版社から書籍化の話が持ち込まれることがあります。

小説家になろう

ライター

企業のウェブコンテンツ作成が主な仕事になります。指定された内容についてリサーチし、分かり易く文章でまとめます。

翻訳家

英語から日本語、日本語から英語はもちろん、中国語、ロシア語など各種言語に翻訳需要があります。語学に自信がある人におすすめです。

脚本家(シナリオライター)

ドラマや舞台のほか、ゲームなどのシナリオ作成を行います。プロットから提案するケースや、大まかな流れが決まっているケースなどそれぞれです。

コピーライター

商品やサービスの宣伝文句(コピーライティング)を行います。売れっ子になれれば高い単価での仕事が受注できる可能性があります。

ネーミングライター

新商品や新しく開店するお店、サービスなどに名前を付けます。コンペ形式で多くの人が名前を考えて応募するため成約に至る確率は低いのですが、1件の単価が高いのが特徴です。

文章を書く仕事の中でも、ライターの需要が高まっています。またネーミングライターはアイデア勝負という面もあるので、初心者でもチャレンジしやすい分野です。

デザイン系

画像出典:pixabay

美大や美術系の専門学校を卒業しているという人や、絵を書くのが好きという人におすすめなのがデザイン系の仕事です。

ウェブデザイナー

IT系の分野でも紹介しましたが、サイトのデザインを行います。デザインのセンスのほか、HTMLやCSSなどを理解している必要があります。

イラストレーター

広告カットや本の挿絵などを書くほか、LINEスタンプを手掛けることもあります。

ロゴデザイナー

企業やショップのロゴ、名刺に入れるロゴを作成します。目立たないようで需要が高い仕事です。

キャラクターデザイナー

企業や店舗のイメージキャラクターを作成します。リラックマをデザインしたコンドウアキさんのように一躍有名デザイナーになれる可能性を秘めています。

衣装デザイナー

ショップに並ぶ一般人が着る服のほか、舞台衣装などのデザインを行うこともあります。多くの場合、デザインだけでなく作成まで含まれます。

衣装デザイン以外はIT系の知識が必要となります。最低限のデザイン系ソフトを用意し、使いこなせることが前提です。

店舗経営系

画像出典:pixabay

自分で店舗を持ちオーナーになるのもフリーランスです。好きなものを販売したり作ったりするほか、モノではなくサービスを提供するタイプの店舗経営も含まれます。

小売店経営

服や雑貨、化粧品などのほか、アート作品や中古品、食品などモノを売る仕事です。販売だけでなく仕入れや買い付けも行います。

飲食店経営

料理人を雇い経営または接客に専念するケースと、自分で料理を作り提供するケースがあります。

マッサージ師

モノではなくサービスを売る仕事です。資格は必要ありませんが、実践の経験が必要です。

整体師

マッサージではなく技術で身体の歪みを整えます。資格は必要ありませんが、実践の経験が必要です。

ネイリスト

狭いスペースでも開業できる仕事です。技術が必要なため、実践の経験が必要です

占い師

対面のほかスカイプなどで占いをし、出勤せず働くこともできます。

小売店や飲食店のオーナーになる場合はある程度の予算が必要です。それ以外の仕事は実践での経験がないと難しいといえます。またどの職業においても接客業となるため、社交性が求められます。

事務系

女性の場合、フリーランスになりたいけれど事務しか仕事の経験が無いため無理だ、と考えている人が多いかもしれませんが、事務系のフリーランスの仕事もあります。

在宅秘書

クライアントによって仕事の範囲はそれぞれですが、顧客へのメール対応や、会社のブログ・SNSの更新、経費の振込など多岐にわたります。雇用契約を結ばず業務委託という形式で勤務し、複数の企業の在宅秘書を兼任する人もいます。

編集

ウェブコンテンツの編集や書籍の編集をします。出版社で編集として実績を積んだ後で独立するパターンが多数です。

作業系

フリーランスの仕事はデザインセンスやIT系スキルなど特殊な能力が絶対に必要というわけではありません。特別な知識が無くても出来る仕事があります。

データ入力

単純作業ですが、指定されたデータを打ち込んでいく仕事です。高収入を期待するのは難しいですが、比較的誰でもできる作業です。

エンターテイメント系

画像出典:pixabay

「え、これってフリーランスの仕事なの?!」と驚くかもしれませんが、憧れのあの仕事をしている人もフリーランスです。

俳優・女優

事務所に所属していても一部の事務所以外は固定給が貰えるわけではありません。売れっ子になる前は、オーディションを受けて仕事を獲得してくる、という繰り返しです。

舞台監督

舞台の裏方を知り尽くし、舞台公演の間カンパニーのトップとして全体を仕切ります。出来る人が少ないためとても需要が高い職業ですが、裏方の仕事に精通している必要があります。

舞台演出家

印象的な演出、個性的な演出ができると人気が高く引く手あまたになる可能性があります。演技についてだけでなく裏方についてもある程度の知識が必要です。

声優

声優も俳優のようにオーディションで仕事を獲得することが多い仕事です。また同人作品などマイナーな分野を中心に活躍している声優もいます。

司会

結婚式やイベントがあると必ず必要とされるため、ある程度の需要がある仕事です。歯切れよく話せるスキルのほかに機転も求められます。

You Tuber

誰でも低コストで挑戦できるのがYou Tuberですが、やりすぎには注意しましょう。人気者になると高収入が見込めます。

モデル

ショーモデルのほか、雑誌モデル、ヘアモデル、パーツモデルなどいろいろな種類があります。

大道芸人

人を楽しませることができる芸を披露できれば大道芸人として活躍することも可能です。東京都の場合はヘブンアーティストに登録をして東京都公認のアーティストになると活動しやすくなります。

ヘブンアーティスト

ダンサー

アーティストのライブでのバックダンサーのほか、ミュージカルやショーなど、活躍の場はたくさんあります。

エンターテイメント系はどれも訓練が必要な仕事です。一朝一夕になれるものではないので、専門の機関や師匠について学ぶ必要があります。

アーティスト系

画像出典:pixabay

アーティスト系の仕事もフリーランスです。狭き門ですが憧れる人が多い仕事です。

音楽家

ピアニストや歌手など、音楽家は基本的にフリーランスです。センスももちろんですが、確かな技術と訓練が必要です。

作曲家

自分で作曲した曲をウェブで公開し、人気が出てCD発売までこぎつけた人もいます。作曲した曲を自分で演奏もしくはだれかに演奏してもらい1人でも多くの人に聞いてもらいましょう。

作詞家

作曲家とタッグを組む、歌手に売り込む、もしくは自分で歌うなどして、自分が作詞した詩を知ってもらわなければいけません。人脈も大事です。

美容師(ヘアアーティスト)

美容師の中には、雇用されるのではなく業務委託として美容院で働く人もいます。

メイクアップアーティスト

モデルや俳優、カメラマンなどとの人脈が必要です。着付けやヘアアレンジを行うこともあるため、美容師の資格を持っていると有利です。

カメラマン

人物を撮るのか、風景を撮るのか、料理を撮るのかなど、それぞれに得意分野があります。有名カメラマンの弟子になるという方法のほか、サンプルを作り出版社に直接売り込むという方法があります。

アーティストの世界は実力が全てです。努力のもとに築かれた実力のほか、人脈もとても大切になります。人間関係を作り継続させること、そして自分の腕を磨き続けることがとても大切です。

その他

画像出典:pixabay

他にもフリーランスにはこんな仕事があります。

先生

自宅でピアノや勉強を教える、という先生のほかに、ジムのヨガインストラクターやエアロビインストラクターも先生です。得意を活かすことができます。

農家

農業もフリーランスです。過疎化している地域では、農業をするために移住すると補助金をもらえることがあります。

宿泊業

Airbnbで自宅、もしくは又貸しが可能な賃貸物件を借りて民泊を経営します。東京や京都は海外の旅行客からのニーズが高いため、新規参入する人が多くおすすめです。海外からの旅行客を対象にする場合、英語力が必要です。

Airbnb

デイトレーダー

ある程度の資金があり、株に興味があるならデイトレードで稼ぐという道もあります。ただしリスクが大きいことは覚悟しましょう。

配達員

個人でもAmazonから業務委託で配送を請け負うことができます。またUBERがサービスを展開している地域に住んでいる人は、UBERの配達員やドライバーとして働くことも可能です。

UBER

インスタグラマー

フォロワーがたくさんいると、インスタグラムの写真投稿でお金を稼ぐことができます。ただしインスタグラム単体ではなく、特定のブランド(企業)と契約することが必要です。

何でも屋

携帯と車があれば始めることができますが、知恵と機転と度胸、そして体力が求められます。

フリーランスにありがちな悩み

画像出典:pixabay

フリーランスの仕事がこんなにたくさんあるなんて!と驚いた人も多いのではないでしょうか。この中で自分ができるのはどんな仕事なのかと探していくと、ある程度限られていきます。

フリーランスは自由で気楽、基本的にストレスフリーですが、いつでも仕事があるわけではなく、定期的な収入が保証されてないというデメリットがあります。

また、IT系や文筆系は自宅に籠もる時間が長いため孤独を感じることも多い仕事です。

フリーランスで仕事をして生活していくためには、しっかりした準備が必要です。
フリーランスに憧れて勢いで会社を辞めてしまう前に、プリ―ランスとして生活していける設計図を描く必要があります。
フリーランスの働き方についてアドバイスをしてくれるサービスがありますので、「フリーランスでやってみたい」と思った人は、一度相談してみてはいかがでしょうか。

Keen Linkers


この記事を書いた人
フリーライターのnoireです。不安を感じることもありますが、充実感に溢れた毎日を過ごせているため、フリーランスになって良かったと感じています。