出典:写真AC

 

日本の経済状況は、依然として不透明な状況です。

現状の職場に不満があり、副業をしたり、転職を考えている方も多いと思います。

そして、将来のスキルアップや独立開業に向けて、資格を取るための勉強をしている方も多いと思います。

今回は、士業やフリーランスで成功するための情報提供をしたいと思います。

 

実務経験が必要な資格があります

宅建

宅建の資格に合格しても、宅地建物取引士の資格登録をしないと宅建士になれません。

宅建士の資格登録をするには、2年以上の実務経験が必要です。

実務経験が2年未満の場合は、登録実務講習を修了すれば資格登録出来ます。

社会保険労務士

社会保険労務士試験に合格した後、社会保険労務士会に登録するには、実務経験が2年以上必要です。

実務経験が2年未満の場合は、事務指定講習を受ければ登録出来ます。

行政書士

行政書士になるには、実務経験は基本的に必要ありません。

行政書士の試験に合格して、各都道府県にある行政書士会に入会すれば登録出来ます。

実務経験なしで開業されてる方もいます。

行政書士の開業に必要な知識を取得したい方には、都道府県単位の支部等で、無料または安価な講習があります。

司法書士

司法書士試験は、税理士などのように、登録に実務経験が基本的に必要とされていませんが、司法書士合格後に各種研修があるようです。

大きくは日本司法書士会連合会主催のものと司法書士会主催の2つがあります。

 

士業の資格があるのに生活保護?

「士業の資格があれば、気軽に独立開業出来て、あとは安泰」という時代は、もう昔のことです。

結論から言って、士業で成功するには、かなりのマーケティング力が要求されます。

最近、税理士や社会保険労務士として開業されている方が、経営難で行き詰まり、多額の借金を抱えて生活保護の申請にくることがよくあります。

インターネットの普及で、だれでも情報が簡単に手に入るようになったこともありますが・・・。

 

弁護士が公務員採用試験に受験?

弁護士を開業している方や資格所持者が、正職の公務員採用試験に受験にくることが多くなりました。

弁護士会費等の経費がかなりかかるので、最近は弁護士も儲からないのでしょう。

「市バスの運転手の高額給与」や「市議のお茶だし委託費が1,000万円」と言う報道が過去にありました。

公務員の平均給与は、現在かなり高くなってきています。

難関資格を取れば誰もが開業し、高収入を約束された時代はとうに過ぎ去ったのかもしれません。

 

高収入の資格は?

歯科医開業で経営難の方が増えています。

最近、歯科医の経営は大変になってきているようです。

ある程度の高収入が約束されている資格と言えば、現在は医師免許ぐらいでしょう。

ただ、医学部は国公立大学では超最難関ですし、私大は学費が高すぎます。

誰でもが、頑張れば取得出来る免許ではありません。

 

株式会社Keen Linkersのサービスについて

士業やフリーランスとしてある程度成功するためには、営業力や企画力、人脈が重要になってきます。

そして、客観的にアドバイスや分析をしてもらう方が経済的に楽になることが多いようです。

今後の個々のライフプランや人生設計まで考えてくれる方がいれば、心強いですね。

 

フリーランスをされている方や現状の仕事に不満があり転職活動されている方は、一度、株式会社Keen Linkersのサービスを考えてみてはどうですか?

株式会社Keen Linkersのサービスは、目線を人に合わせ、職のサポートはもちろんのこと、その先の人生も視野にいれてサービスが展開されます。

 

株式会社Keen Linkersを利用するメリット

①相談無料

②「働く」ことについてのトータルサポート

③キャリアプランのご提案

④「今から出来る資金の作り方」のアドバイス

*老後に向けた備えなども考えてくれるのでお勧めです。

 

まとめ

株式会社Keen Linkersのサービスは、今後のキャリアプランに悩んでいる方やこれからどういう人生を歩むか検討されている方のサポートが目的です。

株式会社Keen Linkersのサービスは、人生がより豊かになる情報を提供してくれます。

・フリーランスでいろいろ悩まれている方は、株式会社Keen Linkersの無料相談を利用してみてはいかがでしょうか?


この記事を書いた人
ライター名:元市役所君
元公務員です。現在は、フリーランスとして自営業を営んでいます。