浮気の確実な証拠となるのが写真です。
ただし、法的にも使える証拠になる写真にはいくつかポイントがあり、そこをしっかりわかっていないとせっかくの写真が無駄になってしまうこともあります。
離婚する場合はもちろん、結婚生活を続ける場合にも役に立つ浮気の証拠写真のポイントと入手方法をお伝えします。

浮気の証拠にならない写真


出典:ぱくたそ

ツーショット写真

妻の携帯を見たら、同じ男とのツーショットの写真が大量にあった。

浮気を疑うには十分ですが、法的にはこれだけでは浮気の確実な証拠とはいえません。
「写真に写っているのは二人でも実は他にも大勢人がいた。」「偶然会った時に撮った。」などといくらでも言い訳ができてしまい、不貞を証明することはできません。

ハグ・キスなどスキンシップを取っている写真

誰が見ても浮気というほど浮気相手とベタベタしている写真であっても、それだけでは不貞の証明にはなりません。
不貞はあくまでも肉体関係があることが前提。
その点を証明できて初めて確実な証拠となるのです。

ビジネスホテルに出入りする写真

打ち合わせで使っていた、気分が悪くなって休んでいた、同室ではなかった、とさまざまな言い訳ができてしまうビジネスホテルは、二人で入ったとしてもなかなか浮気の証拠として認めてもらうのは難しいです。

確実な証拠にするには、何度も二人でホテルに通っていることが分かるような複数の写真。
そしてさらに確実にするには、ホテル内の同室に入るところをおさめた写真もあると良いでしょう。

自宅に出入りする写真

どちらかの自宅で二人っきりで過ごしている時点で限りなく怪しいですが、こちらも「話をしていただけ」と言い逃れができてしまうため、自宅へ出入りする写真があったとしても確実な証拠とは言えません。

証拠として有効にするためには、「頻繁に」自宅に通っている事が証明できる写真、滞在時間が数時間のもの、一緒にいる間に部屋の電気が消えたことが分かるもの、などが必要となります。

浮気の証拠になる写真


出典:ぱくたそ

逆に証拠になる写真は、ズバリ!ラブホテルに出入りしたところをうつした写真です。
他の場所と違い、ラブホテルは性行為を行うことを目的としているため、言い逃れをするのが難しいです。

具合が悪くなって休んでいたと最後の悪あがきの言い訳を許さないためにも、1回だけでなく2回以上出入りしていることが分かる写真があれば完璧です。

写真のポイントとしては

  • 二人の顔がはっきりと分かるように写っている
  • ホテルに入る瞬間が写っている
  • ホテルから出てくる瞬間が写っている
  • 入ってから出てくるまでの間に1時間以上たっている

これらの条件を満たしている写真が2回以上撮れていれば、まず浮気の立証はできると考えて良いでしょう。

確実な証拠写真の入手方法


出典:ぱくたそ

確実な証拠写真を撮るためには、まずは浮気現場を抑えることが第一です。
まさに浮気しているという瞬間を写真に収めるタイミングを見計らいましょう。

手順としては、

浮気をしそうな日時の予測→予測した日に妻を尾行→浮気相手とホテルに入る瞬間に撮影→出る瞬間も同様に撮影

という流れになります。

まず難しいのが尾行。
素人では相手にバレずに後をつけることはなかなか難しく、バレてしまう可能性も大きいです。
もし、夫が自分の浮気を疑ってこっそり浮気現場についてきていると知った妻は、今までよりも慎重になり、より証拠の入手は困難になってしまいます。

そして、運良く浮気現場まで尾行を成功させたとしても、そのあと本人たちにバレないように写真を撮るのも至難の技です。
ホテルに入る瞬間は一瞬でも逃すと後ろ姿になってしまい、相手の顔が分からない使えない写真になってしまいます。
顔がしっかりと判別できる状態で、しかも妻と浮気相手にバレずに撮影するのは素人には難しいでしょう。

そこで確実なのが探偵などのプロに依頼する方法です。
総合探偵社リザルト東京ではベテラン調査員が尾行から写真撮影、調査書の作成まで行なってくれるので、浮気の事実があれば確実な証拠を相手にバレることなく手に入れることができます。
特に、確実性を重視するため複数回の写真が欲しい場合は、絶対に途中で尾行や撮影がバレないようにする必要があります。
一度バレてしまうと二回目の写真は相手が警戒してしまうため、撮りにくくなってしまうからです。
下手に素人がチャレンジして、取り返しのつかない失敗をしてしまうよりも、初めから信頼できるプロに依頼するほうが安心です。

証拠を集めるときの妻への対応での注意点


出典:ぱくたそ

疑っていることがバレないように

自分で調査をする場合も、プロに頼む場合も、気を付けなければ行けないのが、浮気を疑っていることが妻にバレないようにすることです。
浮気かも、と思ってもすぐに問い詰めたりするのはNG。
バレたかもと思った妻は警戒してしまうため、浮気の証拠を掴みづらくなってしまいます。

せっかくプロの探偵に依頼しても、疑われているからとうぶんはおとなしくしていようと浮気相手と会うのを控えてしまっては、その間の調査が無駄になってしまいます。

証拠を一つ入手した場合も、その後も証拠を集める必要があるのであれば、妻に問い詰めたり態度に出したりするのはグッと堪えましょう。

浮気につながる情報は多く

プロに依頼する場合は、できるだけコストは抑えたいもの。
そのためにも浮気につながる情報はたくさん集めておくようにしましょう。

帰りが遅い日のパターン。
浮気のカムフラージュに使っていそうな友だちの名前。
浮気をしていたと思われる日の服装や態度。

などの情報を依頼した探偵に伝えておくと、浮気しそうな日を予測してピンポイントで調査を行うことができるので、調査費用も安くすることができます。

法的には使えない証拠も集めておく

最初に挙げた浮気の証拠にならない写真は、それだけでは証拠として不十分ですが、ほかに有効な証拠がある場合は、浮気をより確実なものとする事ができます。

ツーショット写真やスキンシップを取った写真も、ホテルへ出入りしている写真と合わせることで、より浮気相手との関係が親密であるとの証明になり、自分にとって有利な主張を通すことができます。

写真以外でも、浮気を裏付けることができそうなものは念のため残しておくと、何かの時に役に立つこともあります。

まとめ

浮気の調査は事実を知ったら終わりではありません。
浮気の事実があった場合、その後も妻と関係を続けたいのかそれとも慰謝料をもらって別れたいのか、どちらにしても、自分の主張を通すためには、法的に相手の過失を訴える必要があります。
そのために必要となるのが法的にも使える証拠です。
法的な手段をとらないにしても、確実な証拠があるという事実は相手の言い訳や言い逃れを防ぐ効果があり、その後の話し合いをスムーズに進ませることができます。

中途半端な証拠で浮気の事実をあやふやにされてしまうことのないように、証拠を相手に突きつける際には、より確実なものを手に入れておくようにしましょう。

総合探偵社リザルト東京


この記事を書いた人
ライター:SUZAKI
育児や夫婦関係、IT、地域情報に関するブログのライター。
多くの人の生活に役立つ情報の収集に日々励んでいます。