出典:写真AC

 

2016年7月に公開されてヒットした人気映画「シンゴジラ」のフル動画を見たいと思っている人は多いのではないでしょうか。

 

シンゴジラの映画のあらすじと見どころ、フル動画を配信しているサイトを紹介します。

 

すぐに「シンゴジラ」のフル動画を視聴したいかたはこちら(ビデオマーケット)

 

 

「シンゴジラ」の映画キャスト

出典:写真AC

 

総監督:庵野秀明
監督・特技監督:樋口真嗣
脚本:庵野秀明
製作:市川南

主な出演俳優
長谷川博己(矢口 蘭堂)
竹野内豊(赤坂 秀樹)
石原さとみ(カヨコ・アン・パタースン)
高良健吾(志村 祐介)
市川実日子(尾頭 ヒロミ)
平泉成(里見 祐介)
大杉漣(大河内 清次)
野村萬斎(モーションキャプチャ ゴジラ)
斎藤工(池田)

 

脚本・監督は人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」でも脚本・監督を務めた庵野秀明
さんで、俳優は若手からベテランまで人気のある方々が出演しています。

 

「シンゴジラ」の映画のあらすじ

 

主人公は長谷川博己さんが演じる内閣官房副長官(政務担当)の矢口 蘭堂です。映画のあらすじを紹介します。

 

巨大不明生物の出現

シンゴジラの映画は、東京湾アクアライン周辺からの水蒸気噴出で始まります。
政府は突然の事態に原因をつかみきれないまま、テレビカメラに映し出された巨大な尻尾のようなものを確認し、それが巨大不明生物によるものだと気がつきます。
未知の生命体ということもあり有識者の意見を聞いてもその実態は判然とせず、水生生物であるため上陸することはないと判断していましたが政府の見解とは異なり、巨大不明生物は都内へと上陸し建物をなぎ倒しながら進み始めます。

 

自衛隊の出動

この事態に対処できるのは自衛隊しかいないと判断した政府は自衛隊に出動を要請し、攻撃ヘリを使っての迎撃を試みますが、市民の避難が完了していないとの理由から攻撃は中止されます。
その後、巨大不明生物は海中へと姿を消し行方をくらますことになりますが、鎌倉から再上陸した際にはさらに巨大化し、2足歩行で歩くように進む姿へと変貌していました。
「ゴジラ」と名付けられたその生物は東京へ向けて北上をはじめ、自衛隊は再び攻撃をかけるべく多摩川を防衛ラインとする作戦「タバ作戦」を決行します。
戦車や攻撃ヘリ、誘導ミサイルなどを用いて精密射撃を行なう自衛隊でしたが、ゴジラの頑強さは予想を超えており、ゴジラにダメージを与えることができぬまま多摩川を突破され都内への侵入を許してしまいます。

 

 

焼きつくされる東京

自衛隊でも歯が立たず、都内侵入を許したことで大混乱に陥る東京。
これを受けてアメリカ軍がゴジラに対する攻撃を行なうとの情報が入ります。
政府は後手を踏む形でアメリカ軍に支援要請を行ない、閣僚らは自らにも危険が迫っているとして避難を開始します。
アメリカ軍の爆撃機による攻撃はゴジラにダメージを与えることに成功したものの、それがゴジラのさらなる能力を覚醒させることになり、ゴジラの口や体から発せられた光線によって全滅させられてしまいます。
そしてゴジラが放った光線は東京を焼き尽くし、港区や千代田区をはじめ、国会議事堂など東京の中枢に壊滅的な被害をもたらすことになります。
そしてゴジラは光線を吐き終えるとその場に立ち尽くし、そのまま活動を停止してしまいます。

 

反攻作戦の開始

ゴジラの構造を解析していた巨災対のメンバーはゴジラを武力ではなく血液凝固によって体内から活動停止状態に陥らせることが可能であることを突き止め、現状での最善策として必要な血液凝固剤の調達と作戦遂行のために自衛隊への協力を要請します。
しかし国連ではゴジラを抹殺するには核攻撃しかないという結論が出され、そのタイムリミットは刻一刻と迫っていました。

 

「シンゴジラ」の映画の見どころ

 

「シンゴジラ」を見たことがない人やもう一度見たい人のために映画の見どころを紹介します。

 

現代の日本に則した対応

シンゴジラの映画は、冒頭をはじめとする巨大不明生物出現の際にとられる日本政府の対応が、現実の日本に則した形で行われるというリアリティのある描写が見どころです。
ゴジラというフィクション性の高い映画にもかかわらず、徹底的にリアルな演出を貫いているところに興味を惹かれる人々も少なくありません。
災害の多い国である日本ではゴジラは自然災害の比喩としてとらえることもでき、危機的状況に対する政府の対応をシミュレーションのようにして見ることができます。

 

寄せ集め集団、巨災対のメンバー

ゴジラの活動停止のカギを握るといっても過言ではない「巨大不明生物特設災害対策本部」通称「巨災対」のメンバーは、頭はきれるものの変わり者が多く、各分野のクセの強い人物ばかりで構成された寄せ集め集団です。
彼らがゴジラの謎を解き明かし、日本の希望として不眠不休で活動する姿には、どこか日本人としての勤勉さが見えるような気もして熱くなるシーンでもあります。

 

国を超えた政治的な謀略

ゴジラというかつてない巨大なエネルギーを携えた生物ともなると、もはや日本国内だけの問題にはとどまらず最終的には国を超えた問題として国連が動く事態になります。
さまざまな国が自分たちの立場から意見を主張し合い、当事国である日本は発言力の強い常任理事国に振り回されることになりますが、単なる怪獣映画ではなく国際社会における日本の立ち位置や外交手腕なども描かれているため、政治的なドラマとしても見ることができます。

 

すべての始まり?牧悟郎教授の謎

そもそもなぜゴジラが出現することに至ったのかという謎についてはすべて解明されているわけではありませんが、そのきっかけには牧悟郎なる人物が深くかかわっていることが描写されています。

 

作品内の何気ないシーンにも意味深な描写ともとれるものがあり、解明されていない謎を考察することも本作品の見どころのひとつです。

 

「シンゴジラ」の映画をフル動画で配信しているサイトは?

出典:写真AC

 

シンゴジラの映画を動画で見たいという人は多いと思います。動画であればパソコンやスマートフォンで好きなときに好きな場所で見ることができます。

 

インターネットで「シンゴジラ 動画」と検索すると無料でフル動画を配信しているサイトがありますが、それらは違法である可能性があります。

 

違法サイトで動画を配信することはもちろんですが、それを見るのも犯罪です。また動画にウイルスが仕込まれていて、動画を見たパソコンやスマートフォンがウイルスに感染することもあります。

 

基本的に有料動画配信サイトの無料お試し期間以外で無料でフル動画を見る方法はないでしょう。

 

映画の動画をパソコンやスマートフォンで見たいときは、きちんとした有料動画配信サイトを利用するべきです。決して高い金額ではありません。

 

有料動画配信サイトのビデオマーケットなら月額500円(税別)で毎月540ポイントが付与されてポイントを使って映画の動画を楽しむことができます。

 

シンゴジラの映画の動画は432ポイントで視聴することができます。パソコンやスマートフォンでシンゴジラの映画の動画を見たい人におすすめです。

 

ビデオマーケットでシンゴジラの映画のフル動画を視聴する


この記事を書いた人
ライターのトシゾーです。
一児の父でライフスタイルや健康、旅行を中心にライティングしています。