人間にとって、睡眠は欠かせないものです。実は睡眠には『長さ』より『質』が大切だということはご存知ですか?

その質を高める方法のひとつとして、寝具が大きな役目を果たしています。

そもそも、良い睡眠とはどのような状態を言うのでしょうか?

 

 

【睡眠のしくみ】

 

一般的に理想的とされている睡眠時間は、7,8時間と言われています。

しかし、これはあくまで理想であって、人それぞれ睡眠のタイプは違っているのです。

快眠と感じる睡眠時間は、充分に眠った、という爽快感があり、日中眠気を感じることがなく、

活動的でいられることがひとつの目安となります。

人によっては長い睡眠を必要とする『ロングスリーパー』や、短い睡眠でも

充分な『ショートスリーパー』という人もいます。

睡眠は、浅い眠りの『レム睡眠』と深い眠りの『ノンレム睡眠』

2つが寝ている間90分ごとにに繰り返されます。

出典元:写真AC

 

レム睡眠・・・身体は眠っているのに、脳は起きている状態で浅い眠り。

目覚めの準備状態でもあり、この時に目覚めるとすっきりと起きやすい。

・眼球がキョロキョロ動く

・身体の力が抜けてる

・呼吸や脈拍が不規則、夢を見る

 

ノンレム睡眠・・・脳が眠っている状態で、入眠時は深い眠りに入り、次第に浅い眠りへ進み、

また深い眠りへと移行する。

居眠りなどのちょっとした眠りはほとんどがノンレム睡眠で起きるとすっきりしていることが多い。

・入眠後に現れる

・夢はほとんど見ない

・筋肉などは動いている、

・眠りが深くなると、呼吸数や脈拍数が少なくなる

レム睡眠の時に起きると、すっきりと目覚めることができると言われています。

毎日同じ時間に眠ることで自分にとってより良い素民時間を知ることができるのです。

 

 

 

【睡眠の質を上げるには?】

 

では、よりよい睡眠をとるには、どのようにしたらいいのでしょうか?

毎日同じ時間に眠ること以外に、環境を整えることも重要となってきます。

 

~環境ポイント~

 

・電気などの明るさを押さえる

蛍光灯などの青白い光やパソコン、スマホなどの光は、脳を活性化させてしまうので

寝る前は避けましょう。

睡眠の1時間前くらいから寝室は暖色系の柔らかい明かりにしておくといいでしょう。

出典元:写真AC

 

・室温の調整

室温の快適な温度は、冬場は16~19度、夏場は26度以下が睡眠に適した温度と言われています。

また、湿度も重要で、50パーセント前後が良いとされています。

 

・体を緩める

寝る前に軽くストレッチをしたり、ぬるめのお風呂にゆっくり使る等、

体の緊張をほぐすことで、入眠しやすくなります。

また、寝室にアロマを香らせるなど、身体が心地よいと感じることを取り入れてみましょう。

 

・寝る前は飲食を控える

食べると眠くなる人もいますが、食後にすぐ眠りについても、質の良い睡眠を得ることは出来ないのです。

それは、食べものを消化するまでの間、内臓が活発に動き、体は緊張状態になっているからです。

出来れば遅くても眠る2時間前には食事を終わらせましょう。

 

 

 

 

【寝具を整えることでより心地よく眠れる】

 

寝ているときの寝具は身体に大きな影響を与えます。

シーツのゴワゴワした感じや、布団の重みで眠りが浅い等の経験はありませんか?

今は色々な寝具が売られており、好みや心地よさに合わせて選ぶことが出来ます。

出典元:写真AC

 

~寝具選びのポイント~

 

・体圧分散する敷き布団・・・人の体はS字カーブを描いるので、それを全体で支える敷布団が

身体に負担をかけません。硬い柔らかいではなく、体を正しく支えて分散されているかがポイントです。

 

・枕の高さ・・・枕は敷布団によって高さや硬さが変わってきます。基本、頚椎の高さや気道の

角度に合わせてフィッティングしますが、敷布団の硬さに合わせて枕を合わせないと逆に

身体に負担をかけてしまいます。

 

・掛け布団の保温性・・・かけ布団の大切な所は保温性です。いくら良い布団を使っても保温性を

保たなければ意味がありません。それには体へどれだけフィットするかによるのです。

だからと言って重い布団をかけるということではなく、薄いもので体にフィットさせる方が

温かく心地よく眠ることができます。

 

・吸湿性や通気性のあるシーツを・・・シーツは汗を吸い取ったり、風通しをよくするなど季節によって

用途が変わります。

人は寝ているときは汗をかくので、それを吸い取る役割がシーツでもあります。

夏場は汗を吸い取り肌さわりが良いさらっとしたものが寝心地も良いですが

寒い冬は、保温性もある方がいいですね。

保温性に優れ、なおかつ吸湿や吸水性にも優れているようなシーツを使うといいでしょう。

 

 

 

【満月の布で作られたシーツ知ってますか?】

 

シーツを季節に応じて変えるより、1年中使えるほうが便利だと思いませんか?

満月の布で作られたシーツは100%オーガニックで、ヘンプやコットンで作られた

身体にも優しいシーツです。

また、空気中の水分を充分に保ち、身体に一番あった水分量に調節する働きをします。

なので、夏は涼しく、冬は暖かさを保ってくれます。

化学物質は一切使用しておらず、ヘンプとコットンの混合なので、肌さわりも心地よいのです。

癒しの効果もあり、これだけで1年中使用できますね。

出典元:SHIZENKAIKI WEB SHOP

 

寝具を変えるなら、体にとってよりよいものを選びたいですね。

 

満月の布http://shop.shizenkaiki.com/?pid=49530467

 

 

 

 


この記事を書いた人
mirai: 食や環境のことを子育てや仕事に生かしながらライターの仕事をしている。
過去に衣類や寝具などでアレルギーを起したり、原因不明の蕁麻疹に悩まされるなどの経験から体や環境に優しい生活を送っている。