出典:イラストAC

 

少子高齢化社会の行方

2017年の80歳以上の人口は、1074万人となっています。

また、65歳以上の高齢者の割合が全人口の27.7%%を超え、今後も増加が見込まれています。

寝たきりや認知症高齢者の増加、介護期間の長期化、ひとり暮らしや高齢者世帯の増加が顕著になってきています。

また、福祉や介護のニーズが今後ますます多様化、増大化することが予想されます。

今後、年金や医療、介護などの社会保障費の負担増等で、格差と貧困化が進んでいくと思われます。

高齢者の生活保護受給者が増えてくる可能性があります。

 

サービス付き高齢者向け住宅とは?

「サービス付き高齢者向け住宅」とは、バリアフリー構造や見守りサービスの提供、契約方法など、高齢者が安心して居住するための一定の基準を満足するものとして登録された賃貸住宅(※)で、介護・医療と連携し、住み慣れた環境で必要なサービスを受けながら暮らし続けることを目的としたものです。

(※登録基準を満たす場合は、有料老人ホームも「サービス付き高齢者向け住宅」としての登録が可能です。)

引用:香川県土木部住宅課

 

サービス付き高齢者向け住宅がなぜ狙い目なのか?

サービス付き高齢者住宅は、国からのさまざまな優遇制度があります。

例えば、サービス付き高齢者向け住宅の整備費の一部を補助してくれます。

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)は、高齢者が安心して生活できる住まいと
して近年注目を集めている住宅です。本整備事業はサ高住を新たに整備しようとす
る方に、その整備費の一部を補助する制度です。

引用:サービス付き高齢者向け住宅整備事業

そして、不動産を購入すると相続税の節税が出来ることもあり、サービス高齢者住宅の登録物件数が伸びています。

少子高齢化が進んでいる現在、サービス高齢者住宅は、不動産投資の有望な選択肢の一つになりつつあります。

 

サービス付き高齢者向け住宅や賃貸住宅の入居率を上げる簡単な秘策?

サービス付き高齢者向け住宅や賃貸住宅で不動産投資を考えている方にとって、入居率の不安があると思います。

広報活動や営業方法もさまざまありますが、即効性があり、入居率を安定させる秘策もあります。

それは、生活保護受給者が入居出来るように家賃設定することです。

入居費用が安くなれば、生活保護受給者以外の方も入居しやすくなり、入居率はアップします。

そして、生活保護では、転居費用があまり出ない傾向があり、一度生活保護受給者が入居すると入居率は安定します。

 

サービス付き高齢者向け住宅と生活保護について

サービス付き高齢者向け住宅にも豪華な住宅から生活保護受給者が入居出来る住宅までさまざまあります。

障がい者加算がつかないと生活保護の基準オーバーになり、入居出来ない微妙なケースもあります。

他の市町村に住まれている生活保護受給者が、サービス付き高齢者向け住宅に入所するために、引っ越し(移管)してくる場合、移管先の生活保護課が嫌がる傾向があります。

なぜ嫌がるのかと言えば、受け入れ先となる生活保護課(移管先)にとって、生活保護受給者が増えることは、単純に予算がかかるからです。

予算あっての市政ですから、生活保護課にも本音と建前があります。

だから、サービス付き高齢者向け住宅が市内に出来ると、他市から生活保護受給者が移管して入居する前に、市内の生活保護受給者を出来るだけ早く入居させようとする傾向があります。

高齢の生活保護受給者から見ても、住み慣れた地元でサービス付き高齢者向け住宅に入居出来れば、安心して生活できます。

サービス付き高齢者向け住宅の入居を勧められて、断る理由はあまりありません。

だから、生活保護受給者が入居出来るように料金を設定すれば、利益はもちろん低くなりますが、稼働率は高くなります。

 

実績ある介護事業者を選定しましょう。

サービス付き高齢者向け住宅の運営を考えたら、依頼する介護事業者が生活保護制度を熟知しているか確認しましょう。

そして、病院の相談員さんや居宅介護支援事業所のケアマネジャーさん、自治体職員等とうまく連携出来るノウハウを持っている介護事業者を選定しましょう。

介護事業者の選定を間違うと、稼働率は上がりせん。

 

出典:イラストAC

 

不動産投資を考えたら株式会社Keen Linkersのサービスです

今後、不動産投資で利益を上げようと思ったら、国や自治体の優遇制度や情報収集が欠かせません。

 

そこで、不動産投資を考えている方は、一度、株式会社Keen Linkersのサービスを考えてみてはどうですか?

株式会社Keen Linkersのサービスは、現在の不動産がどのような状況なのかを説明してくれます。

そして、不動産投資やポートフォリオ構成を無償で情報提供してくれます。

お気軽に相談出来て、一番安定度の高い不動産投資の紹介もしてくれます。

 

まとめ

・一般的に不動産投資会社は、不動産投資会社の利益が潤沢に乗った状態で不動産を販売します。そのため、売買が成立して一番儲かるのは不動産投資会社です。株式会社Keen Linkersは不動産投資会社ではありませんので、相談する際に料金は発生しません。

株式会社Keen Linkersのサービスは、最も確実な投資商品の不動産を中心に、将来を見据えたポートフォリオ構成をお手伝いしてくれます。また、資産の効率的な運用ができるお手伝いをしてくれます。


この記事を書いた人
ライター名:元市役所君
元公務員です。現在は、フリーランスとして自営業を営んでいます。