出典:写真AC

 

「2022年生産緑地問題」で、 2022年以降、生産緑地の多くが宅地化する可能性が高くあります。

不動産価格は下落する可能性が高いという予想は当たるかもしれませんが、外れることもあります。

「不動産を買うなら2022年以降」、「不動産を売るなら今」と言っても不動産価格の動向は、誰にもわかりません。

世の中、何が起こるかわかりません。

また、節税になると考えて不動産投資を始める方もいますが、高額納税者の方以外は、あまり賃貸物件の経営で節税は期待できません。

今後、不動産投資を考えたら、不動産価格の動向と賃貸住宅開発がどうなって行くのか「特定生産緑地指定制度」等の情報収集も欠かせません。

 

不動産投資で一番必要なこと

不動産投資で一番必要なことは、物件をより安く購入することです。

ぜひ欲しいと思っているお目当ての不動産があれば、売主と誠意を持って、コミュニュケーションすることでしょう。

そして、売主も人間ですから手間がかかるようなことは要求しない方が、値引きもしてくれます。

売主が立ち合いをする内覧の場合は、1回で済ましましょう。

中古不動産の場合は、気にな箇所の確認で、何回も内覧に行く方がいますが、止めておきましょう。

リフォーム会社を連れての数回に及ぶ内覧も、人気のある優良物件の場合は、売主に嫌われる可能性があります。

売主の方からみれば、物件の引き渡し後に、いろいろ苦情を言ってきそうな方には売りたくないのです。

 

お目当ての不動産をより安く購入した方法

売主がまだ在住されている場合などは、「大型の家具や不要品等があれば置いていってもらってもいいですし、庭の手入れもしなくていいですよ」と言えば、簡単に50万円前後は値引きしてくれます。

自宅内や庭にあるような不要品は、自治体の粗大ごみ処分でたいてい無料で処理出来ます。

また、各自治体にもよりますが、大型の粗大ごみは有料で、引き取りに来てくれます。

手間がかかりますが、自治体のゴミ処分なのでそれほどお金はかかりません。

私もマイホームを購入する時に、このような提案を売主にしまして、100万円近く値引きしてもらいました。

他に購入したい方が5人ほどいたそうです。

売主から無料で頂いた高級家具は、リサイクルショップで5千円で買い取りしてもらい、逆に利益が出ました。

お目当ての優良な不動産を購入する方法としては、苦情や文句を言わないように見える「優しい人」を演じることです。

 

庭木の手入れのおすすめ情報

庭木の伐採や不要なブロック、石などを造園業者に処分してもらうにはかなりのお金がかかります。

造園業者や植木屋は、2月から3月が特に暇になるので、その期間が狙い目です。

2~3社、相見積もりを取れば、かなり安く処分出来ます。

出典:イラストAC

 

株式会社Keen Linkersを利用してみましょう

不動産投資をされている方の 98.5% は失敗しています。

以下の方は、お気軽に株式会社Keen Linkersにお問い合わせしてみてはいかがでしょうか?

①不動産投資に興味を持っている方
②不動産投資を始めたいと考えている方
③不動産投資を始めてみたが他の意見も聞きたい方
④今の不動産投資に不満を抱いている方
⑤さらに良い不動産投資案件を探している方
⑥ポートフォリオを考え始めた方
⑦ポートフォリオの見直しをしたい方

 

不動産投資を考えたら株式会社Keen Linkersのサービスです

一般的に不動産投資会社は、不動産投資会社の利益が潤沢に乗った状態で、不動産を販売します。

従って、売買が成立して一番儲かるのは不動産投資会社です。

そのようにキャッシュフローが設計されています。

そして、押し売りをしてくる不動産投資会社には注意しましょう。

 

そこで、不動産投資を考えている方は、一度、株式会社Keen Linkersのサービスを考えてみてはどうですか?

株式会社Keen Linkersのサービスは、現在の不動産投資がどのような状況なのかを説明してくれます。

そして、不動産投資やポートフォリオ構成を無償で情報提供してくれます。

お気軽に相談出来て、一番安定度の高い不動産の紹介もしてくれます。

 

まとめ

株式会社Keen Linkersのサービスは、最も確実な投資商品の不動産を中心に、将来を見据えたポートフォリオ構成をお手伝いしてくれます。また、資産の効率的な運用ができるお手伝いもしてくれます。

・不動産投資を考えている方は、株式会社Keen Linkersへの相談がお勧めです。


この記事を書いた人
ライター名:元市役所君
元公務員です。現在は、フリーランスとして自営業を営んでいます。