出典:写真AC

不動産売買とは?

不動産売買とは、不動産を買ったり売ったりすることです。不動産売買については一般の方たちには難しいイメージがついているかもしれません。そこでこの記事では不動産売買のメリットとデメリット、不動産売買の成功例、不動産売買の失敗例、不動産売買の現在の状況を、簡潔に書いていこうと思っているのでよろしくお願いします。

不動産売買のメリットとデメリット

次に不動産売買のメリットとデメリットを書いていこうと思います。

不動産購入のメリットとデメリット

不動産購入のメリット

1. 資産として残せる
2. 賃貸にくらべて基本スペックの高い物件に住める
3. 自由に手を加えられる
4. 万一の場合、支払いの保障がある

不動産購入のデメリット

1. 圧倒的に初期費用がかかる
2. 住居費以外に修繕・管理費用が発生する
3. 価値が変動する恐れがある

物件を自分の資産として家族の残せるといのうのはやはり大きなメリットではないでしょうか。自分で手を加えたりすることが出来ますし、スペックが高くて快適な物件が賃貸よりは借りれる可能性も高いと思います。デメリットではやはり初期費用がかなり高額であり購入の時に豊富な資金がないと購入が難しいことではないかと思われまし、価格が変動することがあり、売却するときに購入した時よりも激安で売却することになる可能性も否定できません。

不動産売却のメリットとデメリット

メリット

現金化できる
ローンを完済できる
固定資産税や都市計画税の軽減
他の住まいの買い替えができる
残りの年数分の火災保険料や地震保険料が戻ってくる
銀行保証料が戻ってくる

デメリット

仲介手数料や譲渡所得税、引越し費用などといった諸費用がかかる

リスク

すぐに売却先が見つかるとは限らない

個人が不動産を売却することで多い理由は「生活費に充てる」ということです。当たり前のことにはなるのですが不動産を現金化することができます。デメリットとしては仲介手数料と譲渡所得税などの譲渡費用が発生することが第一としてあげられるデメリットであると思います。

個人間での取引

不動産売買は仲介を依頼することが一般的となっています。しかし個人間で売買するやり方もあります。一般的には個人間で不動産売買をすると仲介手数料がかからないところでしょう。目安としては100万円以上の仲介手数料がかかるなら個人間売買を検討してもいいかもしれません。

しかしやはり個人間で不動産売買をすると非常に面倒な手続きをしないといけません。なのでその場合は不動産会社に依頼したほうが煩雑な手続きもなくて、非常に楽になると思います。

またたとえ、個人間売買でやりとりをしたいと思っても、買い主様が住宅ローンを組みたいのなら不動産会社を通さないと融資が受けられない場合が懸念されます。

不動産の売買を個人間での取引についてのステップは次のようになります。

不動産事前調査

売買価格の検討
想定税額の算出、節税対策

リフォーム内容の確定

境界測量の実施や、境界標の確認(戸建て)
管理規約の確認(マンション)
契約書の作成
手付金の支払い

個人間売買契約

抵当権抹消準備
売買条件の諸整理
など

引き渡し

残代金があれば、その支払い

個人間での取引では数年後にリスクが顕在化しても救済措置がないのが現状です。不動産売買でステップを抜けもれなく行うのはなかなかハードなこととなっています。素人では売買時にはわからなかったリスクが数年後に顕在化することがあります。例えば土地を買ったはいいが、希望する家が建てられない場合、古いアパート1棟を買ってのちに建て直そうとしたら、法改正で現在の敷地面積では建てなおしができない場合があります。

これらのリスクは売買後に気づいてもどうしようもないことがあり対処には手遅れということがあります。不動産は専門性が高く、なかなか素人が気づかないことがあります。それと当事者同士が話し合って取り決めるとはいえ、金額が大きい買い物でありますから、もめて人間関係でも悪影響を与える可能性が高いです。

個人間売買では仲介手数料がかからないのは非常に大きな魅力ではありましょうが先ほど述べたのでお分かりになると思いますが不動産についての豊富な経験と知識がないと非常に難しいです。なので豊富な経験と知識がないと個人間売買はあまりお勧めできないです。

出典:写真AC

不動産売買の成功例と失敗例

不動産売買の成功例と失敗例をあげていこうと思います。

成功例

不動産売却を成功へと導いたベストなタイミングで買い替えることができた。
急ぐ訳ではないけれど、いつかはもっと広い家への買い替えを希望しているAさん家族。現在の住まいの相場をいsらべて不動産会社に査定してもらい、売却金額と住宅ローンの残債がほとんど同じだったため、売却を先行させながら余裕をもって購入物件を探すことに。半年後、希望通りの新居が見つかったために売りに出している住まいを早く売却できるようにと少しだけ値下げを行った。すると翌月には購入希望者が現れたので、新居の購入を決意。これまでの住宅ローンを解約してから、新たな住宅ローンへと移行することができ、さらに住まいの引き渡しと同じタイミングで、新居へと引越すことができた。

失敗例

査定価格が高かった不動産会社と仲介契約を結び・・・
自宅のマンションを売却することに決めたCさん。数社に無料査定を依頼したところ、どこの不動産会社も4,000万円前後の査定価格だったのに対し、a社だけ5,000万円という査定価格を提示してきました。そこでCさんは、このa社と専属専任媒介契約を結びます。しかし3か月経っても売れません。早く売却したいとa社に伝えると、a社は値下げを提案してきました。その後も、あれこれと理由をつけて繰り返し売却価格を下げられ、1年後にようやく3,300万円で売却することができました。
引用:不動産売却ノウハウ 不動産売却の成功例・失敗例

不動産売買の現在の状況

現在の不動産状況は、全体的な傾向では、混乱の中での価格下落基調です。物件や所在地によって価格が上がったり下がったりしており、一様な動きは見られません。しかし、このような状況もいつかは終わるでしょう。それは最近とても話題になっている北朝鮮のミサイルかもしれませんし、大地震、経済の問題かもしれません。

これらには大きな原因というものはなくて上がってものは下がるように徐々に変化していくことも考えられます。

出典:写真AC

まとめ

不動産売買では個人でやると豊富な知識や経験がないと非常に難しいものです。しかも不動産業界ではすぐに状況が変化するものとなっています。やはり経験や知識のない方には気軽に無料相談をお願いします。

下のリンク先ページから無料相談のページに飛ぶことができます。
Keen Linkers