rose-1024710_1920
出典元:Pixabay
家で保管しているワインをオークションで売ることができるって知ってましたか?

 

お祝いに、ともらった高級ワイン。
実家の父から受け継いだワインセラー。
資産としておいておいたワイン。

 

それらを手放さねばならなくなった時に、買取業者さんに頼むのももちろんですが、一度オークションでの出品を試してみませんか?

 

一般に、高級ワインであれば、買取業者よりも高く売れるようですよ。

 

そんなオークション出品の仕方を詳しく紹介したいと思います。

一般的なオークションの方法

まずはオークションに出したいワインの相場を調べましょう。

 

ワインのラベルに記載されている名称を専用サイトで調べてみると大体の落札価格がわかります。

 

ワインの価格を調べることができるサイト⇒落札相場まるわかり

 

この時、1万円以下になるようでしたら、オークションではなく、買取やワインの好きな友人に譲るほうが得策です。

 

なぜかというと、オークションには、出品者、落札者双方に手数料などの料金がかかるからです。

オークションでかかる手数料他

出品者

  • オークションサイトの登録料
  • 落札手数料 落札価格の8.64%(税込)※ヤフオク!の場合
  • 送料(送料込みにした場合)

落札者

  • 落札した商品の価格
  • (送料込みでない場合は別途送料)
  • 出品者への振込手数料

 

例:8000円(送料込み)でワインが落札された場合(ヤフオクで計算)

出品者の負担する手数料などは、

  1. Yahoo!プレミアム登録料498円
  2. 落札手数料 692円
  3. 送料(近隣で計算)656円+クール代210円+箱代150円

1~3の合計2206円かかります。

 

8000円の落札料金の場合、純粋な利益は5794円になります。

 

このほかに、ワインの写真の撮影、説明を書く、ラベルを調べる、梱包・発送と少し手間をかける必要があります。

 

このような手間と手数料を考えると、1万円以下のワインは、ワインが好きな友人に譲るのが一番喜ばれるのではないでしょうか?

1万円以上のワインはオークションが良いのはなぜか。

1万円以上のワインは、買取ではなくオークションに出すとかなりの確率で買取価格よりも高値で落札されます。

 

なぜなら、1万円以上の値がつくワインはワイン専門店でもお取り寄せだったり、貴重品だったりする率がぐっと上がるからです。

個人でオークションに出品する手順とリスク

大まかな手順

オークションに登録する(多くの場合登録料あり)

出品したいワインを決める

写真を撮る

写真や、ワインのデータなどをオークション出品時に記載する。

オークション開始

落札希望者からのメールに答えたりする

落札完了

落札者と細かいやり取りをして、入金を待つ

入金を確認したら、ワインを梱包し、発送する

落札者からの受け取り報告を聞き、完了

落札手数料はオークション月額料金と共に決済される。

リスク

  • 本物かどうかの確認・輸入元などの確認などは自分で行い、正しく記載する必要がある。
  • 価格の設定は自分で行う。
  • 落札予定者とのやり取り(質問に答える等)
  • 発送の際の梱包
  • トラブルがあった際は自分自身で対処する
  • 出品に際して自分の情報を開示しなければならない。

神戸オークションならすべてお任せでいい。

coffee-984516_1920

出典元:Pixabay

もしも、ここでオークション代行の神戸オークションを利用した場合はどうなるか書いていきます。

大まかな流れ

落札相場まるわかりで出品したいワインの値段をある程度調べる。

1万円以上の値がついているワインだったので出品を決める

専用フォームで申し込む(今ならお試しキャンペーン中)

3本以上ならワイン用の専用箱が送られてくる。
(1,2本の場合は自分で箱を用意する。ワイン専用箱もある⇒参考:ヤマト運輸 分類別ダンボール

箱に詰めて送る(参考⇒ヤマト運輸 梱包方法

(落札されるまですることはない)

落札されたという連絡が来る

入金確認して終了。

リスク

  • 何度か値下げして売れ残った場合のみ最終的には10円での買取になる。
  • 代行手数料がかかる。

神戸オークションの場合、代行手数料を差し引いた受取額は落札価格により変わります。

 

落札価格が低いほど、代行手数料の比率が高くなりますので、高く売れるワインだけお願いするのが得策です。

まとめ

家で持て余していた高級ワイン。
オークションで、欲しい人の手に渡るというのはワクワクすることだと思います。

 

他にもある疑問点は、こちらの記事もご覧ください。

 

どんな高級ワインがあるのか詳しくはこちら⇒ワイン買取の秘訣はブランドにあり!売れるワインを知ろう!

 

また、神戸オークションへお願いする場合に参考になるワインに関するQ&Aはコチラ⇒ワインの買取をお願いしたい!オークション出品に関する15のQ&A

 

神戸オークションへ出品を決めたらここからどうぞ⇒出品キャンペーン中の神戸オークション


この記事を書いた人
書いた人:AKKO
ワインはパーティでほんの少し嗜む程度です。
ですが、本場フランスでいただいたワインの味は別格でした。
いつかシャトー巡りをしたいと思っています。