出典:写真AC

 

高級ワインの代名詞と言えばロマネ・コンティですが、このワインがどこで造られているかご存知ですか?

ロマネ・コンティとはDRC(ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ)社だけが所有しているフランスのブルゴーニュ地方コート・ド・ニュイ地区ヴォーヌ・ロマネ村にあるモノポール(単一畑)の名前なんです。ここで栽培されたブドウを原料としたワインがロマネ・コンティの名前を名乗ることができるのです。

年間に6000本程度しか販売されないことや製造に想像を絶するほどの手が込んでいること、神様に愛された土壌であること、多くのワイン愛好家が買い求めプレミアがつくために750mlのボトル1本のお値段は何と100万円を超えています。

ロマネ・コンティが製造される村であるヴォーヌ・ロマネでは、この他にもラ・ターシュやリシュブールなどの特級畑が存在しており、素晴らしいワインを生み出しています。もちろん、ロマネ・コンティに次ぐほど高額なお値段がつけられているものもあります。

今回はそんなブルゴーニュの高級ワインの生産地をご紹介したいと思います。

キリリとした白ワインの銘醸地・シャブリ

出典:pixabay

「牡蠣にシャブリ」という言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

ブルゴーニュの一番北に位置するのは、そんな海産物とぴったりマッチする白ワインを造るシャブリ地区があります。

しかし実は牡蠣に合うのはシャブリの中でも、樽熟成させていない、いわゆる“安シャブリ”です。

シャブリには上からシャブリ・グラン・クリュ、シャブリ・プルミエ・クリュ、シャブリ、プティ・シャブリという格付けがされていて、この中でもシャブリ・プルミエ・クリュ以上のものは逆に海産物の生臭さを際立たせてしまいます。

そんな安シャブリはお手頃価格で手に入れることができますが、高級ワインと言えばやはりシャブリ・グラン・クリュの面々です。さっぱりとしたお手軽なシャブリに比べ、シャブリ・グラン・クリュは同じシャルドネを使いながらも上品な爽やかさを秘めています。

以下の認められた7つの畑と非公式の1つの畑がシャブリ・グラン・クリュを名乗ることが許されているので、この名前のワインをぜひ探してみてくださいね。

・ブーグロ

・レ・プルーズ

・ムートンヌ(非公式)

・ヴォデジール

・グルヌイユ

・ヴァルミュール

・レ・クロ

・ブランショ

 

ロマネ・コンティのあるコート・ド・ニュイ

出典:pixabay

シャブリから南下したところにある高級赤ワインの生産地として有名なコート・ド・ニュイ地区は、ロマネ・コンティのあるヴォーヌ・ロマネ村を始めとして高級ワインの産地であるグラン・クリュ(特級畑)が多く点在しています。

グラン・クリュはジュヴレ・シャンベルタン村、モレ・サン・ドニ村、シャンボール・ミュジニー村、フラジェ・エシェゾー村、ヴォーヌ・ロマネ村にあり、人気の高いものは高額で取引されています。

ワインの造り手によっても値段は上下しますが、以下のグラン・クリュのワインは人気が高いようです。

・シャンベルタンの名前がつくもの(シャッベルタン、グリオット・シャンベルタンなど)(ジュヴレ・シャンベルタン村)

・クロ・サン・ドニ(モレ・サン・ドニ村)

・クロ・ド・タール(モレ・サン・ドニ村)

・ボンヌ・マール(モレ・サン・ドニ村、シャンボール・ミュジニー村)

・ミュジニー(白ワインもある)(シャンボール・ミュジニー村)

・エシェゾー(フラジェ・エシェゾー村)

・リシュブール(ヴォーヌ・ロマネ村)

・ロマネ・コンティ(ヴォーヌ・ロマネ村)

・ラ・ターシュ(ヴォーヌ・ロマネ村)

この土地の赤ワインはピノ・ノワールという繊細な黒ブドウを原料として造られています。上質なものは長期熟成を望むことができ、ビロードのような舌触りと滑らかな飲み心地はワイン好きを唸らせるほどなんですよ。

 

高級白ワインと言えばコート・ド・ボーヌ

出典:pixabay

生産量は赤ワインのほうが多いですが、コート・ド・ボーヌ地区ではシャブリと同じくシャルドネを原料とした高級白ワインが非常に有名です。北のシャブリ地区に比べて重厚感があり、ずっしりとした飲み心地はかのカール大帝が愛したほど。

・コルトン(白ワインはアロース・コルトン村、ラドワ・セリニー村)

・コルトン・シャルルマーニュ(アロース・コルトン村、ラドワ・セリニー村、ペルナン・ヴェルジュレス村)

・シャルルマーニュ(ペルナン・ヴェルジュレス村、アロース・コルトン村)

・シャルム(これのみ1級畑、ムルソー村)

・モンラッシェの名がつくワイン(ピュリニー・モンラッシェ村、シャサーニュ・モンラッシェ村)

グラン・クリュに限らず人気の1級畑のワインは高値がつくことがあり、中でもバターの香りと表されるほど重厚なワインを生み出すムルソー村は近年非常に注目されています。

 

 

高級ワインを生み出す造り手は

出典:pixabay

素晴らしいワインを生み出すグラン・クリュやプルミエ・クリュのワインは、1本1本丁寧に造られ醸造家たちの情熱が詰まっています。それゆえに高額で取引きされるものも多いですが、そんなワインを生み出す醸造家たちの中でもブルゴーニュの神様と呼ばれ2006年に逝去したアンリ・ジャイエ氏のリシュブールはロマネ・コンティを凌ぐ価格で取引されています。

他にもシャンボール・ミュジニー村のトップに立つコント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエ氏やかつてDRCの共同経営者であった女性醸造家のマダム・ラルー・ビーズ・ルロワ氏などの人気の造り手たちのワインは、一度は飲んでみたいものですよね。

 

まとめ

もし手元に今回ご紹介したような高級ワインがあったら、あなたならどうしますか?

ワインがお好きな人は飲み頃を見極めて開栓し、静かに味わいながらその偉大さを感じることでしょう。そんな、ワインの感動を大事な人と味わっても素敵な時間を過ごすことができるのではないでしょうか。

しかし、せっかく頂いたり自宅で眠っている高級ワインを見つけたとしても、アルコールが苦手であったり飲めない体質だったら……もったいないの一言に尽きますよね。もちろん記念としてそのまま保管しておいてもいいかもしれませんが、やっぱりワインは飲まれるためのもの

どうせなら、ワイン愛好家の方にお譲りしてみてはいかがでしょうか?

とは言え、周辺のご友人にワイン愛好家が必ずしもいるとは限りませんよね。そういう場合は価格に見合った買取りをしてくれる業者に依頼するか、もしくはヤフオクなどのオークションに出品すると適正な価格で落札してもらうことができますよ。

自分で出品するのが手間だという人はオークションへの出品を代行してくれる業者に頼んでみると、不安なやり取りなどをすべて引き受けてくれるため安心度が高いという声が多いようです。

ワインを飲まないのに手元に高級ワインがある! という人は、私のようにオークションをよく利用するワイン愛好家が待ち望んでいるので、ぜひ出品を考えてみてくださいね。

 

 


この記事を書いた人
Webライター:葡萄実

ワイン好きが高じてワインエキスパートの勉強をしながら、美味しいワインを探し求めるライター。
オークションでワインを落札するのが趣味。好きなブドウ品種はゲヴェルツトラミネール。