飲まないウィスキーがたくさんあるけど、どこに売りに行けばよいのか分からない・・・

祖母や父が大事にしていたウィスキーだからできれば相場よりも高く売りたい。

そんなお悩みとご希望にズバリお答えします。

この記事では、

  • ウィスキーはどこに売ればよいの?
  • ウィスキーの買い取り相場を調べる方法

などをご紹介します。

ウィスキーはどこに売ればよいの?

ウィスキー売りたい

画像元:イラストAC

ウィスキーはお酒の買い取り業者に売るのが一般的なやり方です。
しかし、実はウィスキーには3つの売り方(買取り方法)があります。

→ウィスキーの買い取り方法3つ。高く売れるのはどれ?

どうせ売るなら、一番高く買い取ってもらうところで売りたいですよね。

どんな状態のウィスキーなら売れるの?

ウィスキーならば何でも売れるというわけではありません。
ウィスキーを売るのは一定の条件があります。

その条件を満たさないと、一円にもならないかも知れませんのでご注意くださいね。

ウィスキー買取

画像元:ヤフオク

買い取ってもらえる条件は、こちらの記事をご参照ください。⇒古い未開封のウィスキーは飲める?

ウィスキーに賞味期限はあるの?

結論から言うと、ウィスキーには賞味期限はありません。

ウィスキーは蒸留したアルコール度数の高いお酒です。保存状態が良く未開封であれば、200年前のウィスキーでも飲めます。

ただ、瓶の中の液面が落ちていたり、色が黒っぽくなっているものはウィスキーが劣化していますので飲んでも美味しくありません。

保存状態が良ければ、栓を開封済みのものでも、腐るようなことはありません。味は劣化しているかもしれませんが、安いお酒より格段に美味しく飲めます。

ウィスキーはバラで売るのがよい?まとめて売るのがよい?

買い取り業者にウィスキーを売るならばまとめて売ると喜んでもらえます。
オークションに出品するならば、バラで一本、一本別々にした方が良いです。ウィスキーは銘柄によってファンやコレクターが変わりますし、価格も全く違ってきます。

一本、一本出品するのが面倒だったらオークション代行業者にお任せしましょう。

ウィスキーの買い取り相場を調べる方法

ウィスキーの買い取り相場を簡単に調べる方法があります。

調べる方法は2ステップ。

まず、お手元のウィスキーの銘柄を調べます。

銘柄を調べる方法はこちらの記事にあります。⇒ウィスキーの買取方法3つ

その次に、オークションサイトに銘柄名を入れて検索してみます。

ウィスキー買取

画像元:ヤフオク

オークションサイトはヤフオクが便利です。

ヤフオクはこちら

お手元のウィスキーと同じ銘柄のものが出品されていれば、だいたいそれくらいの価格くらいの価値はあるということです。

ウィスキーはボトルも人気!

ウィスキーを売りたい

画像元:フリー写真素材【写真AC】

開封済みのウィスキーだったり、劣化してしまったものでもウィスキーは価値があります。

ウィスキーは中身だけでなくボトルも人気があります。

昔の風変わりなボトルが復刻版として発売されてすぐに完売されたり、時代とともに変わるので昔のボトルがレアモノになり人気が殺到したり。

有田焼の風情あるボトルやプレミアムボトルはオークションでの人気も高いようです。

また、ウィスキーのボトルはインテリアにもなるので、ボトルだけの取引もされていて実際に数万円で売れるものもあるのです。

ウィスキーを相場よりも高く売るのは、オークション代行業者がおすすめ

ウィスキーを売るのにおすすめなのが、オークションの代行業者です。

代行業者にまとめて送れば、オークションの出品から落札者への発送まで全てやってもらえます。
手数料は落札価格の2パーセント~だけ引かれて入金されますので、お金を支払う必要がありません。

オークションでのハラハラ感を味わいながら、どんどんつり上がる価格にドキドキ。ウィスキーが飲めない人だからこそ楽しめるワンシーンですね。

ウィスキーはロマンです。

ロマンを味わう人に、お手元のウィスキーを買い取り相場よりも高く売って喜んでもらうのもステキですよね♪


この記事を書いた人
●プロフィール名

はなび

●プロフィール

食品の輸入の会社に勤務していたころ、世界中のウィスキーを試しました。ウィスキーの懐の大きさと繊細さにすっかり魅了され、時々嗜んでいます。