インターネットが普及し自宅にいながら様々な情報を手に入れられるようになり便利にはなりましたが、その反面情報過多となり間違った情報も多く見受けられるようになりました。

高価買取という文字や参考価格で判断するのではなく、そもそもどのように買取の金額が決まるのか基本的な知識を学ぶことでより賢く売ることが可能になります。

今回は基礎知識と賢く売買する方法を紹介したいと思います。

相場×重さ=買取金額?

貴金属の価値は相場×重さで計算されます。

金の相場が4,000円の時、10gのネックレスの価値は40,000円になります。

じゃあ40,000円で買い取ってもらえるのかというと実際はそうではありません。

なぜなら買取を行うお店も利益を出す必要があるからです。
(他にも金種による金額の差や目減りなど色々ありますがこれはまた別の機会に)

お店側が利益を出す手段は2つ。

1つ目は相場より安く買うこと。

2つ目は買い取った金額より高く売ること。

 

相場より安く買う

相場より安く買うというのは、例えば金の相場が4,000円/グラムだった場合に3,500円/グラムで買取を行うようなことです。

デザインが古いもので店頭に置いても売れる可能性が低い、あるいは壊れているなどの場合は溶かすしかありません。

この場合、他の買取業者に売りさばくため相場よりも安く買い取る必要があります。

 

買い取った金額より高く売れる

2つ目は今でも通用するデザインのものやブランド物の場合は、相場以上の金額でも売れるからです。

基本的にお店側はこの2つの方法で利益を出しています。

なので自分が持っている貴金属はどちらの方法で値段が決まるのかを知る必要があります。

 

安く買取される可能性があるもの


出典:作者による撮影

古いデザインとは、指輪でいえばかまぼこ、ネックレスでは喜平などがこれに当たります。

単純に相場×重さで値段が決まるため、相場よりも低い金額で買取るしかありません。

なぜこんなに安い金額になるのか聞いてみると「デザインが古いため〜」「溶かして再利用するのでその工賃などを差し引いているから〜」というようにごまかされる可能性があります。

結婚指輪などイニシャルが入っているものも相場以下になる可能性が高いです。

「このイニシャルの人にしか売れない」とか言われるでしょう。
 

 

高く買取される可能性があるもの


出典:作者による撮影

 

今でも通用するデザインというのは難しいのですが、お金持ちの方に好かれるようなデザインは高く買取される可能性があります。

日本人はわびさびという言葉があるように静かな色やデザインを好む傾向があります。

金とプラチナならどちらかといえばプラチナ。

ダイヤがたくさん散りばめられたものよりも、1つアクセントでダイヤが乗ったデザインのものだったりです。

逆に海外は派手なデザインや色を好む傾向があります。

プラチナよりも金、宝石も大きなものをあしらい形にもこだわります。

なので日本で売れなくても海外のオークションに出すと高く売れそうなものは相場以上の値段がつく場合もあるんです。

 

あとはブランドの貴金属も相場より高く売れることがあります。

例えばカルティエブルガリなどです。

ただ物によっては相場通りの値段になることもあります。

カルティエのトリニティはほぼ相場通りになることが多いです。

ブルガリのビー・ゼロワンは相場以上になることが多いです。

 

つまり貴金属の相場×グラムよりブランドの相場の方が高い金額がつくこともある、ということです。

しかし残念ながらブランドである4℃ティファニーのSv925はあまり期待はできません。

 

では、古いデザインのものや壊れた貴金属は安く売るしかないのでしょうか?

また、ブランド品を店舗で売るよりももっと高く売る方法はないのでしょうか?

答えはあります。

 

 

賢い売り方とは

 

一番いいのは自分の足で店舗を回って見積もりを取ることです。

ネットや広告に書かれている数字は充てになりません。

客引きの為に書いている可能性があるからです。

ただそうは言っても何店舗も回るには時間がかかります。

そんなときにおすすめなネットのサービスがあります。

 

リングオフ

 
はテレビやニュースサイトなどメディアで紹介されたことがあり実績のある企業です。

査定の方法は、提携業者5社に査定してもらい一番高い見積もり金額をお客様へお伝えするようになっています。

査定を依頼する場合は、リングオフのホームページで無料査定のお申し込みはこちらというバナーをクリックするか

あるいはホームページに記載された番号に連絡をします。

後日クロネコヤマトが宅配キットを持ってきますので、そこに梱包して送るだけです。

無料で集荷に来てくれるのは助かりますが、玄関先でヤマトが待つ形になりますので、前もって封筒やプチプチに包んで準備しておくのがいいかと思われます。

見積もりはメールか電話で連絡がくるようになっています。

ちなみに売却すると図書カードがもらえます。

希望の金額に届かない場合もありますが、たとえキャンセルしてもキャンセル料はかかりません。

費用はかからないので一度リングオフで見積もりを出してもらってはいかがでしょうか。

まとめ

金価格は日々変動しています。

今後上がる可能性もあれば下がる可能性もあります。

貴金属は思い立ったときに売るのが一番です。

何かお役に立てたらな幸いです。

機会があればまた書かせていただこうと思います。

ありがとうございました。


この記事を書いた人
ニックネーム:eco
買取店で責任者を務めていたことがあります。
競合店などの調査や業務の中で学んだ知識を公開し、皆様のお役に立てたらと思いこうして記事を書かせていただいてます。
貴金属の他にブランド品や宝石類の豆知識もありますのでまた記事にできることを楽しみにしています。