赤ワインは常温! 白ワインは冷蔵庫でキンキンに冷やしたものを飲む!!

 

ってよく言われていますが、これは大きな間違いってご存知でしたか?

 

出典:pixabay

■「赤ワインは常温で飲む」「暗いところなら常温保存しても大丈夫」は大嘘

 

なんです。

 

赤ワインは常温で保管が大丈夫なのは、フランスやドイツなど寒い国の話です。

 

高温多湿の日本の夏場、常温で置いてある赤ワインなど飲めたもんじゃありません。それどころか、劣化してせっかくのワインは本来の美味しさを失ってしまいます。

 

では、なぜそんな間違った知識が広まってしまったのでしょう。

 

実はまだ、ワインが日本国内に流通しはじめた頃、どうやって飲んでいいのかわからない人が多くいました。

 

わからないのは買う側だけでなく、インポーターや酒を売るお店の販売員も同じだったようです。

 

軽い赤ワインなら冷やしても美味しい。けれども、重い赤ワインは冷やしたら美味しくない……。

 

ワインセラーのある家など、ほとんどない時代です。

 

さて、どうしたものか……と考えたときに「向こうでは赤ワインは冷やさない」と聞きつけた人が、それをそのまま日本国内に流布させたとしてもおかしくありませんよね。

 

おそらくそういう理由から、いつの間にか「赤ワインは常温で!」と通ぶってまことしやかに口にする人が増えてしまったのでした。たしかにワインの飲み方は何だか難しそうですし、それを知っていたら格好良く見えちゃうことも。

 

社会的地位が高い人が間違った知識を得て、「おい! 知ってるか」としたり顔で目下の人にツラツラと語ってしまっていてもおかしくはありません。

 

しかしながらインターネットの普及するにつれ、正しい情報を簡単に得ることができるようになり、それが大きな間違いだったということが多くの人に知れ渡るようになったというわけです。

 

■高級白ワインは冷やしすぎると駄目!

出典:pixabay

 

そして、白ワインは冷蔵庫(3℃~8℃)で冷やした後、甘口のものや軽いものならそのまま飲んでも美味しいですが、プレステージのシャンパンや香り高い高級なものだと苦味や酸味が強く感じられて、あまり美味しくない……と感じられてしまうかもしれません。

 

白ワインは、軽めが8℃から10℃、重めの場合は11℃から14℃。

 

赤ワインは軽めが14℃から16℃。重めの場合は17℃から20℃で飲むのが美味しい温度だと言われています。

 

そして、基本的には甘いほど低温で飲み、辛口ほど高温で飲む傾向があります。

 

これは決まりごとというよりも、飲んでみたら一口目で美味しいと感じるか不味いと感じるか明確にわかるので、ぜひ一度自分で温度を計りつつ飲んでチェックしてみてくださいね。

 

■ワインを美味しく飲む方法保存版!!

出典:pixabay

 



・白ワイン

軽→冷蔵庫を高めの温度に設定しておいて保管し、そのまま取り出して飲めます。

重(高級なもの)→冷蔵庫から出し、30分室内に置いておいてから飲みます。30分置いた後は、アイスクーラーに氷だけを入れて、その上に布巾を乗せてワインを置き温度を保つと良いですよ。



・赤ワイン

軽→冬場ならキッチンなど寒いところで保管します。夏場はしっかりと新聞紙で何重にも包み冷蔵庫の野菜庫に保管しておきます。飲む場合は冷蔵庫から取り出し、1時間室温に置いてから温度を上げ飲むようにしてください。

→保管方法は軽いものと同じで、冷蔵庫から取り出して1時間半から2時間ほど室温に置いてから飲むようにしてください。また、タンニンが多いものについてはコルクを抜いておくと、ほど良く参加してまろやかに飲むことができます。



 

■まとめ

 

ワインやお酒を美味しく飲むには、ちゃんと高すぎない温度で保管することが大事です。

 

特にワインに関しては高温で保管すると、熱劣化という状態になり、いや~な甘味と軽く焦げたような何とも言えない風味が発生してしまう原因になります。

 

自分でワインを楽しみたい人はもちろんですが、大事なワインのコレクションを売りに出したいと思っている人もいますよね。

 

そういう場合も、例えばオークション代行出品業者などでは保管状態を出品ページに明記してくれるところもあるそうです。

 

つまり、ちゃんと保管しておいたお酒は、そうでないお酒とは差別化され高く売れる可能性があるというわけです。

 

お酒をしっかりと保管しつつ、美味しく飲む。

 

そして、売りたくなったときは高く売る。

 

それがお酒飲みとして正しい姿かもしれませんね。

 


この記事を書いた人

Webライター:葡萄実

ワイン好きが高じてワインエキスパートの勉強をしながら、美味しいワインを探し求めるライター。
オークションでワインを落札するのが趣味。好きなブドウ品種はゲヴェルツトラミネール。