出典:写真 AC

 

家族は、お互いがいろいろ協力し合って、支えながら生活しています。

家族は、幸福につながる原点でもあります。

離婚を考えると、いろいろなことを反省するかもしれません。

かなり裕福な家庭にも離婚の問題が内在していることがあります。

今回は、DV(ドメスティックバイオレンス)や借金苦で苦しんでいる母子家庭(シングルマザー)の方へ情報提供したいと思います。

 

住民票の閲覧制限について

夫のDVが原因で妻が家出をし、妻が住民票を異動した場合は、妻はDV加害者の夫に対して、住民票の閲覧制限をかけることが出来ます。

DV加害者の夫が、簡単に住民票を閲覧できないよう制限をかけられます。

そうすれば、妻の住所を夫は追うことが出来ません。

まずは警察等に相談に行き、市役所等の住民課で住民票の閲覧制限手続きをすれば簡単に出来ます。

市役所等に自分の住民票をどうしたらいいか相談してから決めでも大丈夫です。

住民票の閲覧制限は更新手続きが必要で期間は一年間です。

命の危険がある場合には閲覧制限を何年もかけておく方が無難です。

 

DV等で住民登録を異動しない場合

DV等で家出をした場合は、住民票を異動していない場合が多くあります。

DV等で住民登録を異動出来ない特別な事情がある場合は、例外的な扱いがされます。

DV等の特別な事情があり、住民票以外のところに住んでいる場合でも、住んでいる最寄りの市役所等で児童手当や児童扶養手当、生活保護の申請等、受けることが出来ますので当面は困ることはありません。

アドバイスとしては、住民票は異動出来る状態になってからうつせばよいと思います。

不明な点は、市役所等で相談しましょう。

どこも親切に対応してくれます。

そして、経済的に苦しいようでしたら生活保護の窓口を紹介してくれますし、住む場所がなければシェルター等の一時保護施設も紹介してくれます。

DVの相談機関に相談した後、一時保護してもらい、生活保護を受けながら仕事を探し、自立していく母子家庭の方も数多くいます。

ただ、DV等で離婚の場合は、DV加害者の夫に引っ越し場所を知られないように、実家から離れた場所や遠くの市町村に引っ越しを勧められる場合があります。

 

法テラスの民事法律扶助制度について

借金で経済的に困窮している場合は、法テラスの民事法律扶助制度を使い、破産手続きが出来ます。

そして、生活保護を受給すれば、安心して就職活動が出来ますので安定した生活が出来ます。

事業に失敗して多額の借金を負い、債務整理や自己破産する場合も生活保護を受給している場合等は、「裁判所に支払う予納金」も法テラスが肩代わりしてくれる場合がありますので、借金で苦しんでいる方は、生活保護の相談窓口や法テラスに相談に行きましょう。

 

住所不定でも生活保護の申請可能です

住所不定の場合でも、生活保護の申請意思を伝えればどこの福祉事務所でも申請を受け付けてくれます。

友達の家に間借りさせてもらっている場合でも生活保護の申請は基本的に可能です。

家出をして、一時的に友達の家に避難させてもらっていて早急に住居を構える必要がある場合は、生活保護の窓口に相談に行きましょう。

転居費用等も生活保護から出る可能性があります。

 

金や指輪等の買い取りはリングオフの買取がお勧めです

ダイヤや金の買取、不要な指輪の高価買取は株式会社リングオフがお勧めです。

それは、他社よりも高価買取してくれるからです。

 

以下のお客さまの評価で安心出来ます。

①他社に査定してもらった金額よりかなり高かった。

②処分する事でスッキリし、新しい生活を送ることができます。

③スピーディかつ最高の査定額でとてもうれしいです。

④生活費の足しにできます。

⑤子供へのプレゼントを買うことができます。

☆母子家庭(シングルマザー)のお客さまは、買取額が10%UPです!

 

まとめ

株式会社リングオフは、シングルマザー等に優しい会社で安心感が高いです。金の買取や離婚後の不要な結婚指輪、婚約指輪の高価買取は株式会社リングオフがお勧めです。


この記事を書いた人
ライター名:元市役所君
現在はフリーランスとして、在宅ライターに没頭中です。