不要なダイヤの婚約指輪、いくらで売れる?

出典:写真AC

離婚をして、新しい人生に一歩を踏み出したあなた。いらなくなった結婚指輪や婚約指輪はどうしますか?

「捨てる」「どこかにしまう。そして忘れる」という人が多いのですが、最近では「売ってお金にする」という人も増えています。けれど、そこで気になるのは「いくらで売れるのか?」ということですね。

この記事では、ダイヤの婚約指輪の買取でがっかりしないために知っておきたいこと、高値で売るためのお店の選び方、そしておすすめの買取店について紹介します。

買取相場表は「気休め」にしかならない!?

ダイヤの価値を判断する基準として有名な「4C」。具体的には「カラット(重さ)」「カラー(色)」「クラリティ(透明度)」「カット(形のよさや磨きのていねいさ)」のことです。
この4Cをもとに、ダイヤの買取金額が簡単に分かる「相場表」を独自に用意している宝石買取店もあります。まずHPで相場表を見て、自分のダイヤがいくらぐらいで売れるか調べる、という人は多いでしょう。
ですが、相場表の金額はあくまで買取額の「平均値」でしかありません。「実際にお店に行ったら、相場の半分くらいにしかならなかった」というのも、珍しい話ではないのです。
では、ネットで見た買取相場表よりも安値になってしまうケースには、どんなものがあるでしょうか。

1.同じグレードでも品質によっては下がる

ダイヤは天然の鉱石ですから、全く同じものはひとつとしてありません。
例えば同じFランクのカラーでも、「Eに近いFランク」もあれば「Gに近いFランク」もあるのです。もちろんクラリティやカットについても同じ。
「鑑定書にはFランクとあるけれど、それにしては黄色味が強いな」と鑑定する人に思われたなら、買取金額はその分下がります。微妙な差ですが、それでも値段にすると数万円以上の差になることもあるのです。

2.鑑定書が古いものだと下がる

2006年に、GIA(米国宝石学会)のダイヤの鑑定基準が変わりました。それ以来買取店でも、カラーやクラリティの評価基準が厳しくなったといわれています。
2006年より前の鑑定書がついたダイヤの場合、買取に出した時に「鑑定書より1つ下のグレードです」と言われてしまうこともあります。その時は、残念ながら思っていたより下のグレードと見なされたわけですから、その分買取金額は下がります。

3.査定に自信がないと下がる

ダイヤの鑑定は難しく、少し勉強したくらいでできるようになるものではありません。
経験が浅く、あまり自信がない鑑定士が査定した場合などは、判断を間違った時に損をしてしまうリスクを避けるため、査定額を極端に安く抑えてくることもよくあります。

ダイヤの買取で損しないためには?


出典:写真AC

相場表よりも実際の査定額が下がってしまう例をいくつか挙げてみました。
1や2のように「ダイヤそのもの」に原因があるのなら、まだ納得しようもあるでしょう(しぶしぶですが)。けれど3のようにたまたま選んだ「お店」が原因で買取金額が下がってしまったら、悔しいですよね。
では、安く買い叩かれないようにするにはどうしたらよいのでしょうか。

コツ1 「相見積もり」をとる

たまたま最初に入ったお店で出てきた鑑定士さんが、自信ありそうに見えて実は経験が浅く「こわいから安くしておきたい」と思っていたとしたら……?そう考えれば、よく考えず1軒目で決めてしまうことがどんなに危険か、分かりますね。
面倒でも、早く片付けて忘れてしまいたくても、ここはぐっとこらえて。必ず複数のお店で査定してもらいましょう。その中でいちばん高値をつけたお店にお願いすればよいのです。
余裕があれば「どうしてその値段なのか」を聞いておくと、その後行ったお店で交渉に使えるかもしれません。

コツ2 「大手」より「小規模な専門業者」

全国に支店がある大手の買取業者は、何となく安心感があるもの。けれどそういうお店の中には、鑑定士の教育が追いつかず、人数が足りなくて未熟な人が鑑定に駆り出されているケースもあるのが現状です。
またいろいろなジャンルの品物を扱っている買取業者も要注意。そうしたお店では、鑑定する人が他の業務に追われて、ダイヤの買取の経験を十分に積めていないことが少なくありません。
それよりは、ダイヤ一筋で毎日ひたすらダイヤを鑑定しているお店の方が、自信をもって高額査定してくれる可能性が高いです。

婚約指輪・結婚指輪専門の「リングオフ」

ダイヤに特化して買い取りを行っている業者の中でも最近話題を集めているのが、「リングオフ」という会社です。

結婚・婚約指輪買取り専門店 株式会社リングオフ

「専門」だから自信を持って高値買取できる

リングオフは、離婚後の結婚・婚約指輪の買取専門店。だから、ダイヤの買取に対するスキルとノウハウの量が違います。
経験と知識を持った鑑定士が、ダイヤのグレードから「買い取った後どういう加工をすれば再販できるか」「どの再販ルートに乗せればいちばん利益を出せるか」ということまで的確に判断した上で、できる限り高値で買い取ります。
箱や鑑定書がなくても、また刻印や傷があっても、そのために買取金額が下がることはありません。

徹底したコストカットで高値買取を実現

また、リングオフは実店舗を一切持っていません。営業はインターネットだけで、鑑定も運営できる最低限の人数で行っています。経費を徹底的に削っているために、業界内でも最高水準の相場で買い取ることができるのです。

手続きは簡単、しかも全て無料

手続きはとても簡単。ホームページから申し込みをすると、クロネコヤマトの人が「宅配キット」を持ってくるので、それに指輪を入れてその場で配達員さんに渡すだけです。
もちろん、その「宅配キット」から送料、査定料、振込手数料、さらにはキャンセル料やキャンセルの際の返送料まですべて無料です。

今ならシングルマザーの方は10%アップ

リングオフは、自身も母子家庭で育ったという社長さんの「離婚で苦しむ人の助けになりたい!」という思いから生まれた会社。だから、シングルマザーの方はさらに買取10%アップ。しかもお子さんには図書券のプレゼントもあります。
指輪を高値で売って、お子さんには夢を育てられるようないい本を買ってあげましょう。

納得価格ですっきり買い取り!

離婚はつらいものです。別れた相手への不満や怒り、未練、悲しみなど、様々な感情が渦巻いて、整理できずにいる人も多いのではないでしょうか。
でも、過去にけりをつける決心をしたなら、婚約指輪は売却して新しい生活の資金にしましょう。リングオフがきっとあなたの助けになってくれます。


この記事を書いた人
ライター名:月見酒
1児の母。婚約指輪をなくして離婚されそうになった過去あり(その後ちゃんと出てきました)。