出典:イラストAC

 

日本では、いじめに悩んでいる方が多くいます。

小中学校のいじめと同じで、会社内でのいじめもたいへん深刻なものになります。

経営者側は、会社内のいじめについてあまり関与してくれません。

むしろ、いじめている側の立場に立つことが多くあります。

これは、構図としては、先生や学校、教育委員会がいじめの加害者側に味方することと似ている気がします。

いじめを容認する会社で働くのは、身体的にも精神的にもたいへんだと思います。

労働時間内にいじめを容認するような会社等は、遅かれ早かれ倒産や業績悪化は避けられません。

いじめを受けて、一人で悩むのはやめましょう。

 

職場いじめは公務員でもありますので心配しないで!

私は公務員と民間企業で働いた経験がありますが、あくまで私の個人的な印象ですが、出世競争や利益追求の激しい企業より、公務員のような競争原理があまり働かない職場の方が、職場いじめが多いのではないでしょうか。

出来そうもない仕事を押し付けられたり、失敗やミスをするように仕向ける陰険ないじめ等も存在します。

セクハラ等も含めて公務員の不祥事がよくニュースで流れます。

公務員に対して「マイナスのイメージ」があり、行政改革が行われています。

その結果、どこの部署も人出不足です。

人手不足で疲弊して、そのストレスから職場いじめ等が起こっているのであれば、本末転倒です。

新しい人事評価制度が導入されてきていますので、少しは変わってくるかもしれません。

 

いじめ問題は、いつからはじまるの?

子どものいじめによる自殺のニュースが絶えません。

どうして、こんなにいじめが、起こるのでしょうか?

いろいろな原因があると思いますが、中学でのいじめが激化するのは、高校受験等を控えた子ども達のストレスで起こっている可能性もあります。

私も中学生時代のいじめが一番つらかった記憶があります。

現在、日本は、少子高齢化の中にありながらも偏差値教育や受験戦争はなくなるどころか激化しています。

中学受験をする小学生が増えています。

その結果、悲惨ないじめが小学校でも起こってきているような気がします。

私が小学校の教育実習に行った時も、小学校の低学年でいじめ問題が実際ありました。

いじめの問題は、格差社会や偏差値教育、ゆとり教育の弊害等いろいろな原因があるようです。

職場いじめもその延長線上にあるように思えます。

 

母子家庭(シングルマザー)の方のいじめの対策について

厚生労働省の総合労働相談コーナーでは、職場のトラブルに関する相談等を行っています。

 

②母子家庭(シングルマザー)の方で、今まで高収入があり児童扶養手当の受給資格がなかった方が、退職し収入が少なくなれば、児童扶養手当が満額、受給出来る場合が出てきますので市区町村の相談窓口に行きましょう。

 

③預貯金が少なく、経済的にたいへんな状況になる可能性があれば、早めに生活保護の相談窓口に行きましょう。

 

④雇用保険に加入しているのであれば、退職後、雇用保険が利用出来るかどうかお近くのハローワークに相談しましょう。

 

⑤「ダイヤモンド」や「指輪」等の買取を考えましょう。株式会社リングオフは、他社よりも高価買取してくれるのでお勧めです。

☆母子家庭(シングルマザー)は、買取額が10%UPです!

 

まとめ

・母子家庭(シングルマザー)世帯は、現在めずらしくありません。母子家庭だからという理由で、子どもがいじめられる事はありませんので、お母さん自身がしっかりした気持ちを持って生きていきましょう。

・株式会社リングオフは、シングルマザー等に優しい会社で安心感が高いです。ダイヤモンドの買取や離婚後の不要な結婚指輪、婚約指輪の高価買取は株式会社リングオフがお勧めです。


この記事を書いた人
ライター名:元市役所君
職業は、元公務員で、現在は在宅ライターに没頭中です。