出典:写真AC

 

国民年金の納付率の現状

老後のことは、あまり真剣に考えられないものです。

国民年金の納付率が60~70%前後でかなり低いという報道等もあります。

しかし、3種類ある公的年金(国民年金、厚生年金、共済年金)の加入者全体を見ると、実は96%以上の方が未納ではないのです。

国民年金の納付率が60~70%前後といわれているのは、第1号被保険者の納付率になります。

サラリーマン等の会社員の方は、厚生年金が給与から天引きされていますので、国民年金を未納にしたくてもできません。

しかし、強制加入が、とてもお得な保険に加入出来ることになっているのです。

 

納付期間が25年から10年になります

これまでは、老齢年金を受け取るためには、保険料納付済期間(国民年金の保険料納付済期間や厚生年金保険、共済組合等の加入期間を含む)と国民年金の保険料免除期間などを合算した資格期間が原則として25年以上必要でした。
平成29年8月1日からは、資格期間が10年以上あれば老齢年金を受け取ることができるようになりました。

引用:日本年金機構

もちろん、10年しか納付していなければ受給金額は少なくなりますが、いままで国民年金をきちんと納付してなかった人にとってはかなり救済される制度になりました。

 

 国民年金は、お得で安全な保険

国民年金の保険料を満額納付しても老齢基礎年金だけでは普通、生活出来ません。

また、支給開始年齢も引き上げられる可能性もあり、国民年金の保険料を毎月支払うのは、ばからしいと思う方は多くいると思います。

しかし、国民年金の未納が続くと、障がい年金や遺族年金も受給出来なくなるのです。

国民年金は、老後の老齢基礎年金をもらうためだけに納めているのではないのです。

年金制度が破綻するかもしれないリスクはもちろんあるかもしれませんが、国民年金ほどお得で安全な保険はありません。

国民年金を未納にしておくのは、かなり危険な考え方だと思います。

 

 

出典:イラストAC

 

障がい者になれば障がい年金が頼りになります

がんや脳梗塞等で重い後遺症が残るリスクは誰でもあります。

また、うつ病等の精神疾患で、仕事や生活が著しく制限を受ける状態になる可能性もあります。

その時に、障がい年金が受給出来なければ、経済的に苦しくなります。

障がい年金を受給するためには、「保険料納付要件」を満たしていることが必要です。

保険料を納めることが難しい場合は、未納のままにしないで、「国民年金保険料免除・納付猶予制度」の手続きを行うことをおすすめします。

2年前にさかのぼって保険料の免除等も受けられます。

 

出典:イラストAC

 

高度障がい等になれば住宅ローンの支払いが免除?

住宅ローンを組む場合、ほとんどの銀行は、団体信用生命保険へ加入することをすすめられます。

団体信用生命保険は、死亡や高度障がい等で住宅ローンの支払いできなくなった時に、住宅ローンを支払ってくれる保険です。

該当するかどうかは、住宅ローンの銀行で相談出来ます。

団体信用生命保険に該当すれば、住宅ローンは団体信用生命保険で一括返済されます。

 

出典:写真AC

 

保険を考えたら株式会社Keen Linkersのサービスです

国民年金にきちんと加入しているだけで、かなりのリスクは回避出来ます。

そして、「健康保険の傷病手当金」や「高額療養費制度」等の公的なサービスもあります。

また、生活保護制度もあります。

だから、過度に民間保険に加入しすぎて、保険貧乏にならないように注意しましょう。

生命保険に加入されている方の90%以上が損をしています。

生命保険等の商品は複雑です。

そこで、「保険の内容が気になる方」や「ポートフォリオの組み立てに悩んでいる方」、「資産形成を検討されている方」は、株式会社Keen Linkersのサービスを、考えてみてはいかがでしょうか?

株式会社Keen Linkersのサービスは、目線を人に合わせ、保険のサポートはもちろんのこと、その先の人生も視野にいれてサービスが展開されます。

 

株式会社Keen Linkersを利用するメリット

相談無料

現在、加入している生命保険の説明や最適な保険の入り方などを、無料でアドバイスしてくれます。

生命保険の営業でない安心感

生命保険会社でも代理店でもないので、気軽に相談出来ます。

ポートフォリオサポート

保険のみならず、その他金融商品なども織り交ぜて、今後の人生設計について情報提供してくれます。

 

まとめ

・生命保険会社は、自社の保険商品の販売を目的としています。また営業マン(営業レディ)は、自分の利益のために保険商品を販売しています。だから、契約が成立して一番儲かるのは保険会社や営業マン(営業レディ)です。

株式会社Keen Linkersは、生命保険会社や代理店ではありませんので、相談する際に料金は発生しません。気軽に相談出来るのが魅力的です。

株式会社Keen Linkersのサービスは、資産の効率的な運用ができるお手伝いもしてくれます。


この記事を書いた人
ライター名:元市役所君
元公務員です。現在は、フリーランスとして自営業を営んでいます。