出典:イラストAC

 

生命保険の相談を考えたら、貯蓄性を求めるのか、掛け捨てなのか等、いろいろな相談があると思います。

現在、収入がたくさんある方でも、重複して加入している保険があれば、その分節約したいと思うでしょう。

単なる不安だけで高額な保険に入っていることが多くあります。

先行き不透明な世の中ですが、不安に駆られて、やみくもに保険加入を増やすことだけはやめましょう。

今回は、高額にかかった医療費の自己負担を少しでも安くなるように、情報提供したいと思います。

 

高額療養費制度について

 

高額療養費制度について

医療費の家計負担が重くならないよう、医療機関や薬局の窓口で支払う医療費が1か月(歴月:1日から末日まで)で上限額を超えた場合、その超えた額を支給する「高額療養費制度」(こうがくりょうようひせいど)があります。

上限額は、年齢を所得に応じて定められています。
また、いくつかの条件を満たすことにより、負担を更に軽減するしくみも設けられています。

引用:厚生労働省

 

高額療養費制度を簡単に説明すると

高額療養費制度は、健康保険や国民健康保険、後期高齢者医療制度に関係なく利用できます。

公的なセーフティネットの一つです。

高額療養費の制度について知らない方が多くいます。

高額療養費制度を知らず、払い戻しの手続き等をしていない方もいます。

健康保険等に加入している会社員の方は、勤務先の担当者に相談すれば教えてもらえます。

また、平成29年8月から、70歳以上の方の高額療養費の上限額を見直しされました。

所得による違いはありますが、70歳以上の方は基本的に高額療養費の自己負担が増えますので注意しましょう。

 

差額ベッド代について

差額ベッド代は、高額療養費制度の対象外です。

病院側の都合や治療上の必要があって個室に入院した場合などは、基本的に差額ベッド代を支払う必要はありません。

差額ベッド代等について、不明な点があれば、病院の担当の方に相談しましょう。

 

出典:写真AC

 

「限度額適用認定証」で高額療養費制度を利用しましょう

高額療養費制度による医療費の払い戻し手続きはたいへんです。

そこで「限度額適用認定証」を病院で提示すると、医療費が、高額療養費の自己負担限度額までになります。

70歳以上の方で、市町村民税が非課税などによる低所得者以外の方は、「限度額適用認定証」の手続きは特に不要です。

国民健康保険に加入している方は、市区町村の国民健康保険の窓口で申請出来ます。

月末までに「限度額適用認定証」を取得すれば、その月の医療費から自己負担限度額の範囲にできます。

 

毎月の保険料で生活が圧迫していませんか?

高額療養費制度があるので、民間の保険加入がさらに必要かどうかは、それぞれの家庭の状況を考えないと結論は出ません。

預貯金がある程度あれば必要性は低くなります。

貯蓄が少ない方は、民間保険で備えておく必要があると助言される方もいますが、毎月の保険料負担もたいへんです。

毎月の保険料分を貯蓄にまわす選択もあるかもしれません。

すべてのリスクを回避することを考えていたら、家計が破たんしてしまうかもしれません。

 

生命保険等の商品は複雑です

保険商品の選択方法がわからず、保険会社の勧めるままに加入して保険貧乏になっていませんか?

生命保険会社も商売ですから、新しいプランの保険で、保険加入者を増やさないことには、破たんしてしまいます。

 

「健康保険の傷病手当金」や「高額療養費制度」等の公的制度で、ある程度のリスクは回避できますし、最後のセーフティーネット、生活保護もあります。

過度に不安になることもありません。

 

保険料の負担等を考えたら株式会社Keen Linkersのサービスです

生命保険に加入されている方の90%以上が損をしています。

現在、加入している補償内容の整理をして、毎月の保険料の見直しを考えて見ることをお勧めします。

そこで、「保険の内容が気になる方」や「ポートフォリオの組み立てに悩んでいる方」、「資産形成を検討されている方」は、株式会社Keen Linkersのサービスを、考えてみてはいかがでしょうか?

株式会社Keen Linkersのサービスは、目線を人に合わせ、保険のサポートはもちろんのこと、その先の人生も視野にいれてサービスが展開されます。

 

株式会社Keen Linkersを利用するメリット

相談無料

現在、加入している生命保険の説明や最適な保険の入り方などを、無料でアドバイスしてくれます。

生命保険の営業でない安心感

生命保険会社でも代理店でもないので、気軽に相談出来ます。

ポートフォリオサポート

保険のみならず、その他金融商品なども織り交ぜて、今後の人生設計について情報提供してくれます。

 

まとめ

・どの生命保険会社も自社の保険商品の販売を目的とし、またそれぞれの営業マン(営業レディ)は、自分の利益のために保険商品を販売しています。だから、契約が成立して一番儲かるのは保険会社や営業マン(営業レディ)になるようにキャッシュフローが設計されています。

株式会社Keen Linkersは、生命保険会社や代理店ではありませんので、相談する際に料金は発生しません。気軽に相談出来るのが魅力的です。

株式会社Keen Linkersのサービスは、資産の効率的な運用ができるお手伝いもしてくれます。


この記事を書いた人
ライター名:元市役所君
元公務員です。現在は、フリーランスとして自営業を営んでいます。