転職活動をするうえで問題になりやすいのが、お金の事と、今現在勤めている職場への影響です。
活動を始めてから困ったことにならないよう、事前にしっかりと対策を立てておきましょう。

お金のこと

転職活動中の生活費


出典:ぱくたそ

転職活動が本格化してくると、働きながら活動することが難しくなってくる場合があります。
転職先が決まる前に今の職場をやめなければいけないこともあるでしょう。
そんなときに重要なのがお金のことです。

まずは、大体どのくらいの金額があれば大丈夫かの目安を知っておくようにしましょう。

退職してから転職先が決まるまでに払わなくてはいけないのが、国民保健と健康保険、住民税です。
この金額はそれぞれの地域やそれまでの収入によって変わります。
給料明細に記載されているので、あらかじめどのくらいかかるかを確認しておきましょう。
在職中は天引きされているものなのであまり具体的にどのくらいか意識していない人も多いと思いますので、注意してください。

それに加えて必要なのが転職先が決まるまでの生活費です。
転職するまでは節約するからと考えてしまいがちですが、面接に行く際の交通費、人と会う際の服装など、どうしてもお金がかかってしまう事もあるでしょう。
活動が忙しくなり、疲れて帰ってきた時に節約の為に自炊ができるのかどうかも想像してみましょう。
お金を節約することに意識が向きすぎて、転職活動を行うために必要なことまで削ってしまっては本末転倒です。
よっぽど贅沢していないならば、今の生活と同じくらいか、少し余裕のあるくらいの生活費を考えておくと良いでしょう。

また、ほとんどの会社であれば入っている雇用保険ですが、これには落とし穴があります。
退職したらすぐにもらえるかと思いきや、実際は自己都合で辞めた場合は給付されるのは届け出てから3ヶ月後になります。
それまでの間は給付されないので注意しましょう。

これらを自分なりに算出してみて、手持ちの貯金と退職金では不安があるようなら、転職先が決まるまでは今の職場はやめない方がいいでしょう。
問題なさそうであれば、早めに退職して転職活動に専念するのもアリだと思います。

お金の計算は自分ではよくわからないという人は、プロに相談してみるのもおすすめです。
キャリアコンサルティングのKeen Linkersでは、転職時期も含めて、今後の人生設計のサポートをおこなっています。
まずは無料相談で、転職に関するアドバイスを聞くだけでも参考になると思います。

転職に必要なお金


出典:ぱくたそ

何か新しいことに挑戦するときは、何かしらの軍資金が必要になります。
資格取得の為の勉強もそうですし、自分で何か事業を始めるのであればそのための費用も必要です。
どんなにやりたいことがあっても、膨大な借金をして、身を削ってまでというのは、かなりのリスクを伴います。
家族など、周りの人にも影響を与えかねないことなので、自分1人で決めるのではなく、周りとしっかりと相談し、協力を得られる事がわかった時点で先に進んだほうが良いでしょう。

やりたいことのためにがむしゃらに頑張るのは素晴らしいことですが、見切り発車ではなく、現実的にある程度見通しが立ってから、次のステップに進むと後悔のない転職活動が行なえます。

職場への対策

転職をするということは以前の職場を辞めるということです。
辞めるにあたって周りに迷惑がかからないようにあらかじめ準備をしておきましょう。

辞職を伝える時期


出典:写真AC

なによりも、急に職場を辞めることは、前の職場に迷惑になります。
必ず前もって辞職の相談をしていきましょう。
辞めるのなら最低1か月前、できれば3か月前から上司に伝えておくのが望ましいです。

引継はしっかり


出典:写真AC

転職をする前に、欠かせないのが引き継ぎ書です。
あなたの仕事が誰にでもできる仕事なら必要ないかも知れませんが、ほとんどの場合は次に仕事を引き継ぐ人のために引き継ぎ書が必要となります。
誰が見てもあなたの仕事を引き継げるように、今までしていた仕事の手順を書類にまとめた引継ぎ書を作成しておきましょう。

まとめ

転職活動は、転職先さえ決まればよいというものではありません。
今までの関係や、自分や家族の生活に支障がないように活動するためには、活動を始める前の心構えが重要です。
転職活動をスムーズに進めるために必要な、お金と今の会社との関係。
この二つをしっかりと意識しながら転職活動を始めるようにしてください。

また、初めての場合はわからないことも多く不安な転職活動。
後悔しないためにも、詳しい人のサポートがあるとより安心です。
身近に転職経験のある人がいない場合は、プロの意見も参考になります。
キャリアコンサルティングのKeen Linkersは、転職だけでなくその後の人生設計まで視野に入れたアドバイスを得意としている会社。
転職するかどうか、転職時期は今でいいのかなど、本人の希望に合わせたキャリアプランを提案させていただきます。
相談は無料で行えますので、お気軽にお問い合わせください。