転職活動に疲れたあなた

疲れている人

出典:写真AC

 

「転職活動頑張るぞ!」と意気込んだものの

なかなか自分の思い通りにいかない。

 

  • 書類選考が通らなく、面接までいかない
  • 面接までいったが、面接がうまくいかない
  • 面接はうまくいったが、内定が決まらない

 

このように突破しなきゃいけない壁がいっぱいあり

落ち続けていると、ハードルがものすごい高いように思えてきます。

 

「自分は社会に向いていないのかもしれない」

「あとどのくらい転職活動を続ければいいんだろうか」

とネガティブな感情に支配されるかと思います。

 

わたくし自身も、転職活動に疲れてとてもネガティブになり

「このまま仕事が決まらなかったらどうしよう」

「生活できなくなるかもしれない」

このような不安と恐怖に支配されて精神的にも疲れてしまい

とてもポジティブに活動が出来ませんでした。

 

いろいろと考えることが多くなって頭が

パンク寸前になっていたので

頭の中をリセットする作業に入りました。

 

ここで自分のことについて深く知ることになります。

なかなか自分の事を振り返る時間はないので

この際自分の事を振り返ってみてください。

 

仕事をしていたら、振り返る時間もありませんので

この機会に

「自分がどういう人間なのか」

「自分は何をしている時が楽しいのか」

など、自分をもっと知ってください。

 

自分以外にも、人に聞くという方法もあります。

友達でも家族でも恋人でもいいです。

「あなたはどんな人なのか?」

「人からみてあなたの長所や短所はどこなのか?」

第三者の意見をもらうことで、あなたはもっと成長するはずです。

 

そして自分の事を振り返ったら

 

まずは思考を変えてみることから始めてみませんか?

 

 

転職活動で疲れたなら、思考を変えてみる

上昇矢印

 

出典:写真AC

 

転職活動で疲れてうまくいかないと思ったら

思考を変えてみましょう。

 

このままの思考で進んでしまうと

あなたの精神的にも悪いですし

自分の就きたい仕事ではなく、「仕事だったらなんでもいいや」

といい加減になってしまいます。

 

そのためには思考を変えてみることをおすすめします。

それではどのように思考を変えた方がいいんでしょうか?

 

書類選考や、面接に落ちたからといって

落ち込むことはないのです。次に進むことが大事です。

 

落ちた理由は何なのかを反省して

「あれが駄目だった」

「これがだめだった」と考えて

ネガティブな気持ちになるよりは、次に進む事の方が大事かなと、わたくし自身考えております。

 

確かにいろいろと反省することは大事なことです。

ですが反省をして、ネガティブになり

転職活動が出来なくなるくらいの精神状態に

なってしまっては、本末転倒です。

 

つまり落ちても次へ進む!

「自分には縁がなかった」

「自分の力が発揮できる場所はここではなかった」と

ポジティブに考えることが大事ですね。

 

 

その他にも

「ここの職場が理想だからここしかない!絶対に受かってやる!」と

意気込みで落ちてしまう。

「ここしかない」と考えるようでは、視野がせまいのです。

 

あなたが知らないだけで、いろんな仕事があります。

もっと広い視野をもって転職活動に挑戦することで

また違った景色が見えてくることでしょう。

 

 

例えば日本以外で働くという選択肢もあります。

「前から外国に行きたかった」

「外国でのんびりと暮らしたい」

こういった理由で外国に行って働くのもありかと思います。

 

何をするにも経験しないとわからない事なので

迷っているのならば、行動してみてはいかがでしょうか?

 

思考と言うのは、今までの経験から作られている物なので

変えることは難しいですが、思考を変えることによって

気づきがたくさんあります。

 

自分のせまい価値観を広げてみてください。

 

 

 

あなたが転職活動で重要視していることは何なのか?

一番重要な事

 

出典:写真AC

 

あなたが転職活動で重要視していることはありますか?

例えば

「給料がいいとこ」

「お休みがきちんと取れるとこ」

「福利厚生がしっかりしているとこ」

 

あなたがなにに価値を置いているか。

あなた自身の価値観ということです。

 

「お休みがきちんと取れるとこに転職したい」

こう考えているならば、間違っても

「この際どこでもいいや!」となってはいけません。

 

なかなか転職活動が上手く行かないからといって適当になる。

 

こうなってしまうと、採用されて働いた場合

「やっぱりきちんとお休みが取れるとこ」が良かった。

となり、また転職活動しなければいけなくなります。

 

また転職活動をすると疲れますし、この時間は本当に無駄なので

自分の価値観を大事にして

転職活動に取り掛かってほしいなと感じます。

 

転職活動というのはゴールではなく

あくまでも手段なので、ゴールを明確にして考える事が大事になってきます。

 

転職活動を適当にしてしまうと、後々面倒になるのは自分自身です。

転職というゴールを忘れずに頑張りましょう。

 

 

自分が何をしたいかが分からない

プランA、B看板

出典:写真AC

 

「自分が何をしたいのかが分からないしどうすればいいのだろうか?」

 

まず何をしたいのかがわからないのであれば

自分が好きな事、やりたいことを紙に書いてみましょう。

自分が興味のある仕事なら楽しいかもしれません。

書き出したら、それに携わることを仕事にできないのか調べてみます。

 

今の時代はわからないことがあれば

インターネットを使って調べることが簡単にできますね。

 

それでも自分のやりたいことが見つからない

どんな仕事が自分に向いているのかがわからない

自分で考えてもわからない。

 

こういった場合は転職サービスを活用してみてはいかがでしょうか?

いろいろな転職サービスがありますが

その中でも株式会社Keen Linkersは顧客目線で考えてくれます。

 

顧客目線で考えてくれるということは

あなたの立場になって考えてくれる。

このサービスはとても心強いのではないでしょうか?

 

なのであなたが考えていること、分からないことを

親身になって一緒に今後のプランを考えてくれるのです。

 

転職活動は主に1人でやるものですよね?

それによって1人でやるために、転職活動で疲れてしまいます。

一緒になって考えてくれる人がいれば

転職活動で疲れるといったことが少なくなります。

 

 

「なにをしたらいいのかわからない」

「もっと収入を上げたい」

「さらなるスキルアップを目指したい」

このような悩みを持つのなら、一度相談してみてはいかがでしょうか?

気軽に相談してみてほしいと思います。

 

無料で相談することができるので活用してみてください。

http://keen-linkers.com/lp/career_consulting

 

 

まとめ

今日の話しをまとめますと

  • 転職活動で落ちてもネガティブにならずポジティブに視野を広げることが大事。
  • 転職活動で疲れても、自棄にならずゴールを目指して取り掛かる
  • 自分が何をしたいのかがわからない場合は、興味のあることを紙に書き出し、書き出したことで携われる仕事がないかをインターネットを使って探してみる
  • どうしても自分1人で考えるのが難しい場合は転職サイトを使って相談してみる

 

 

いかがでしたか?

転職活動で精神的に疲れているかと思いますが

自分の体を壊したりするまで悩まないでください。

わたくし自身も最初の頃は何もかもうまく行かず

自棄になっていたこともありましたが今考えると、考えすぎていたかなと感じます。

 

もしこれから何をしたらいいのかがわからない場合は

転職サイトを利用してみてください。

自分では気づけないことが気づけるかなと思います。

http://keen-linkers.com/lp/career_consulting

 

 


この記事を書いた人
吉川 博将
ライター活動をしています。

実体験を元に記事を書きました。
参考になれば嬉しいです。