出典:写真AC

 

友達からの求人情報は貴重です

転職活動、就職活動で一番大切なのは、先輩や友達等の人脈ですね。

大学の先輩や友達が就職の紹介をしてくれる場合は、転職先としては良い条件の場合が多いようです。

これまで培ってきた人脈が転職活動においてもたいへん重要になってきます。

友達がブラック企業の求人を紹介したりはしません。

自分の人脈からくる就職情報に、常にアンテナを張っていることが大切です。

 

ハローワークで転職活動を行っていても、なかなか転職に結びつかず、失業保険の受給が終了するころに焦ることがあります。

離職期間が長くなれば、再就職は不利になっていきます。

預貯金がある方はしばらくは大丈夫でしょうが、手持ち金や預貯金が少なくなるようでしたら、早めに市区町村等の相談窓口に相談に行くことをお勧めします。

 

転職活動は上手く行かず、生活困窮したら

アルバイトも決まらず、預貯金も少なくなるようでしたら、お近くの市区町村の生活保護窓口に相談に行きましょう。

「生活保護の申請」と考えると暗い気持ちになる方がいますが、今は生活保護は自立支援、就労支援に特に力を入れていますので女性の方で子どもがいる場合等は、勇気も持って行きましょう。

生活保護の受給にならなくても、他の使える公的なサービスを紹介してくれます。

例えば、生活困窮者自立支援制度の「住居確保給付金の支給」や求職者支援制度の「職業訓練受講給付金」いうサービスがあります。

 

生活困窮者自立支援制度の「住居確保給付金の支給」について

住居確保給付金の支給は、離職者で原則3ヶ月(一定条件の下、最大9ヶ月受給可能)を限度として、住宅費を支給してくれます。

「住居確保給付金の支給」を受けるための条件としては、いろいろあります。

例えばハローワークに求職の申込みをするなどです。

受付相談窓口は、お近くの市区町村の生活困窮者自立支援制度に関わる部署です。

いろいろな社会資源やお得な行政サービスを紹介してくれます。

生活保護の申請はしたくないが、生活が少し苦しい方は相談に行きましょう。

 

職業訓練受講給付金(求職者支援制度)について

職業訓練受講給付金は雇用保険の失業給付を受けることが出来ない方等の給付金です。

受付窓口は、現在の住所または居所を管轄するハローワークです。

職業訓練受講手当として月額10万円がもらえます。

職業訓練受講給付金を受けることが出来る場合は、住宅確保給付金はもらえません。

☆求職者支援制度の職業訓練を受講しても給付制限解除にはなりません。公共職業訓練を受けた場合は、給付制限が解除されますので3ヶ月の給付制限を待たないでも失業保険がもらえます。

 

株式会社Keen Linkersのサービスについて

人生設計出来ていますか?

あなたのキャリアプラン、未来をしっかり描けていますか?

離職された方や現状の仕事に不満があり転職活動されている方は、一度、株式会社Keen Linkersのサービスを考えてみてはどうですか?

 

株式会社Keen Linkersのサービスは、目線を人に合わせ、職のサポートはもちろんのこと、その先の人生も視野にいれてサービスが展開されます。

 

株式会社Keen Linkersを利用して転職活動するメリット

①相談無料

②「働く」ことについてのトータルサポート

③キャリアプランのご提案

④「今から出来る資金の作り方」のアドバイス

*老後に向けた備えなども考えてくれるのでお勧めです。

 

まとめ

株式会社Keen Linkersのサービスは、今後のキャリアプランに悩んでいる方やこれからどういう人生を歩むか検討されている方のサポートが目的です。

・転職活動を考えている方は、お気軽に株式会社Keen Linkersに相談しましょう。


この記事を書いた人
ライター名:元市役所君
現在は、フリーランスとして自営業を営んでいます。