転職活動を始めたいけど具体的な進め方を知りたい。
できれば失敗せずに、希望の会社に就職できれば良いな。
と、考えている方のために、実際に転職活動をやった方々にインタビューして成功のコツを教えて頂きました。
あなたの転職活動にお役立てください。

目次

 

登場人物

転職活動して3カ月未満で転職先が決まったDさん
インタビュアー

転職活動をする前に、給与や働く条件などの希望は決めておいた

転職活動して3カ月未満で転職先が決まったDさんにお越しいただきました、ありがとうございます。
3日月未満の転職活動は具体的にどのように進めましたか?

まず、職務経歴書や履歴書作成で今までやってきたことを整理。自分のできること、得意分野をみつける。それから、これからやりたいこと、やりたい仕事、ほしい条件を考える。そして仕事探しをして応募、面接、採用です。

ご自身の体験を振り返って、成功させるコツってなんだと思いますか?

コツは「給与や働く条件などある程度自分の希望は決めておいた」ことですね。

なぜそれがコツだと思うのですか?

2回目の面接終了後、その場で採用決定してもらえました。その場で条件についての話もあり、給与がいくらかという話もありました。

採用後にお給料のお話があったのですね?

応募要項には明記されていたのですが、交渉のタイミングだと考えて切り出しました。
なぜなら、自分の理想よりも給与は低かったので、理想の給与にならないか質問したのです。

勇気いりますが、大事なことですからね。それで担当者は?

ランクによって給与は決まっているのでその金額にはできないと言われました。

Dさんは納得されたのですか?

決まっているから仕方ないと納得することができたので、自分の希望は伝えてよかったと思いました。理由を知っていたほうが採用後に納得して働くことができると思います。

なるほど!採用されたらそこで喜んでいるだけではなくて、そのタイミングで希望や条件について伝えておくのが良いですね。
ありがとうございます。ではここから、経験者に聞いた「転職活動の具体的な進め方」を転職活動にかかった期間別にご紹介します。

経験者に聞いた「転職活動の具体的な進め方」

■転職活動1カ月未満

20代男性Aさんの転職活動の具体的な進め方、やり方

画像元:イラストAC

自分の目的の明確化、履歴書、面接、採用、

転職によって人生が豊かになった

転職活動を始めているうちに自分にどのような可能性があるのか考え直す良い機会になりました。今の職場は、前の職場と違い自分自身が様々なことで成長していると思いますし、転職によって人生が豊かになったとも言えますね

 Aさんからのアドバイス

転職というと響はあまり良くないですが、自分を変える最大のチャンスだと思っています。しっかりと自分を見つめ直し、前を向いて歩んで行くべきです。
周りに流されず自分の人生は自分で決めなければ、道は開けません

 

■転職活動1カ月以上3カ月未満

30代女性Cさんの転職活動の具体的な進め方、やり方

画像元:イラストAC

ハローワーク登録→情報収集→転職先訪問→面接→土日のみバイト→転職

多方面からの情報収集と試用期間を経て転職活動成功

転職先を見つけるために多方面からの情報収集を怠らなかった。商店街のおばちゃんから早目に花屋さんで人を探しているという情報をもらい、店に偵察に行ったり客層なども調べた。店長と直接交渉して、とりあえず前のとこで働きながら試用期間として土日だけバイトさせてもらい合っているかなど試しに働かせてもらった。その後無事に転職出来た。

 Cさんからのアドバイス

人はどうしても視野が狭くなりがちです。特に働いていたらその会社だけが自分の居場所だと勘違いしてしまいます。しかし、世の中には沢山の仕事で溢れています。必ずしも自分の希望の職につける訳ではありませんが、今よりも働きやすい職場があるかもしれません。

10代女性Eさんの転職活動の具体的な進め方、やり方

画像元:イラストAC

転職先の情報収集→履歴書郵送→電話面接→面接→採用

遠方での面接。飛行機で移動

私は北海道から、関西や関東を中心に事業展開する会社に転職しようと思いました。最初は電話面接だったので、仕事終わりに済ませたりしましたが、面接となると飛行機を使って大阪や東京へと足を運ぶ日々でした。2ヶ月ほどで内定をもらったので、短い間に頻繁に飛行機を使う移動が私にとっては大変でした。

 Eさんからのアドバイス

私はあんまり緊張しないタイプなので、面接などは落ち着いて受けることができました。しかし、ほとんどの方が緊張されると思いますが、ありのままの自分の熱い思いを転職先にぶつけて下さい。必ず、見ていてくれてるはずですので、頑張って下さい。

■転職活動3カ月以上6カ月未満

30代女性Fさんの転職活動の具体的な進め方、やり方

画像元:イラストAC

やりたい仕事の洗い出し→情報収集→条件面のすり合わせ→履歴書送付→面接→採用

社長に気に入られお給料が高くなり環境もベストで大満足!

なんとなく応募した企業で、筆記試験と面接を受けました。今までの業種と全く違うので自信がなかったのですが、社長から直接電話をもらい、「あなたのような人を探していた。募集より給与を上げるから、すぐ来てほしい」と言われて採用してもらいました。予定よりお給料が高くなり、働く環境も私に合っていて、とても満足しています。

 Fさんからのアドバイス

新卒とは違い、前職で身につけた技能やキャリアを、新しい職場でどう活かすかを問われます。「とにかく気合いで頑張ります」などの精神論ではなく、具体的な志望動機やキャリアイメージを練って履歴書と面接に臨みましょう。

 

30代女性Gさんの転職活動の具体的な進め方、やり方

画像元:イラストAC

資格取得→その資格をいかせる職場探し→履歴書送付→筆記試験→集団面接→個人面接→採用

再就職のため資格を取得してからの転職活動

私は簿記2級の資格と秘書技能検定の資格を再就職のために取得しました。どちらの資格も持っていて邪魔にならないしどちらかと言えば事務の仕事をしたかったのでその資格を取得しました。転職活動する中で、いろいろな方と面接したりお会いしてお話ししてみて、自分はやはり営業職は向いていなくて事務職や営業事務といった人を支える仕事の方が向いているということに改めて気づきました。

 Gさんからのアドバイス

転職活動のコツはズバリ自分に何があっているかを探すことです。最初に勤めた会社のデメリットをちゃんとを考えだし新しい職場はそのデメリットが少しでもないところを探すべきです。転職活動は心が折れそうな時も何度も訪れると思いますが新しい自分の職場環境の為にもがんばりましょう。

30代男性Hさんの転職活動の具体的な進め方、やり方

画像元:イラストAC

公立中学校採用試験
【筆記】専門(教科)教養+教職(法律、理論)教養+一般(中学校程度)教養+小論文
【面接】面接+模擬授業+模擬対応

働きながら教員採用試験に挑戦

教員採用試験では一般教養といって中学校で習う程度の知識を問われる筆記試験があります。過去問を解いてみると、おそろしいほどできません。かなり忘れてしまっていました。はじめてもっとちゃんと勉強しておけば良かったと実感しましたか。

 Hさんからのアドバイス

仕事をしながらの転職活動となると、とにかく時間がありません。教員採用試験は年に1回しかチャンスがないので計画的に勉強をしましょう。筆記試験対策が意外とネックになります。
面接や模擬対応は人柄や熱意が大事です。でも筆記試験がよくないと受かりません。

■転職活動6カ月以上1年未満

30代男性Iさんの転職活動の具体的な進め方、やり方

画像元:イラストAC

転職サイトで情報収集→履歴書送付→筆記試験→1次面接→最終面接→採用

ご縁のあった会社は休みの日に合わせて面接してもらった

当時の仕事を辞めたいと考えていた時、割と履歴書送付まではスムーズにいったのですが、いざ面接となると、なかなか面接の日程を合わすのが難しかったでした。
しかし、今ご縁を頂いて採用してもらった会社は、私の休みの日に合わせて面接をしてくれました。

 Iさんからのアドバイス

数ある企業の中から自分に縁のある企業を探すのは大変ですが、コツとしては、1年中求人が乗っている企業よりは、あまり普段は載せてないけど珍しく求人を出していてかつ自分が興味のある仕事を選ぶ事が重要です。なぜなら1年中求人を出している企業はやはり人の出入りが激しい何か裏の理由があるからです。

■転職活動1年以上

40代男性Jさんの転職活動の具体的な進め方、やり方

画像元:イラストAC

インターネットなどで応募する会社を探す→履歴書送付→面接→採用

諦めなければ必ず採用してくれる会社がある!!

面接のときに時間が長くなっても面接官が全く笑ったりしない場合は不採用の可能性が非常に高かったです。
1時間ぐらい話しが盛り上がっても不採用だったこともありますが、話しがながければ、採用の可能性は高いと思います。逆に短い場合は、ほぼ落ちます。

 Jさんからのアドバイス

自分は再就職するまで、何十社も受けましたが、諦めなければ必ず採用してくれる会社があります。
5社、10社落ちるのは当たり前、何十社も受けるつもりで頑張りましょう!
面接慣れてない人は、友達や家族と面接を想定した練習をして話術を磨くことをおすすめします。
(40代男性)

まとめ

今回の記事では、転職活動を始めたいけど具体的にどうやったらよいのか分からない方のために、実際に転職活動をした方々の事例を転職活動にかかった期間別にご紹介しました。

転職することで、職場環境やお給料などの待遇が変わったり、自分自身の新たな可能性を発見できたりして、人生を変えるくらいのインパクトがあったという方が多いようです。

学生時代に行った就職活動は、憧れの会社や条件で決める傾向がありますが、社会人を経験した後の転職活動は、自分自身の適性を冷静に分析して自分に合う会社、合わない会社を見極めることができます。

自分に合う会社をしっかり見極めて、転職活動を成功させたいですね!

ちなみに、キャリアコンサルティングでは、転職、派遣社員、フリーランス、独立など、ステップアップをお考えの方に対する人生設計サポートを行っています。

キャリアコンサルティング

画像元:イラストAC

イラストAC


この記事を書いた人
ワーコ
働くことが大好きで、仕事中毒です。働き過ぎて体を壊して仕事を辞めたことをきっかけに、仕事についてあれこれ考えるようになりました。今はフリーランスをしながら、転職活動もしているという荒業でキャリアアップをはかっています。