今の職場に不満があったり、キャリアアップを目指している場合に、まず思い浮かぶのが転職です。
しかし、転職は今後の人生を左右しかねない重要な決断です。
なんとなくで決めてしまう前に、本当に転職するべきなのかを一度考えてみましょう。

転職を決める前にやっておきたい現状分析


出典:イラストAC

今の仕事がつらい、今の職場の雰囲気が嫌いなど、現状に何かネガティブな要因があるため今の仕事を去りたいという場合は、まずはじっくりと今の状況を分析することをおすすめします。

せっかく入ってキャリアを積んできた今の職場。
マイナスの要因を取り除くことが出来れば、転職という労力を使う必要はなくなります。
まず、現状を改善できないか考えてみましょう。

仕事内容

仕事がつらい場合は、なぜつらいのかを分析します。
いま感じている仕事のつらさは、忙しさや慣れないせいなのか、それとも自分とは合っていないものだからなのかを見極めることが大切です。

もし仕事をしていくうえでやりがいを感じたり、好きと思える要素があるならば、困難に立ち向かうことに意味があると思える日が来るかもしれません。
一時的なつらさだけで転職を決断することは後悔につながります。

逆に、ただ給料を貰うためにやっているような、好きな要素が全くない仕事は、モチベーションも上がらずこの先も壁にぶつかった時に辞めたいと思い続けてしまうでしょう。
これからの人生の大半の時間を使う仕事で「好き」の要素が見当たらない仕事は長く続けていけません。
その場合は、不満を持ちながらずっと続けていくよりも、潔く転職を目指したほうがずっと将来のためにはなります。

つらさの種類を見極め、改善の余地がありそうだと感じたらなにがつらいと思うのか具体化していきましょう。
タスクが重すぎる、仕事の負荷が多い、ノルマがあるなど、具体的につらい原因があげられると思います。
どうせやめる覚悟ができているのならば、上司にはっきりと”自分の能力ではオーバーフローだ”といってみるのもひとつの手です。
しっかりと自分の意見を伝えることで、改善されれば続ける可能性も高くなりますし、もし、言ってもダメならその時に改めて転職を前向きに考えることができます。

人間関係

職場の雰囲気が悪かったり、嫌いな人がいる場合は、その理由を考えます。
ちょっと雰囲気が悪い、気の合う人がいない、などの程度であれば、転職先でもそのリスクはあります。
今の環境でできることはないか、考えてみましょう。
相手を不快にさせるような態度を知らず知らずのうちに取っていたりしていないか、自分から相手に壁を作っていないか、など、自分で改善できる可能性があれば少し気持ちを変えて接してみると人間関係がうまくいくこともあります。

ただし、一度こじれた関係は修復するのが難しいことも。
どうしても性格的に合わないなど、自分の努力だけではどうにもならないこともあります。
転職によって気持ちも切り替わり、以前の経験から人との付き合い方も上手になっているので、転職後は人間関係であまり悩まなくなったというケースも聞くため、努力してもどうしても改善されない場合は、心機一転あたらしい関係を築く方が良い場合もあります。

もっと状況が悪く、いじめがある、パワハラがあるなどの場合は、離職を考える十分な理由になると思います。

転職を決断する決め手


出典:イラストAC

転職に迷うときの決断材料として、ポジティブな転職なのか、ネガティブな転職なのかということを考えてみましょう。

やりたいことをするための転職

最もポジティブな転職は、将来やりたいことがあってそれに向かった転職です。
これは100%ポジティブなので転職をためらう必要の無いケースです。

ただし、いくら前向きだったとしても、実現不可能な目標では意味がありません。
無茶な夢ではなく、実際にそれが実行可能である程度の準備があるということを前提とします。
ある程度の下調べをしたうえで、これなら成功しそうだという自信があれば、満足のいく転職ができると思います。

今よりも上をめざす転職

現状の仕事は好きなのだが今よりもよいところがよい、という場合も、転職を考えるメリットは十分にあります。

ただ、この場合、すぐにそのまま別の条件のよいところを探しても、うまくいくとは限りません。
そうそう条件のよいところがあるわけではないので、現実を良く調べたうえで実行に移すべきです。

今よりを上を目指すためには、今の職場に入ったときよりも自分がどれだけ成長したかということも重要になってきます。
思うようにスキルアップができていなかったと感じるのであれば、転職する前に、資格をとったり、やりたいことの知識を増やすなどの努力も必要になります。

資格を得る、あるいは次の職場より自分の興味のあるところを探すというように、一歩自分のキャリアを深める、あるいは高めることを考える転職であればじゅうぶんポジティブな転職と言えるでしょう。

やってはいけない決め方


出典:イラストAC

なんとなく今の仕事がつまらない、もしかするともっといい転職先があるかもしれない、という曖昧な状態での転職はおすすめできません。

転職というのは決してプラスばかりではありません。
転職が多いと、長く仕事が続かない人という印象を与えかねません。
そして生活面でも無職期間ができ収入が減る、転職活動の費用がかかるなど、デメリットも多いです。

なんとなくつまらない、満足感が得られない、という曖昧なイメージは、自分や周りのちょっとした変化で改善する可能性もあります。
自分の中で楽しみを見つける努力をしたあとでも、やっぱり続けていくだけの楽しさが見いだせないという場合は、その仕事が向いていない可能性もあります。
転職を考えるのはその時点でも遅くはありません。
自分は何がしたいのかよく考え自分と向き合うことで、本当にやりたいことが見つかった時に、実現のための前向きな転職ができるようになるのです。

まとめ

転職するにはリスクもあるため、覚悟も必要です。
それをふまえても、転職するにあまりある理由がある場合、あるいは少なくとも自分自身としては100%合理性があると判断した場合は、勇気をもって前に進みましょう!

転職するべき!という自信はないけれど、現状に不満があって悩んでいる人は、専門家に相談するのもおすすめです。
キャリアコンサルティングのKeen Linkersでは、転職などステップアップをお考えの方に対する人生設計サポートを行っています。
転職先の企業を紹介するだけでなく、本人にあったキャリアプランを提案しているので、転職するべきかどうか悩んでいる人にも、きっと役に立つアドバイスが得られると思います。
無料相談も受け付けていますのでお気軽にご相談ください。