節約したい。余計な出費を減らしたい。そのために日々、ちょっとずつ節約したり、節約できる方法を探している人が多いのではないでしょうか。節約するためには固定費を削減するのが一番ですが、中でも比較的簡単に見直せる固定費が「保険」です。

けれど長年契約している保険を解約したり、新たに契約する保険を探すのは面倒……という人が大半ですよね。

私も節約のため、4年前に保険を見直して契約し直しました。

その結果、なんと

年間の保険料を9万円も節約できちゃったんです!

家計を節約したい~保険料を削減したい!~

画像出典:Pixabay

節約したい!と強く思ったのが4年前。

友人との会話で、どうやら我が家は支出が多すぎることに気づきました。どの部分を減らせるのだろうかと家計の収支を見直した結果、

「まずは保険だな」

という結論に至ったのです。

 

当時の私の保険の加入状況は以下の通りでした。

・母が友人の保険勧誘員に勧められて加入した大手生命保険会社の生命保険 月額16,000円

・自分でネットで見つけて申し込みをした、掛け捨ての生命保険 月額2,500円

・親類が郵便局で勤めていた関係で加入した、郵便局の生命保険 月額3,000円

 

なぜか、一人で3つもの保険に加入していたのです。

「さすがにこれは多すぎだろう」と思ってはいたのですが、いままでそう深く考えることもありませんでした。

しかし「少しでも支出を減らして、老後のための貯蓄を始めなければいけない」という思いから、保険の断捨離をすることを決断!

たぶん保険は1つ入っていればそれでいいんだろうけれど、でも……

この中のどれを解約して、どれを残せばいいのかが分からない

困ったな、と思った私は、どうしたらいいのかをネットで検索し始めました。

ネットで思わず申し込んでしまった、保険見直し相談

画像出典:Pixabay

そんな中見つけたのが「保険見直しコンサルタントによる無料の保険相談」

たぶん皆さんも、Googleで「保険 見直し」などと検索すると、見直し相談の案内がたくさん出てくると思います。

「誰かに相談するって面倒だなぁ……しかも、これに入れとか勧誘されたらウザいことこのうえないし」

なんて本音を抱えながらもいろいろ見て回ったのですが、いろいろ見たところで結局、自分ひとりでどうしたらいいのかが分からない。

どの保険も特約やオプションがたくさんあって、見れば見るほど分からない。

今後私が生きていく上で、必要最小限の保険をできるだけ安く契約したいけれど、どれが必要最小限なのかが分からない!

これって、他の多くの一般市民が同じだと思います……

いろいろ悩んだのですが

「悩んでいる時間がもう、もったいない!」

という結論に達し、目についた保険の見直し相談(無料)に申し込んでみることにしました。

保険の見直し相談に申し込むとどうなる?

私が申し込んだ保険の見直し相談では、ウェブから名前や住所、電話番号などの個人情報を入力後、現在自分が加入している保険の内容と支払額についてざっくりと回答していきます。

その後、保険の見直し相談のアドバイザーから「直接会ってお話をしたい、都合のいい時間と場所を教えてください」と連絡が来ました。

私の勤務先に近い池袋を指定すると「それなら、このカフェで」と、場所の提案があり、数日後にカフェで待ち合わせとなったのです。

ドキドキしながらの保険見直し面談in池袋

画像出典:Pixabay

警戒半分、興味半分で迎えた約束の日。

指定された池袋のカフェは隣の席との間隔が広く、店内も静かで広く、ゆっくり落ち着いて話ができる場所でした。

初めて会う保険アドバイザーは50代の男性。大柄な体で人の良さそうな笑顔が印象的でしたが、飲み物を注文するとパパっとテーブルの上に書類を広げ、ハキハキとした口調で話し出しました。

「あなたが現在加入している保険の内容を確認させていただいたのですが、最初に申し上げます。現在のあなたの保険には、無駄が多すぎます

「エッ……」

いきなりそう来るとは思わなかった!

彼は私が加入している3種類の保険内容をプリントアウトした紙を取り出して並べました。

「3種類の保険に入っていますが、被っている内容が多いんです。たとえばAの保険のこれと、Bの保険のこれ、被ってますよね」

「はい……」

「Aの保険とCの保険も、こことここがかぶっています。それに」

と彼。

入院保障の欄を指さします。

「このBの保険、入院の補償が〇日目からになっているでしょう。初日から補償がつかないんです。けれど、最近のデータでは、入院して翌日退院する人も多いんですよ。そんなとき、この保険は全く使えないわけです」

な、なんと……!

「さらにこっちのAの保険は、入院保障が45日間つくことになっていますが、こんなに長期間入院する人はあまりいないんです。約半数が1週間程度で退院します。仮にガンで入院したとしても、入院期間の平均は約1ヶ月なんですよ。こんなに長い期間の補償は必要ないんです」

えええーーーー!?

知らなかった……

「もちろん、長期入院する人もゼロではありませんが、そうなる可能性は全体の数字から見るととても低いんです。だから、現実的に自分が入院している間の保証を求めるなら、もっと短い期間でいい。その分、安い保険でいいんです」

驚きの連続な、保険アドバイザーさんの話。

そうなの?

そうだったの?

「特に、無駄なのがこのAの保険です」

と保険アドバイザーさん、母が友人に勧誘され家族全員分加入した、某財閥系の大手生命保険会社の保険を指します。

「補償内容に対して、保険の金額が大きすぎるんです」

「あの、でもそれは積み立てにもなっていて……」

「積み立て機能は確かにあります。けれどこの保険、あなたが60歳までしか契約できませんよ。そのあとの保証はありません。そのあとも補償を受けたいのであれば、その時に別の保険にまた加入しなおさなくてはいけないんです。当然ならが年齢的なものもあり、その時に加入する保険の支払額は、今の支払額よりずっと高くなります」

エエッ………!!!!

それは知らなかった、そこまで考えてなかった!!!

驚いて無言になった私に、保険アドバイザーさんは細かい文字がびっしり書かれた保険の約款を取り出しました。

「そういうことは、加入時にはまず説明されませんが、約款には書かれています。しかし、約款なんて普通は読まないじゃないですか。何が書いてあるか理解しづらいし、細かいし、皆さん忙しくて時間がない。

それをしっかり読み、加入者にとってデメリットが多い保険は省いて、メリットが多い保険を紹介する。それが私たちの仕事なんです」

そう言ってにっこり笑った彼に、私は「………相談して良かった」と心底実感したのです。

 

実はこのカフェでの面談を私は2回行っていて、その時契約していた保険の契約書などを見てもらっています。

その上で、私がどんな内容の補償がある保険を求めているのかをヒアリングし、2度目も面談でおすすめの保険を紹介してくれました。

不要な保険をバッサリ削除!大幅節約できる!

画像出典:Pixabay

私が加入している保険の内容をしっかりチェックし、その保険が持っていた「穴」をズバズバ指摘してくれた、頼れる保険アドバイザーの彼。

その彼が私に紹介してくれたのが「これから15年間保険を払うけれど、補償内容は一生涯続き、内容も変わらない。15年目以降は支払いの必要もない」という保険でした。

収入が減る老後には保険の支払いが不要になるけれど、補償が続くという点と、最も掛け金が高かった大手保険会社の保険と比べても、月々の支払料金が5,000円近く安くなるという点から、その保険への加入を決断。

それ以外に入っていた2つの保険も解約してしまっても良いだろうという話に。

ただ、郵便局の保険だけはいろいろな事情があって残すことにし、大手保険会社の保険と、掛け捨ての保険は解約することにしました。

今まで支払っていた保険の金額が以下の通り。

 

大手保険会社 16,000円

掛け捨ての保険 2,500円

郵便局の保険 3,000円

合計 毎月21,500円

 

それが以下の通りになりました。

新規で加入する保険 11,000円

郵便局の保険 3,000円

合計 毎月14,000円

月7,500円、年間で約9万円の節約に成功したわけです!

保険見直しに大満足、家族も紹介しちゃった!

画像出典:Pixabay

無駄が多かった保険を断捨離し、必要な内容の保険に乗り換えた結果、節約もできたし将来の補償についても一安心。

すっかり満足した私は「これは両親と弟にも紹介しなくては」と思い立ち、家族全員分の見直しもしてもらいました。

その結果、やっぱり家族そろって大手生命保険会社の保険は解約し、家族それぞれ別々の保険に加入することになりました。家族でも、年齢や必要とする補償が違うため、

「お父さんならこの保険会社のこのプランがいいし、お母さんなら、こっちの保険会社のこのプランがおすすめ。まだ若い弟さんは、この保険会社のこのプランはどうですか?」

となったわけです。

保険見直しをしてくれる会社は、多くの保険会社の代理店となっているため、選べる選択肢もとても多いんですね。

そもそも、家族全員、年齢や性別、傷病歴などが違うのに一つの保険会社からだけ商品を選んで加入するということ自体、ちょっと不自然だったんだよなと思った次第です。

さらに素晴らしいとは思ったのは……

「もし、こういう状況になったら、こういう選択をしてください。そうすれば下りる保険の額が違います」

「こういう状況で、この選択ができるのであれば、こっちを選んでくださいね」

「もし分からなくなったら、いつでも電話してください。病院で決定してしまう前に、電話を一本入れて相談してください。保険アドバイザーの立場から、あなたにとって最も良い方法をお伝えします」

と、さまざまなアドバイスをくれたこと!

教えてもらわなければ「知らなかった」ということもたくさんありました。

 

私たちは保険の素人。わからないことがたくさんありますが、それは当然のことです。

けれど、少しでも賢い選択をしたい、必要だと思うなら、プロに頼ってプロの知恵を借りるのがいちばんだと知りました。

 

保険の見直し相談をしてみて、大満足です。

保険の乗り換えや断捨離、見直しを考えているなら、ぜひプロに相談してアドバイスをもらうことをおすすめします!

保険の見直し相談ならKeen Linkers


この記事を書いた人
節約と断捨離が人生のテーマ!のフリーライターnoireです。
なんとなく加入してしまった保険だけれど、節約するためにはそこに手をつけるべき!だと思い立ち、保険アドバイザーの無料見直し相談を利用してみました。結果は大満足!保険のことで悩む友人知人にも積極的に見直しをおすすめしています。