← その①へ / その②へ / その④へ →

登場人物

 Hさん

 スタッフD

打ちのめされたあと、静かに闘志を燃やす奥様

実際にあった依頼からピックアップしてご紹介します。

今回は家庭を大事にするマイホームパパのまさかの不倫に気がついてしまった奥様からのご依頼です。
その①はこちらその②はこちら
無料電話相談をいただき、本調査へのご依頼をいただきました。

今回は調査の後半と奥様のお気持ちをお聞きします。

居酒屋での様子を見てください、とお願いしました。
まさか、会話まであんなにしっかり聞いてくれるとは思わなかったのですが、なにか技があるんですか?

今回の調査ではたまたますぐ近くの席に座ることが出来たのが大きかったんですよ。
毎回すぐ近くの席というわけではないです。

それでも、様子をうかがうのはしっかり行います。

会話の内容は聞き耳を立ててるんですか?

いえ(笑)耳はもちろん『聞き耳』立ててますが、見た目にはサラリーマンが会社の愚痴をこぼしているように見えていたと思いますよ!
プロの技です、ということにしておいてください(笑)

わかりました(笑)

居酒屋での会話、ホテルの入退室とこの日の調査はかなりショックだったのではないかと思います。

はい。できれば勘違いであってほしかったです。でもお泊りは決定的な証拠ですので…。

しかし、ビジネスホテルの宿泊は不倫・浮気の証拠として法的に使うには少し弱いんですよ。

はい…。証拠のためとは言え、あのあと3回も調査をお願いするのは辛かったです。

Hさんは再構築を希望されていましたね。

ええ、そうです。家庭的な元の夫に戻ってほしかったんです。
この後輩とのことは、一時の気の迷い。
A子が身を引けば必ず夫は戻ってくると思っていました。

法的にご主人に請求するつもりではなかったということですか?

はい。

最初のご相談時にはそこまでのご意思の確認はしていませんでしたが、最初からご主人を取り戻すおつもりだったのでしょうか?

最初は取り乱していた部分もあり、どうするかとかそこまで考えられませんでした。
でも、私は離婚するつもりなんてなかったです。
子どももいますし。

でも、このままズルズルと関係を続けていくのは許せなかったんです。
夫が深入りしていくのは怖かったです。

最初から短期決戦を考えていらっしゃったのですか?

あまり細かく考えてはいませんでしたが、夫の性格から考えて、のめり込まないうちにこちらに取り戻したかった、というのはあります。
夫にどうこうではなく、できればA子が身を引く形にしたいと思っていました。

調査書をお渡しした時のあの決意の表情が忘れられません(笑)

私、そんなに怖い顔していましたか?

いいえ!戦う女神の顔、でしたよ(笑)

(笑)

今回は調査報告により事実を知ってしまった奥様が、どういう心境を辿ったのかについてお聞きしました。

Hさん、ありがとうございました。

つづきはこちら→【浮気探偵調査ファイル】不倫のはてに得たものは?夫婦関係を修復した妻の執念④

浮気探偵リザルト

まとめ

今回は、マイホームパパが不倫をしてしまった…そんな事例をご紹介しました。

家庭的で、子どもを大事にしていて、休日も家にいる。
そんな満点パパにもふと訪れてしまった魔の刻。妻であるあなたははどう対処しますか?

「夫の不倫・浮気」というとてもプライベートな悩みは、友達や身内にもなかなか相談できないものです。
「浮気のわけがない」と思いながらも観察していくうちに「もしかして、浮気しているのかも?」と
疑問がふくらんでいった時、どうしたらいいかわからなくなりますよね。

そんな時、浮気探偵リザルトの電話無料相談なら、じっくり話を聞いてもらうことが出来ます。

今後どうしたらいいのか考えた上で、何を最優先させるべきか、一緒に考えてくれるのです。
浮気による離婚ということにもなれば、そのための準備についても相談することが出来ます。
本職である、調査をお願いすることも可能です。その場合の料金の説明もきっちり説明してもらえるのが安心ですね。

浮気探偵リザルトは、調査終了後のアフターフォローサービスとして、弊社提携先の離婚問題や夫婦問題に強い弁護士の無料紹介や、修復を希望されている方へは、カウンセラーの紹介などを行っています。
弊社の経験豊富な相談員が問題解決まで専任となり、何回でも無料相談することが出来るのです。

夫や妻の浮気・不倫でお悩みの方を早期に問題解決するための安心で低予算の浮気調査!

今なら、浮気調査キャンペーン実施中の

浮気探偵リザルト

画像出典
作者の制作による
イラストAC

作中画像出典
フォトAC
イラストAC 
イラストAC
フォトAC
イラストAC 
イラストAC 


この記事を書いた人
ライターネーム:DECK
探偵モノをこよなく愛する永遠のティーンエイジャー。
松田優作に憧れてパンチパーマをかけたことがあるのは黒歴史。