出典:写真AC 

「夫が不倫や浮気しているのでは?」と悩まれている方が多いと思います。

しかし、夫が浮気をしているとしても、離婚前提で本気の恋をしている場合もあれば、ただ単に性欲を満たし、束の間の快楽を楽しんでいるだけかもしれません。

徹底的に浮気相手等の情報把握をしないことには、全容がわかりません。

そこで今回は、夫の不倫調査を考えている方にアドバイスをしたいと思います。

 

旦那の浮気で離婚を考えた時!

浮気をする方は、はじめは、ちょっと「つまみ食い」する程度の安易な気持ちで始めるパターンが多いようです。

浮気をしたい気持ちは誰でも少しはあるかもしれませんが、普通は、子どものことや社会的な倫理観のようなものを考えて我慢する方も多いと思います。

理性が性欲を抑えていると言ってもいいかもしれません。

結婚して長い年月が立ち、子どもがいる方も多いと思います。

住宅ローンをかかえて持ち家もあるかもしれません。

夫の少々の浮気程度(女性に利用されている場合等)で家庭を崩壊させてはいけません。

 

旦那の浮気は、騙されているかも!?

お酒を飲むと、まったく別人のような性格に変わり浮気をする方がいます。

不倫や浮気の深みにはまり込み、人生のすべてを投げ打ってしまう方もいます。

「夫が浮気しているかも?」と思っても、いろいろ調べると夫が若い女性等に騙されている場合も多くあります。

熟女との関係になれば、浮気相手もそれなりに考えて不倫や浮気をしているでしょうし、やっかいな状況になる可能性もあります。

夫が会社の社長や管理職の地位にあれば、浮気相手は夫の社会的な地位を利用して、「お局様」になろうとしているのかもしれません。

夫の両親の資産や夫婦で築いてきた大事な財産等が狙いで近付いてきた可能性もあります。

 

出典:写真AC

 

また、夫は騙されていて、美人局(つつもたせ)やハニートラップを仕掛けられている可能性もあります。

当事者の夫はもちろん気づいていないことが多いと思います。

夫が公務員(官僚、警察官、自衛隊等)の場合は、国家機密に関するハニートラップに要注意です。

地方の市役所職員と言えども、公共事業等に関する経済的なハニートラップもあります。

身近にいる家族や親族の方がアドバイスしてあげないと単なる肉欲関係のために全てを失ってしまうこともあります。

お酒等と同じで、一度不倫や浮気に狂うと性格が全く変わるのも「変な喜び」を知ったからかも知れません。

 

子どもがいる場合は?

夫婦は離婚すれば他人になるだけですが、子どもにとっては、一生大事な両親であることにはかわりありません。

小さい子どもの場合は、子どもなりに苦しみます。

ある程度成長した高校生でも、心理的にかなりのダメージを及ぼします。

子どものことを考えると、やすやすと離婚は考えるべきではありません。

夫の浮気の原因を調査する必要があります。

浮気相手のことを「火遊び程度」にしか考えていない場合も考えられます。

それを妻として受け入れるかどうかの判断をする前に、きっちりと調査をしないと状況は好転しません。

 

①夫の浮気の証拠を集めましょう。

②夫の浮気相手(女性)は誰なのか。

まずは、2点のことを良く調べましょう!!

 

不倫調査はどこに頼んだら良いの?

夫が浮気や不倫等をしている場合は、早急に事実関係を調査する必要があります。

株式会社リザルトは、日本調査業協会正規加盟資格を有する適正探偵社です。

無駄な調査や必要のない調査を徹底的に省き、経費を最小限に抑える事で、上質な調査をよりお求め安い料金でご案内出来ます。

クライアント様のピンポイントの依頼日に効果的な調査を必要最低限実施する事により、最大大手探偵社の半額以下で調査が可能です。

 

まとめ

株式会社リザルトは大手弁護士事務所数社より推奨店として多数のクライアント様をご紹介頂いております。また、離婚問題に強い大手弁護士事務所との業務連携を行っていますので、安心して不倫や浮気調査をお願い出来ます。

・不倫調査を依頼したい方は、株式会社リザルトでご相談をお待ちしています。

☆フリーダイヤル 0120-266-610 でお気軽にお問い合わせください。


この記事を書いた人
ライター名:元市役所君
元公務員です。現在はフリーランスとして、在宅ライターに没頭中です。