登場人物

 Aさん

 スタッフD

突然の離婚宣告、打ちひしがれる妻をよそに夫は不倫旅行。

実際にあった依頼からピックアップしてご紹介します。
今回のご依頼者はAさんです。よろしくお願いします。
簡単にプロフィールをお願いします。

東京在住のAです。主人とは結婚して8年。
夫婦関係は、良くもなく・・・悪くもなく・・・といったところでした。

調査の依頼はご主人からの離婚申し出がきっかけでしたね。

はい。「わかれてくれ、離婚届にサインしろ。」そう言って、離婚届を突きつけられました。

特に詳しい離婚理由は語られなかったのでしょうか?

理由は「性格の不一致や価値観の相違」だと。そういわれても納得できません。
サインを拒否していましたが、日に日に主人の帰宅が遅くなって。
毎日どこで時間を潰しているのか、なんだかおかしいな、と思ったんです。

調査の依頼を受けて、ご主人の勤務状態やお仕事などを考慮し、ご主人が出張だと言う日に調査を遂行しました。
リアルタイムにご報告をさせていただきましたが・・・。

あの日は電話を握りしめたまま一歩も動くことが出来ませんでした。
連絡をいただくたびに身が縮む思いでした・・・。

当日は新幹線を使っての出張と奥様には説明されていました。
しかし、実際にはご主人は新宿駅で降りたのでした。

何処かで主人を信じたかったのです。
山手線も、地下鉄が嫌いなんだ、と思おうとしました・・・。

女性と合流し、ロマンスカーに乗ったとご報告したあたりから、奥様のご様子が変わられたと感じました。

・・・。

箱根湯本に到着し、旅館へのチェックインを告げた時、奥様が悲しそうな声で・・・

「結婚する前にデートで主人と行った旅館です…」って。

そうでしたね。

主人がロマンスカーに乗ったときから思い出していたんです。
とても大切な思い出だったので、ショックでした・・・。

このあとご主人は女性と1泊し帰宅されました。
この一連の調査結果から浮気の疑惑が確証に変わりました。

この時、奥様の出した決断は・・・。

はい。「離婚は意地でもしない」

このご決断を元に、更に調査し、女性の素性(氏名や住所)の特定、不貞の証拠(3回の宿泊確認)を調査にて立証しました。

主人は、「性格の不一致や価値観の相違」で離婚の申し立てができると言っていました。
だから、法的に離婚を請求できなくするために調査をしましょう、というアドバイスをもらってお願いしたんです。

ご主人が「有責配偶者」となれば、離婚請求はできなくなります。
弊社、提携弁護士に依頼して浮気相手の女性に対する慰謝料請求をすることにしたんでしたね。

はい。最終的に私の希望通りになりました。
その節はお世話になりました。本当にありがとうございました。

Aさんありがとうございました。

まとめ

浮気や、不倫がわかった時、その事実に向き合うことがなかなかできず、どうしたらいいのか、どうしたいのか悩まれる方が多い中、Aさんの要望は明確でした。
その強い意思があったからこそ、ご要望通り、法律的にご主人からの離婚請求は一切認められない状況に持っていくことができたのです。

Aさんのようにはっきりと『離婚はしない』と明確なご意思を最初から持たれる人はそう多くはありません。
ご依頼者様のほとんどが、悩まれ、苦しまれ、見えない出口を手探りで探しています。

そんなご依頼者様の気持ちをサポートし、進むべき道を示す一つの手段として、調査があります。
浮気探偵リザルトの電話無料相談なら、じっくり話を聞いてもらうことも出来ます。

今後どうしたらいいのか考えた上で、何を最優先させるべきか、一緒に考えてくれるのです。

探偵社のリザルトは、調査終了後のアフターフォローサービスとして、弊社提携先の離婚問題や夫婦問題に強い弁護士の無料紹介や、修復を希望されている方へは、カウンセラーの紹介などを行っています。
経験豊富な相談員が問題解決まで専任となり、何回でも無料相談することが出来るというのは心強いですね!

夫や妻の浮気や不倫でお悩みの方を早期に問題解決するための安心で低予算の浮気調査!

今なら、浮気調査キャンペーン実施中の

浮気探偵リザルト

 

画像出典

作者による作成

イラストAC

作中画像出典

フォトAC 

フォトAC

イラストAC

イラストAC

フォトAC 

フォトAC 

フォトAC 

 


この記事を書いた人
ライターネーム:DECK
探偵モノをこよなく愛する永遠のティーンエイジャー。
松田優作に憧れてパンチパーマをかけたことがあるのは黒歴史。