〇はじめに

このところ夫婦仲がうまくいっていなくて、夫の様子がよそよそしい。妻の様子が変だ。こんな悩みを抱えているご夫婦は多いはずです。不倫を疑いだしたら、疑心暗鬼になってしまい、妄想が妄想を膨らませて膨張し続ける。

そうなる前に、白黒はっきりさせて、早いとこスッキリさせましょう!というのが今回のテーマ。

芸能界だけでなく一般人の間でも不倫がかなり増加しています。相模ゴム工業株式会社が行った調査によると、既婚男性の5人に1人が、既婚女性では4人に1人が不倫経験者だという結果が出ています。疑心暗鬼や妄想どころか、その辺にごろごろ転がっている現実だったんですね。

今回は疑心暗鬼に陥り、浮気専門の探偵社を使って解決できた2つの事例を紹介しながら、不倫調査の実態や、解決方法、不倫調査にかかる料金などについて、調べてみました。

 

〇ご主人の不倫を疑っていたAさんの事例

Aさんは、サラリーマンのご主人と2人の子供の4人家族。上の子供は女の子で、現在高校生。多感な時期で家族との会話は少なめ。下の子供は男の子で、中学3年生、勉強よりもスポーツが好きでサッカーに熱中している。休日には父親とよく釣りに出かけることがあったけれど、最近は少なくなってきた。

サラリーマンのご主人とはかれこれ20年くらい前に職場で知り合い結婚。ご主人はまじめな性格で、これまに夫婦喧嘩はほとんどない。会社でも人望が厚く、部下の面倒見も良い。

半年くらい前から、週末に行く泊りがけのゴルフが急に増えてきた。はじめのうちは、「管理職になり接待が増えた」という理由を疑いもしなかった。ところが、最近は、週末以外にも朝帰りが増えてきて、さすがにAさんも不倫を疑いはじめ、「浮気専門の探偵社」に相談した。

 

〇Aさんはこうして解決できました。

Aさんから情報提供してもらい、ご主人が週末のゴルフに出かける早朝から3日間、調査を実施する。ご主人はゴルフバックを愛車のアウディに積み込んで、意気揚々とゴルフ場へ向かう。その日の行き先は房総半島にあるゴルフ場とのこと。ところがご主人が向かったのはゴルフ場ではなくて、港区の瀟洒な街並みに建つ分譲マンションだった。

「浮気専門の探偵社」のスタッフが、ご主人が入って行ったマンションに張り付くこと3時間、ご主人と若い女性が手をつないでマンションから出てくる。後の調査で、その女性は会社の部下だということが判明。

動かしがたい証拠写真を目の前にして、Aさんは相当ショックを受けている模様。しかし、はっきりしたので気持ちの整理がついたとのこと。下の子供が大学を卒業するまでは何とか辛抱しようと考えていたけれど、やはり離婚することを決意する。

現在、浮気相手への慰謝料の請求と、離婚に向けて弁護士と相談している。

 

〇奥さんの不倫を疑って苦しい毎日を送っていたBさんの事例

Bさんは、奥さんと子供1人の3人家族。Bさんはサラリーマンで、奥さんはコンビニエンスストアで週に4日、午前8時から午後4時までパートをしている。最近奥さんの化粧が濃くなり、服装も派手になってきて、コンビニエンスストアのシフト以外の時間帯も外出することが増えてきた。

はっきりとした、不倫の証拠があるわけではないけれど、疑心暗鬼に陥って仕事に支障が出るようになったので、Bさんは会社の近くにあった「浮気専門の探偵社」に相談を持ちかける。

 

〇Bさんはこうして解決できました。

Bさんの依頼で、「浮気専門の探偵社」が2日間、奥さんが外出して何をしているのか調査する。その結果、子供のママ友とランチ会やお茶会に出かけていることが判明。調査書をAさんに差し出すと、安心した様子。念のためにあと1日だけ妻の外出先の再調査を依頼される。追加の調査でも奥さんの不倫の事実はなく、Aさんにそのことを報告する。

 

〇不倫調査ってどんなことを調べるの?何に役立つの?

ラブホテルに入る様子を鮮明な画像で撮影し、出てくる様子も逃さずに撮影します。不倫調査は、不倫現場の動かぬ証拠写真を撮影するなど、不倫の事実を証明できる証拠の収集が主な業務です。ほかにも、食事をしている様子や手をつないで歩く様子などを撮影して、不倫の関係性を示す証拠を収集します。

調査員として10年以上の実績経験を持つベテランが調査にあたり、離婚問題に強い弁護士事務所と提携しているので、離婚法廷で証拠となりうるハイクオリティな調査報告書の作成が可能です。配偶者の不貞行為が実証できると、有責配偶者として認定されます。有責配偶者からの離婚申し立てはできず、依頼者が望むタイミングで離婚でき、慰謝料なども勝ち取ることが可能です。確実で正確な浮気調査を実施することで、有力な裁判資料の作成が行えます。

 

〇不倫調査にはどれくらいかかるの?

不倫調査にかかる料金は、調査員1名につき1時間あたり7,500円(税別)~となっています。また、調査に車両を使用する場合は、24時間10,000円(税別)の料金が加算されます。

不倫調査の案件を多数手がけた実績があり、また、弁護士事務との提携などもあるので、倫問題の裁判資料収集には定評があります。少しでも不安がある方は、気軽にご相談ください。相談は無料で24時間承っています。

 

〇まとめ

不倫を疑って、毎日を悶々として暮すなんてばからしい。早めに白黒つけて、慰謝料などを元手に次の人生に踏み出しましょう。不倫の調査は、不倫の有無を調べるだけでなくて、不倫をしているという確かな証拠を収集して、離婚の調停や裁判に備えるためのものでもあったんですね。

相談するのは無料なので、相談するだけでも気が楽になるかもしれませんね。悩んでいる方は、気軽に相談しましょう。


この記事を書いた人

ライター名:山下 玄

数々の不倫問題を解決してきた「不倫問題コンサルタント」
広告代理店にクリエイターとして勤務した後、コンサルティング業やフリーライターとして活動中。
悩みを持つ依頼者の立場に立った、コンサルティングに定評がある。