近年、様々なダイエット方法がブームになっていますね。その中でも、特に女性の中で話題になっているダイエットが「ファスティング」です。数多くのアスリートや芸能人も実践して話題となり、今はダイエットだけでなく健康や美容のためにファスティングを行う人が数多くいらっしゃいます。

この記事をご覧になった方はファスティングに興味を持っている方だと思います。おそらく他のファスティング関連の記事も読んだことがあるでしょう。ファスティングの情報を集めていくと気付くと思いますが、ファスティングは「ある飲み物」とセットで語られることがほとんどです。

その飲み物とは…「酵素ドリンク」です。現在、ファスティングはほぼ「酵素ドリンク」とともに語られることがほとんどです。

しかし実は、酵素ドリンクを使わなくても「フルーツ青汁」を使うことで酵素ドリンクと同じようにファスティングを行うことは可能です。

本記事では、ファスティングダイエットにおいて、「フルーツ青汁」を使っても大丈夫!という理由についてお伝えしていきます。

巷で話題のファスティングダイエットとは?

出典:写真 AC

まずは「ファスティング」とはどういうものかについて説明します。ファスティングとは日本語で言うと「断食」で、文字通り「食べ物を断つ」という方法です。

それはいくらなんでもハードすぎる!と思いがちですが、実際は食べ物。飲み物を全く断つということではありません。

実はファスティングとはダイエットの手法というよりも健康法の一種であり、ある期間の間だけ食事の量を極端に減らすことにより胃腸を休ませてあげることが目的なのです。普段の食事は朝昼晩と3回食事を摂りますが、その状態では胃腸は24時間ほぼフル稼働状態となります。そんな胃腸を休ませることで本来持つ機能を向上させるのが目的です。

ファスティングの効果として挙げられるのは、宿便を排出させ大腸をきれいにしたり、代謝を向上させたりなどのダイエット効果のほか、免疫力を高めたり様々な病に効果があるとも言われており、非常に健康・美容効果の高いものであることがわかります。モデルや芸能人・アスリートがファスティングを取り入れるのも納得できますね。

そして、ファスティングの目的である「胃腸を休める」ために「酵素」が必要となるのです。

酵素ドリンクじゃないとだめなの?

ファスティングに酵素がセットである理由

なぜ胃腸を休めるために酵素が必要なのでしょうか?元々体内には「消化酵素」と「代謝酵素」という2つの酵素が存在します。消化酵素は膵臓から分泌され、胃腸を動かして食べ物の消化を促してくれます。現代の食事は油脂の多いものが多かったり、時間が無くて慌ただしく食事を摂ったりしますよね。そういう食事の摂り方は消化酵素をたくさん使うため、その結果体内デトックスのための代謝酵素を減少させてしまいます。

結果いずれの酵素も消耗し、消化不良や疲れやすい身体、そして代謝の低下で太りやすくなったりするわけです。

なのでファスティングを行う際には酵素を積極的に摂取することで、不足している酵素を補充し、かつ出来るだけ酵素を使わせず温存させることが出来るため、しっかりと胃腸を休めることが出来るのです。胃腸を最大限休ませるための要素として「酵素」が必要なのです。

酵素が豊富な青汁もある

じゃあやっぱり酵素ドリンクじゃないとダメじゃないの?と思う方もいるかもしれませんが、決してそうではありませんよ。もちろん酵素ドリンクはその名の通り酵素が豊富に含まれてるドリンクですが、実は青汁、特にダイエットに特化しているものが多い「フルーツ青汁」には酵素ドリンクに引けを取らないくらいたくさんの酵素が入っている商品が多く販売されているのですよ。

代表的な商品としては、今非常に話題の「めっちゃぜいたくフルーツ青汁」ですね。-10kgのダイエットに成功したモデルのぺこちゃんが現在も飲んでいるフルーツ青汁として今人気がある商品です。

出典:めっちゃぜいたくフルーツ青汁公式サイト

100種類近くの酵素が入っているフルーツ青汁が多いのですが、なかでもこの「めっちゃぜいたくフルーツ青汁」の酵素の配合量はダントツで多い181種類です!酵素ドリンクも配合されている酵素の数は100種類前後ですので、酵素の数はまったく酵素ドリンクに引けを取らないと言えます!

このようにしっかりと酵素が配合されているものを選べば、フルーツ青汁でもファスティングに重要な酵素を十分摂取することが可能なんです。

さらに、フルーツ青汁には更なる利点も存在します!

ファスティングにおける青汁の利点

ファスティング中は栄養を摂る手段がほぼ飲み物になるため、栄養価が重要になります。胃腸に負担をかけずに栄養素を摂ることがファスティング中の理想となります。

その点でフルーツ青汁は非常にメリットの多い飲み物となります。青汁の主原料は大麦若葉やケール、明日葉などの栄養価の高い野菜です。なので、青汁を飲むことでしっかり栄養を補充することが可能となります。栄養バランスの良い健康食品ですので、健康のための成分は十分に摂ることが可能なんですね。

また、ファスティングの敵となる空腹感に打ち勝つためには「満腹感」を感じることが重要なのですが、青汁には満腹感を感じやすい不溶性食物繊維が多く含まれているため、腹持ちが良い食品となっています。そのため、青汁は置き換えダイエットにも良く採用される食材となっています。

昔は「まずい」の代名詞とも言われるような青汁でしたが、最近の青汁はとてもおいしく飲めるものが多いです。特にダイエット特化のフルーツ青汁は非常に美味しく飲むことが出来ます。

毎日飲むものがまずいとストレスとなり長続きしませんので、味は非常に重要ですね!

このように「高い栄養価・満腹感を感じやすい・ストレスなく続けられる味」という更なるメリットを持ったフルーツ青汁は、ファスティングにももってこいの食材だったのです!

青汁を用いたファスティングの方法

出典:写真 AC

それでは、フルーツ青汁を用いたファスティングの具体的な方法をここでは紹介していきます。

ファスティングの基本は準備期間・断食期間・復食期間という3つの流れを行うことです。これをしっかり行わないと、ファスティングがうまくいかなかったり、リバウンドしてしまう恐れがあるのでしっかりこの3つは守りましょう。今回は多くの人が行っている「プチ断食」と言われる2日間のファスティングを行う際の方法を紹介します!

準備期間(断食期間開始2日前~)

基本的に準備期間はファスティングを行う期間と同じだけの日数行うのが良いです。この期間は徐々に食事の量を減らし、食事の種類もおかゆやみそ汁など、消化の良い食べ物に変えていきましょう。この期間を準備しないと急に食事を減らすことになるため、身体がびっくりします。当然味わう空腹感も大きくなるので、しっかりと身体に準備させましょう。

断食期間(2日間)

この期間は最も食事の量を減らします。と言っても、前述したようにまったく食事を摂らないというわけではありません。しかしながら、食事の中心はフルーツ青汁となります。

基本的には毎食フルーツ青汁を2~4杯飲みます。軽食を食べるときは2~3杯、それ以外は3~4杯が目安です。軽食は1日目は昼食のみ、2日目は昼食と夕食に軽食を入れるのが良いでしょう。食べるものはおかゆやスープなど、消化の良いものを選びます。

復食期間(断食期間終了後2日間)

減らしていた食事をこの2日間で徐々に通常の食事に戻していきます。実はこの時期が一番重要で、この期間でつい食べすぎてしまうと身体がぐんぐん吸収してしまい、リバウンドを引き起こします。高カロリーなものは避け、まずはフルーツ青汁1~2杯とおかゆ、みそ汁などの軽食から始め、徐々にサラダを足したり、白米に変えていったりしながら、普段の食事に近づけていきましょう。

ファスティングにはフルーツ青汁がおすすめ!

出典:pixabay

このように、わざわざ高価な酵素ドリンクを買わなくても、フルーツ青汁でファスティングを行うことが出来ます!まずは1~2日のファスティングからチャレンジして見て下さい。

最後にファスティングに向いているおすすめフルーツ青汁を紹介します。

ファスティングに重要なドリンクのポイントは以下の5つです。

  • 酵素がしっかり配合されている
  • 栄養が十分に補充できる
  • 満腹感が得やすい
  • 味が美味しい
  • 低カロリーである

これを踏まえて私が一番おすすめしたい商品はこちらです。

めっちゃぜいたくフルーツ青汁

出典:めっちゃぜいたくフルーツ青汁公式サイト

大麦若葉・クマザサ・明日葉・甘藷若葉の4つの青汁原料を中心に、12種類のフルーツと10種類のビタミンと非常に贅沢なフルーツ青汁です。前述した181種類の酵素は他社商品と比べても随一であり、さらにプラセンタ・セラミド・ヒアルロン酸の3大美容成分痩せやすい身体づくりをサポートする成分のヨガフルーツ・乳酸菌・イソフラボンも贅沢に配合しているという、まさに女性の美容・ダイエットのための青汁決定版のような商品です。

現在、定期購入だと初回購入680円となるキャンペーンが行われており、お得に買うことが出来るようです。定期購入が嫌な人はまとめ買いで安くなる特典もあるようです。

詳しくはぜひ公式サイトをチェックして見て下さいね。

 

フルーツ青汁で健康な身体を手に入れましょう!

 


この記事を書いた人
・ヒロ
・新人Webライターです。大学卒業後、健康食品を取り扱う通販会社に勤務し、お客様に対する対応や企画の仕事を通してたくさんの健康食品利用者と交流を行い、健康食品をより役立てて貰うための手助けを行っておりました。Webライターの仕事を開始後は、その経験を活かした健康系の記事執筆をメインに行っております。