この企画は、様々なジャンルの専門家の方を取材し、知識との出会いや仕事への哲学をお聞きするインタビュー番組となっています。

今回は第六弾ということで、ネイルモデルのマッチングサービスを行っている織田さんに取材させていただきました。

● ネイルモデルの紹介とは?どんなお仕事をされているのか?

● 今のお仕事を始めることになったきっかけの出来事は?

● マッチングサービスの面白さとは、どのような喜びを感じているのか?

などのお話を伺う中で、夢を実現したい人の応援をするというスタンスを貫き、どう関わっていくのかを真剣に突き詰める、織田さんの仕事への深い哲学がありました。

プロとして最前線で活躍される専門家の姿勢を、是非あなたも感じてみてください。

登場人物

 織田 孝 / takashi oda

ネイリストとネイルモデルをつなげるマッチングサービスを運営している起業家

 一年中インタビューばかりしているトリ

趣味はインタビューと子育て

 

それでは本編をどうぞ!

 

ネイルモデルのマッチングサービスとは?

 では、よろしくお願いします。

 よろしくお願いします。

  まず、どんな分野で専門家として活動されているのか、どういう専門分野なのかをお聞きして良いですか?

 事業としては、ネイルモデルの紹介っていうのをメインで運営しています。

 すいません、ネイルモデルって、、、何?という状況なんですが、ご説明いただけますか?

 はい。ネイルをしてくれるネイリストさんは分かりますよね?あのネイリストさんは皆さん、検定試験を受けるのですが、どの試験を受ける場合でも、必ず、モデルさんを連れて行かないと試験受けさせてもらえないんですね。

  そうなんですね。

 つまり、試験に合格する為には、同じモデルさんで練習を続ける必要があるんです。それから、爪であれば誰でも良いかっていうと、検定合格向きの爪とかいろいろあってですね。結局、(検定向きの爪をもつモデルさんを)みんなで取り合いすることになるわけです。

また、(検定の)さらに上、全日本チャンピオンとか世界チャンピオンクラスですと、年間契約で専属のモデルを抱え込んでいたりもするわけです。つまり、そのくらい(爪の)モデルっていうのは、特に日本の場合、非常に重要になってきてます。

  へえー知らなかった!なるほど。

 今まで、そういう検定モデルっていうのは、お友達とか知り合いにお願いしてという風にやってきてる人がほどんどだったんです。でも、トラブルが絶えないんですね。検定の練習ですから、デザインとか一切選べないし、ある意味、(モデルさんは)つまらないんですよ。

  はい。

 それで、モデルさんがだんだんやる気無くしたり、試験が近づいてきてネイリストさんがナーバスになったりとかで、仲の良い友達ほど喧嘩になっちゃうというのが問題としてあったんです。

  なるほど(笑)分かる気がする。

 ネイリストさんは、検定試験を受けるときのモデル選びが大変だと。そこで私が間に入って、(ネイリストさんからお金いただいて)モデルさんを紹介する、その仕事を始めたのが、4年半前ですかね。

今のお仕事を始めることになったきっかけの出来事は?

  織田さんがこのお仕事を始めようと思ったきっかけは何だったんですか?ネイルを好きだとか、女性だったらわかるんですけど、なにかきっかけはあったんですか?

 私ですね、6,7年前に、インターネットで内装工事の無料一括見積り、一括登録のサイトなどを運営していたんです。挑戦しようとしている人を応援したいなって気持ちがあって、起業する時の店舗の内装工事とかを、一括で見積もりして比較できたら便利だなっていう発想で。

で、そのサービスって当時は珍しかったんですけど、あっという間にマネされて、業者さんも乗り込んできて、紹介料も2、3%になってしまって。

もうどうにもならないって時に、どうにかしようと色々動いてたらですね、気が付いたんですね。結局、インターネットは手軽だけど、信頼してもらうまでに至らないんだと。

  なるほど。

 内装って、ネットで見積りは取るんですけど、実はいざ工事を頼む時って、もうお願いしたい業者って決まってる訳なんですよ。つまりね、内装工事が必要になる新規開業タイミングではなくて、その前の段階、つまり(事業主が独立する前の)修行中のところから業者として信頼関係を築いておかないと、受注には進まないってことがわかったんです。

  はい。

 で、他にも色々調べたら、ネイルサロンの開業だと、ネイリストさんがサロン勤めをしながら、勉強に1,2年かけて資格を取り、ようやく開業に至るっていう道筋が分かってですね。じゃあ、その人が修行中の生徒の時から付き合おうと思って。

それで、まず学校選びのサポート、どのスクールがあなたにいちばん適しているかっていうのから始めたんです。ネイルサロンスクールサポートっていう名前で。

  あ、なるほど。比較とか見積りサイトのノウハウとかが多少活かせるような感じですかね。ネイルサロンのスクールを探しやすくするサービスみたいな。

 そうです。でもね、いろんな事情があって、これは頓挫したんですね。

  なるほど。

 次は、どうしたもんかなと思った時に、検定試験でも、練習でも、とにかくネイルモデルさんが必要だけど、そのモデルさんが見つからない。うまい具合にシステムとして動いてないってのがわかってですね。

それで、無料登録のネイルモデルってのを集め始めたんですよ。そのうち、ボチボチ問い合わせが入るようになって、3年半前に道玄坂に事務所を借りたんです。

  マッチングをやってるってことですか?その事務所で。

 はい。ネイリストさんを4、5人呼んで、モデルさんを15人ぐらい呼んで、いっぺんに4組とか5組とか決めちゃうんですね。

  なるほど。ネイリストさんからすると、相性とか爪の感じとかを見て、この人がいいですって決める感じ。うまくマッチングできるものなんですか?

 そうですね。(検定)3級向き、2級向き、1級向き、それぞれのクラスによって、向き不向きの爪がバラけるのと、やっぱり相性っていうんですか、そのへんで(一人のモデルに集中せずに)上手く分かれるんですね。私が間に入ることもありますけども、結構な確率で成約していきます。

  ああ、なるほど!おもしろいですね。はじめて聞きました。

 今は、紹介したお礼をネイリストさんから頂いています。また、モデル代は、ネイリストさんが直接、モデルさんに渡すようにしてるんです。モデルさんは、ある意味自由なので、人によっては登録しておきながら、自分でも勝手にネイリストさん見つけてきたりする人もいてですね。ちょっと悩ましいところではありますけど。でも、雇用契約とかにはできない。

  そうですね。それやっちゃうと、人材派遣業に関係してくる。だから、ご紹介料みたいな形でいただいて、あとはよしなにお二人で決めてくださいという。

 ただ、自分で言うのもなんですけどフォローは手厚くしてます。モデルさんの態度があまりよくないとか、ネイリストさんがすごい厳しい人でモデルをやる自信がないとかっていうと、すぐ新しい次の人を無料で紹介するんです。こまめに。

だから、検定当日や検定前日のキャンセルって、やられると一発でこの仕事はできなくなりますけども、幸い、そのようなのはゼロなんです。

  なるほど。

 本当にみなさんのおかげもあるし、そこはよくフォローできてるかなとは思いますね。

マッチングサービスの面白さとは、どのような喜びを感じているのか?

  もともとは、ネイルの検定までにネイルモデルをやってくれる人を探す、安定した人を探すのが難しかったっていう課題があったってことなんですよね。

 そうですね。それで、あ、これは仕事としてはいけるなと。

  なるほど。相当ニッチというか、業界の細かい部分まで見て初めて、深い問題があったぞみたいな感じですね。

 美容師さんのカットモデルと似てはいるんですけど、全然違うのは、その検定までの間の人間模様というかですね、それが関わってくるってのがやっぱり。これを面白いと思うか、大変と思うかです。

  なるほど。

 それだけ、検定の内容が彼女たちにとって負担が大きすぎるんです。正直、ネイル検定を受けるネイリストは、よく体調を崩します。

  そんなにその試験自体がハードというか、めちゃくちゃ練習しないといけない。

 入れ込み方が半端じゃないですね。

  そうなんですね。みんなそんな苦労してたんだ。知らなかった。登録者は無料なんですか?

 モデル登録は無料です。

  なるほど。モデルに登録してくる方は、どういうニーズなんですか?

 モデルさんとしては、アルバイトにもなるというのがひとつ、あとは、ネイルストさんの役に立ちたいっていう方が多いんですよ。ネイリストさんの夢を実現するサポートをしたいと。そういうネイリストさんに対する尊敬とか憧れって、大きくて強いですよね。

  へえ!なるほど、応援したいという気持ちが強いんですね。ネイルが好きだ、応援もしたい、で、それが仕事になるなら是非やりたいっていう。プラス、揉めごと起こった時に、間に入って、新しい人を斡旋してくれる。そういうニーズがバッチリ噛み合ったという感じなんですね。すごい!(登録者数が)8000人?

 大阪も九州も含めて全部で8500人ぐらいですね。

  へー。やっぱりニーズがあったんですね。ネイルが好きでたまらない!とかじゃないのに、よくそこに行き着きましたね。

 真面目に考えてたのは、夢を実現したいって人の応援をするっていうスタンスで仕事はしたかったんですよ。それがたまたま、今ネイリストさんなんですけど、仕事としてやってて楽しいだろうなとは思ったんですよね。その通りでしたね。

  なるほど。開業したい人に関わっていくっていう路線は変わってなかったわけですね。で、ジャンルを絞った時にネイリストさんっていう世界で開業までを遡ると、勤務したり資格とったり生徒さんだったりっていう、何年もたぶん下積みと呼ばれるのがあった。

そして、その時に一番大きい問題として、検定を受験するためのモデルがいい人見つかんなかったり、トラブルで滅入っちゃったりするみたいなのが見つかったんで、そういう開業の支援から遡ってる感じなんですね。

 そうですね。遡ってますね。

 それはいい見つけ方ですよね。ビジョンに沿って周辺でニーズを探していく。

 あとね、自分でサロンを開業して、その時に一緒に働いてくれるスタッフを紹介してくれってまた、こちらに話がくるんですね。就職斡旋っていうまた新しい仕事が出たりとかですね、

  結構深い付き合いになっていく。一番根っこから関わるから、どんどん広げていこうと思えば、本当に広がりそうですね。

 紹介って、一見、簡単そうに見えるらしいんですね。だから、マネされるんですよ。丸パクリもありましたが、1年もたなかったですね。かなり手離れが悪い仕事なので、続けていくのは難しいのかな。

  そうですよね。マッチングって仕組みだけ見るとすごく簡単そうなんですけど、結局、最後の競合優位性というか、競争力って、人のパワーによるところが意外と大きいから。簡単に真似できなかったりしますよね。

 だから、ビジネスとしてはどうかなという気もしないではないですけどね。

  愛情とか熱意がないとできない部分でもあるし、でもそれがあると、次の仕事につながっていったり、縦が伸びていったりすると思うんで、ある意味独占してるような状況ですよね。

 そうですね。

  おもしろい。ネイル業界ってやっぱり女性が多いなかで、織田さんって一体どんな経緯でたどり着いたのかなとか、いろいろ結構気になってたんですよね。知れてよかったです。ほかにも面白い話がいっぱい、特に人間関係はありそうですが。

 ええ、まぁ。その辺はいろいろサイトにも、コラムっぽく書いてたりするので。興味のある人は是非。

  そうですね!サイトもご紹介させていただきます。こちらです↓↓

ネイルモデル募集 ネイルモデル紹介 | ネイリストとネイルモデルをつなげるサイトです

ネイリストさんからの喜びの声などもたくさん掲載されていますね!

 そうですね。お客様の中には、「最初に妹さんにネイルモデルをお願いしていたら、大喧嘩になってしまったのが、このサービスのおかげで無事に合格できました!」とか、そういうケースも多くて。

やっぱり頑張って試験に合格したい!と練習をしているネイリストさんには、人間関係とかのストレスはできるだけ少なくして、試験に望んで欲しいなって思いますね。

 頑張ってる人を応援する!というスタンス、とても素敵だし、個人的にも好きです。私も織田さんをこれからも応援させていただきます!

 ありがとうございます。うれしいです。

 では、本日は織田さんにお話を伺いました。ありがとうございました。

 ありがとうございました!