離婚・・・した方がいいのかな?

そんな風に悩んだ時、あなたは誰に相談したらいいんだろうって悩みませんか?

親友?
母親?
それとも公的機関などの全然知らない人に聞いてもらったほうがいいのかな?

相談と言っても事情は様々で、誰に相談したらいいのか悩みますよね?

そんなあなたのために、離婚の先輩に誰に相談したのか、相談に失敗しないためのアドバイスをいただきました。

離婚はとてもデリケートな問題です。
その問題をよりよい形で解決出来るお手伝いになれば幸いです。

登場人物

 離婚経験者のTさん

 インタビュースタッフ

離婚したい、と考えるようになった時。

今回は離婚の経験のあるTさんに、離婚を考えたときのお話を聞いてみたいと思います。
離婚を考えたきっかけは何だっだのでしょうか?
結婚3年目で、旦那の浮気が分かり旦那が浮気相手を選んだので自分の両親と旦那の姉に離婚の相談をしました。
ご両親はわかりますが、ご主人のお姉さんにも相談されたんですね。
はい。子どもが二人おり二人目は一歳にもならずでしたので、離婚するか悩みましたがどう考えても結婚生活を続けることが難しかった状況でした。
離婚の決意は半ば固まっていたのですね。
私の両親も旦那の姉も離婚には最初は反対していましたが、冷めきった生活が子どもに影響があると考え両者とも納得してくれました。
なるほど。
離婚する際に、旦那の姉に事情を説明したので旦那の両親には旦那の勝手な内容だけが行くこともなく、私の立場を理解してもらえたので良かったです。
これは確かに大切なことですね。両親は自分の子(=旦那)の話を信じようとしますものね。
はい。その後、私の両親は養育費や慰謝料について学び、離婚調停を行う前に様々な知識をもらったので納得のいく離婚調停ができました。
事前に調べてくれる人がいるのはとても心強いですね!
これから離婚する人に、相談する時のアドバイスを頂けますか。
離婚する時は、相談という形で相手の家族の誰かを味方につけると良いと思います。また、離婚調停をする方は離婚調停に詳しい情報をお持ちの方に相談すると非常に有利だと思います。
Tさんありがとうございました。

今回は他の経験者の方にも成功体験談を頂いています。そちらもご紹介しますね。

離婚の相談相手別:うまくいった人はここに気をつけている!

ご自身のおかれている状況によって相談する相手、相談の仕方などが変わってきます。
そんな相談相手別に先輩の経験談を聞いてみました!

友達に相談

(先輩の体験談)元旦那の友達にも相談。いろいろ助けてもらえた。

子供が生まれるたびに浮気をされ、反省するどころか挙げ句の果てに借金だったので、親に相談した時、離婚を勧められました。
うちの親からお金を借りておきながら、1円も返さないし、会う機会があっても1度も借金のことで謝ることもしないので、半ば呆れてました。なので元旦那をかばうこともしませんし、離婚した方が幸せになれると言われました。
友達もみんな私の味方でしたし、元旦那の友達もみんな元旦那の事を見放していました。後で聞いた話ですが、友達でお金を貸した人もいたそうですが、返して貰えなかったそうです。そんなことをしていれば、みんなが離れて行くのは当たり前ですね。
私は、元旦那の友達にも相談していましたので、みんなが状況を知っていたので、いろいろ助けてもらえました。

身内に相談

(先輩の体験談)仕事に身の入らない事が気がかり、という母親のアドバイス

夫の浮気が発覚したことと、仕事への姿勢が原因で離婚しました。昔は熱心に職場へ行っていたので安心していたのですが、ある時から妙に無気力になったうえ、こちらに相談もなしに夜出かけたり頻繁に電話をしていました。明らかに相手が女性だと分かる会話がしっかりと耳に入ってきたため、両親(特に母親)に相談しました。
母親は浮気のことよりも仕事がおざなりになっていることのほうが気がかりだったようで、そうやって仕事をこなさないどころか別の女を追いかけまわしているような男は、この先一緒にいてもろくなことにならないだろうと言われました。離婚することに不安もありましたが、親の後ろ盾があると思うと離婚を切り出しやすかったです。
友人などでもいいとは思いますが、やはり親身になってくれるのは親だと思います。もし本気で離婚を考えるなら、親に相談するのがベストでしょう。

(先輩の体験談)身内に相談した結果、弁護士を頼むことに。

元夫からのDV、強姦を理由に別居しました。
自分の身の安全のために両親に相談していたので、すぐ弁護士にも相談するように言われ、父と一緒に相談に行きました。
弁護士には、子供の親権や、面会交流についてや、今後の生活費や慰謝料の話を相談しました。
最初は協議離婚を求めましたが、元夫が拒んだため、調停離婚に至りました。
結果的には親権は私がもらい、生活費や慰謝料などの話もすぐまとまりました。
調停の申し入れをする前に、何度も本やネットで離婚についての知識を学びましたが、やはり弁護士に相談してよかったと思いました。
本などに書かれていることは、あくまでも人の体験談や法律の通りにいけばの話で、実際にはその通りになるんじゃないことを教えてもらったからです。
今から離婚をする方や考えている方、身内に相談するのもいいと思いますが、一度でも弁護士に相談することをお薦めします。地域によっては何回か無料相談をしてくれるところがあるはずです。
ぜひ活用してみてください。

母・友人、そして第三者の客観的な意見

(先輩の体験談)「自分の道を進みなさい」というアドバイスで一歩を踏み出せた

とにかく相手の事が嫌いになってしまいました。
相手に浮気や借金などの落ち度は全くなく、私が一方的に嫌いになってしまいました。
両親に最初相談しましたが、我慢しなさいで片付けられてしまい、次に友達に相談しました。
親身になって聞いてくれました。
自分の人生なのだから我慢して生きて楽しいのか?と言われた時、あー離婚して良いんだと心が軽くなりました。
相手に何も悪い事がないのに離婚したいと言うのはとても気が引けましたが、嫌いになってしまったものは仕方がないです。責められるのも恨まれるのも覚悟で離婚を切り出しました。
それでも悩み体調まで崩して病院通いしましたが、その時の医師にも「自分の道を進みなさい」と言われ、色んな覚悟ができました。
親に相談するよりも冷静に考えてもらえる第三者に相談すると良いアドバイスがもらえると思いました。

(先輩の体験談)全くの他人の客観的な意見が後押しとなった

私が相談して良かったと思ったのは、母親、親友、荒れていないきちんとしたネットへの投稿、です。
母親、親友は私を本当に心配してくれる、興味などで話を聞く人間ではありません。そのため、いかに危機的状況にあるかをすぐに察してくれました。あのまま相談せずにいたら、もしかしたら我慢し続け鬱になっていたかもしれない。私の表情の違いにいち早く気づいてくれました。自分でも気づいていなかったのに。その後夫と離れ、時間をかけて円満に離婚しました。
今は、久しぶりに会う友人に、「なんだか前はどうしちゃったの?と思ったけど、前に戻ったねー!」と度々言われます。離婚は避けたかったけど、今はストレスもなく、離婚して良かったと思います。
また、ネットでは私を一切知らない人から、冷静かつ客観的な意見が聞けたので、自分が感じていることは間違いではなかったんだと自己肯定することができました。これは本当に良かったです。本当に切羽詰まった状況にいると、自分の判断が正しいのかさえ分からなくなってくるので、ネットへの投稿はオススメです。但し、荒れている掲示板ではなく、良識ある方が集まる掲示板にしてください。

相談しない、という選択もあり

(先輩の体験談)結局決めるのは自分自身

私は離婚にあたり誰にも相談していません。
実際決断するのは自分だし、わたしの気持ちは自分にしかわかり得ないからです。
でも、このように自分一人で決断したのは正にこの離婚が原因なのかもしれません。
そもそも離婚に値する原因がいくつもありました。
10代でできちゃった結婚をし、どうせ離婚するだろうと報告した人全員に言われたのが悔しく、なにがあっても離婚はしないと決めていました。
大概の事は我慢できました。
でも一つ目の大きな壁は浮気でした。
ただの浮気ではありませんでした。
相手はわたしの家族でした。
それを知らなかったのはわたしだけでした。
それから人を信じられなくなりました。
それでもその時は離婚はしませんでした。
そして二つ目の壁。
とうとうわたしだけでなく、子供にまで手を挙げ出し、わたしの意地を通している場合ではない、と離婚を決意しました。
経験者に相談する人、お金があれば弁護士に相談する人も正しいし、友達や家族に相談するのもいいと思います。
でも結局最後に決断するのは自分だということを忘れないでください。

まとめ

今回は離婚しようと考えた時に誰に相談をするか、経験談をご紹介しました。

人によって状況も違えば、その後の結果も違います。

先輩の経験談を参考にして、あなたに合った方法を見つけてくださいね。

ちなみに、離婚後、不要になった結婚指輪・婚約指輪は捨てたりせずに新生活の糧にしちゃいましょう!

テレビなどに特集されている会社なので安心して売れる。
母子家庭なら買取価格10%UPサービス中です。

結婚指輪と婚約指輪専門の買取りサービス「リングオフ」

 

画像出典

イラストAC

イラストAC

イラストAC


この記事を書いた人
ライターネーム:しおり
自身も離婚の経験を持つシンママ。
やんちゃな男の子2人を抱えながらなんとか生活しています。
最近の楽しみは、子どもと3人でドライブやキャンプに行くこと。