出典 写真AC

もう離婚してやる!!

度重なる夫の浮気に耐えかねた妻は、「離婚してやる!」そう叫びます。
相手の女からも、もちろん夫からも慰謝料をたっぷりともらいたい。
そう思うのは当たり前のことです。

しかし、実際に離婚して慰謝料を手にするまでは、段階を踏まなければなりません。
どんなことが待っているのでしょうか。

まずは証拠集め

夫の不貞を証明するためには、まずは明確な証拠が必要です。
スマホにでもその証拠がバッチリ残っていれば簡単なのですが、世の中そんなに甘くありません。

離婚を切り出す前にしっかりとした証拠を手にする為には、探偵を雇うという手段があります。
しかし、思い切って探偵に依頼すると・・・びっくりするような金額が飛んで行ってしまいます。
なぜなら、ほとんどの探偵が時間でお金を取っているからです。
一日で浮気の証拠がつかめればいいのですが、大体が何日もかけての調査になるでしょう。
数時間でも回数を重ねていけば、金額は跳ね上がります。

それでもプロに頼るのが確実で、一番の近道です。

弁護士に依頼

さあ、証拠が手に入ったら今度はいよいよ夫を追い詰めていきます。
でも素人である妻がいくら頑張ってものらりくらりと逃げられてしまうかもしれません。
いくら証拠があっても「俺は悪くない。お前が妻としてちゃんと俺を支えていなかったからだ」なんて言い張る場合もあります。
呆れてしまい、口を聞くのも嫌になってしまうことでしょう。

そんな時も、やはりプロである弁護士に頼るのが一番です。
当人同士の話し合いで、感情的になってしまいこじれてしまうことも避けられます。

でも、やっぱりここでもお金が、羽が生えたかのように飛んで行ってしまいます。
大体の弁護士は初回相談を無料に設定していますが、着手金、成功報酬など次々にお金がかかるものです。

被害を受けたのは妻なのに、お金がどんどん飛んで行くなんてこんな理不尽なことはありませんね。

さあ、慰謝料をもらいましょう

離婚まであと一歩。
慰謝料の相場は200万から300万と言われています。
でも、これは不貞の内容や、支払い能力などによって随分と変わってきてしまいます。
つまり、夫の稼ぎが少なかったり相手の女も資産がなかったりする場合は、スズメの涙ほどしかもらえないこともあります。
なんともやるせない現実ですね。

でも、愛のない結婚生活を続ける意味はありませんし、ここまでしっかりと進んできたならばもう後戻りはしないはずです。
思い切って新たな一歩を踏み出す時です。

残ったものは

離婚が成立して妻に残ったものは、使い古した家具・家電と少しの慰謝料。
そして婚約・結婚指輪です。
一人分の荷物がなくなっただけで、なんだかガランとしてしまった部屋で、一人指輪を見つめることでしょう。

指輪をはめてもらった時はあんなに幸せだったのに、今となっては楽しい思い出なんか一つも浮かんでこない。
裏切られた苦い記憶だけが蘇ってくる。
指輪に罪はないのに・・・。

こんな時他の人はどうしてるんだろうか?
やっぱり、海に投げ捨てる?
今までの思い出と一緒に?

なんだかそんなセンチメンタルな行為もバカらしく思えてくる・・・。

指輪の内側には二人のイニシャルと、結婚記念日。
こんなのが入っていたら、売れないよなー。
誰もが思うことですね。

嫌な思い出はお金にしてしまいましょう

不貞の証拠はプロの探偵に頼みました。
離婚の話し合いもプロの弁護士に頼みました。l

では、その指輪もプロに任せましょう。

え?そんなプロはいないって思いますか?

いえいえ、ちゃんといるんです。

結婚・婚約指輪の買取専門店
その名もRING OFFです。

☆イニシャルが入っていても買取金額は値引きされません。
☆無料査定なので安心です。
☆宅配キットに入れて宅配の人に渡すだけでOK。

宅配キットで送るだけなのでとても簡単、だから、離婚が成立するまでに疲れ切った人でも何も苦労することなく査定を受けることができます。
結婚・婚約指輪の買取専門店だからこそ、離婚で疲れ切った人々の気持ちがわかり、寄り添ってくれるのですね。

あなたのもらった慰謝料がスズメの涙だったとしても、その指輪が大きな糧となるかもしれません。
一歩踏み出す力をもらえるはずです。
幸せをつかむためには、やはりお金が大切なのですから。

さあ、今すぐアクセスしてその目で確かめてみましょう。

RING OFF

あなたの幸せがすぐそこに待っています。