企業出版が流行する理由

企業が書籍の出版によってブランディング効果を狙う時代です。
あなたの会社が、まだこの方法に懐疑的で手をつけていないのでしたら、
ぜひこの記事を読んでいただければ、その方法の優位性に気づき、
さっそく企業出版のプロジェクトチームを発足することになるでしょう。

最近では、この企業出版を請け負う出版社もかなり増えています。
試みに、「企業出版」というキーワードによって、ネット検索をしてみてください。
たいへん多くの広告記事が目に入ることでしょう。
つまり、それだけのニーズが高まっている状況であるということです。

企業出版を考えている企業がたくさん存在しているのです。

(出典:pixabay

 

企業出版の主な目的

企業出版の最大の目的は、ブランディング効果です。
これがうまくいけば、企業の信頼度や認知度は上がり、
それが集客力アップ、売上げアップにつながることでしょう。

また、採用や教育などの社内人事政策にも好影響を与えます。
これだけメリットがあるからこそ、多くの企業が、
企業出版を真剣に検討しているということなのです。

また、容易に想像はつくかと思いますが、
企業出版によってできた書籍は、強力な営業ツールとなります。

書籍をきっかけとして、新規顧客を開拓できるのです。
信頼度のアップによって、リピーターも増えるでしょう。

これだけの効果が見込める企業出版ですから、
コストパフォーマンスを見積もっても、
大きなお釣りがくることは間違いないでしょう。

それでは、実際にプロジェクトチームを発足させる前に、
もう一つ踏み込んで企業出版を検討してみましょう。

(出典:pixabay

 

企業出版の検討材料

電通PRの企業広報戦略研究所『第2回 企業広報力調査』
によると、広報力業種別トップ3は、
1位「電力・ガス」
2位「運輸・倉庫」
3位「食料品」「金融・証券・保険」
となっています。

これら上位にランクされた業種の内容を見ると、
とりわけ「情報発信力」の高さが目立ちます。

(参照:「電通PRの企業広報戦略研究所が 『第2回 企業広報力調査』結果を発表」

 

そこで、情報発信力として、有効な方法、
つまり企業出版の検討が必要になってきます。

世の中の情報発信ツールの中で、
最も信用度の高い書籍を使うことで、
悩みや希望を直接的に解決できるからです。

企業出版を効率よく進めるための検討材料を挙げると、
以下のようになります。

●実績ある編集者のバックアップは?

書籍の出版工程は、とても複雑で

プロフェッショナルな仕事です。

企画・取材・原稿作成・デザイン・校正・製本。

これらを進行管理する人材も必要です。

したがって、編集者の能力が、完成度に大きく影響します。

 

●出版イベントは無料で開催できるか?

無事に書籍が出版できたとしても、それで終わりではありません。

今度はそれをツールとして有効活用しなければいけません。

セミナーやイベントなどを開いて、積極的に認知度を上げます。

 

●相乗効果を見込める広告は可能か?

さまざまなメディアとのコラボやタイアップなど、

出版物の広告を効果的に打つことが重要です。

 

●店頭でのサービス展開は充実しているか?

書籍ですから、当然、書店に並ぶわけです。

流通、書店との協力体制が欠かせません。

その営業力をチェックしましょう。

 

●書籍にとどまらない商品ラインナップは?

今や、書籍は紙媒体にとどまりません。

電子書籍や小冊子などでも提供可能なわけですから、

有効な媒体戦略を選択することができるかどうか。

 

●継続的な集客サポートがあるか?

書籍出版を契機として、売上伸長を図りたいわけですから、

集客サポート、コンサルティングをしてくれるような、

サービス体制の充実度が求められます。

 

●24時間対応の相談サービスがあるか?

いろいろと相談したいことは、次々と出てくるものです。

そんな相談に、24時間体制で応じてくれるなら、

ありがたいことですよね。

 

●相談は何度でも無料であるか?

相談員は、信頼できる相手であるかどうか。

そして、その相談員とは、何度でも気軽に相談できる、

無料でできるようになっているか。

 

●コストは業界最安値の水準であるか?

気になるのは、費用のことです。

最近は、企業出版を扱う業者も増えていますから、

競争は激化していますが、その中でも、

最安値といえるくらいの水準であるのかどうか。

 

●印税が受け取り可能か?

企業出版では、印税契約というのを、

結ばないことが多くなっていますが、

それが契約できて、印税を受け取れるようになっているか。

 

以上の項目を、じっくり比較検討してみることです。

 

せっかくの事業なわけですから、時間も費用も、

無駄にするわけには、いきません。

 

すべての検討項目をクリアしているところをご紹介しましょう。

以下のURLをクリックすることによって、

企業出版の検討作業がスタートできることでしょう。

⇒ https://cm-marketing.jp/lp/normal/pc/index.html

(出典:pixabay