出典:イラストAC

 

2020年東京オリンピックの開催に伴い、施設の新設やインフラ整備等で建設需要が高まり、明るい未来が予想できる建設業界、少子化による働き手不足で働き手に対する需要が減ることも考えられません。

 

そんな建設業界で現在働きながら、転職を考えているかたに建設業界でさらなるステップアップするための2つの方法を解説します。

 

 

施工管理士の取得で転職にいかす

 

どんな仕事も資格取得によって仕事の幅が広がり、より仕事のやりがいを感じるようになります。

 

働きながら資格取得をすれば転職にいかすことができます。

 

施工管理士は建設業界で仕事にいかせる資格の一つでいくつかの種類があります。

 

・建設機械施工技士

・土木施工管理技士

・電気工事施工管理技士

・建築施工管理技士

・管工事施工管理技士

・造園施工管理技士

 

資格は1級と2級があり、学歴や経験年数などで細かい受験資格が決まっています。

 

施工管理士の資格があると建設機械、土木、建築、電気、管工事、造園の現場において工程管理、安全管理、品質管理を行う現場監督として働きやすくなります。

 

転職の際に資格者が優遇されることもあります。

 

仕事に対する責任が増して多くの人と関わりながら仕事をするのでやりがいが出てきます。

 

資格取得には勉強が必要ですが、その勉強が仕事にいかせるので転職後に役立ちます。

 

規模の大きい仕事ができるところへ転職

 

現状の仕事に満足していないなら規模の大きい仕事ができるところへ転職することでステップアップに繋がります。

 

仕事の大きい小さいで重要度が決まるわけではありませんが、やはり規模の大きい仕事は気持ちも入りますし終わってからの達成感も違います。

 

同じ建設でもオリンピックの競技場建設に携わるのと地域の道路の建設ではモチベーションが変わります。

 

また、規模の大きな仕事をやりきると自分の自信にも繋がります。

 

ただ規模の大きい仕事に携わるには個人の力では限界があります。

 

所属する会社の規模や信用によって任される仕事が変わってくるので、ステップアップするためには規模の大きい仕事に携われるところへ転職する必要があります。

 

建設業界で転職を考えているなら

 

建設業界で転職を考えてステップアップをしたいと考えているなら資格取得から転職、規模の大きい仕事ができるところへ転職するという方法があります。

 

どちらも今後の仕事にいい影響を与えることになります。

 

最後に、建設業界で転職を考えているかたへ人材コンサルティングサービスの紹介をさせていただきます。

 

株式会社クリエイトワークスは建設業界の人材派遣、人材紹介、人事コンサルティング、転職支援を行っている会社です。

 

建設業界に携わるかたで現状の仕事に満足していない、ステップアップしたいと考えているかたはぜひチェックしてみてください。

 

現場監督専門の人材派遣・職業紹介・転職支援サービス

株式会社クリエイトワークス