出典:イラストAC

 

私たちが快適に生活するために必要な道路工事、河川整備などのインフラ整備に欠かせない土木施工管理技士の資格のことや仕事の内容、年収について解説していきます。

 

 

土木施工管理技士とは

 

特定の業種の技術を認定した施工管理技士の一つで国土交通省管轄の国家資格で主任技術者や監理技術者として施工計画の作成、工程管理、安全管理などを行います。

 

土木工事は資格がなくても行えますが、主任技術者や管理技術者などにステップアップするために必要な資格です。

 

資格は1級と2級に分かれています。受験資格は学歴や実務経験によってそれぞれ違います。

 

土木施工管理技士2級

 

土木、鋼構造物塗装、薬液注入に別れていて、河川、道路、橋梁、港湾、鉄道、上下水道などの土木工事においてそれぞれの主任技術者として施工計画、工程管理、安全管理などを行う技術です。

 

 

土木施工管理技士1級

 

河川、道路、橋梁、港湾、鉄道、上下水道などの土木工事で主任技術者、監理技術者として施工計画、工程管理、安全管理などを行う技術です。

 

 

土木施工管理技士の仕事内容

 

土木施工管理技士の仕事は道路、橋、ダム、堤防などのインフラ工事の現場監督で規模が大きい工事ほど欠かせないポジションです。

 

主に施工計画、工程管理、安全管理の3つの仕事があります。

 

施工計画

 

工事の発注者との打ち合わせを元に具体的な計画を作成します。

 

施工方法や安全管理、品質管理、環境管理、工程計画、材料についてなどの詳細をまとめます。

 

計画を作る作業や発注者との打ち合わせは情報処理能力やコミニュケーション能力が求められます。

 

工程管理

 

計画した工程通りに工事が進むように現場で状況を確認したり指示を出したりします。

 

規模の大きい工事は現場に大勢の人がいてその人たちを束ねるリーダーシップが求められます。

 

安全管理

 

現場で働く人が安全に働ける環境を整備、工事に伴い周辺への危険が及ばないか管理など工事を安全に進めるために危機管理能力が求められます。

 

土木施工管理技士の年収

 

土木施工管理技士の一般的な年収は300万〜500万です。

 

経験年数や仕事の規模によっては1000万近くの収入を得ている人もいるといいます。

 

まとめ

 

生活に欠かせないインフラ整備に関わる土木施工管理技士は少子化に伴い人手不足も懸念されていることから今後も需要が減ることはないでしょう。

 

資格の取得や経験を重ねることで年収アップも見込めるのでやりがいのある仕事です。

 

現在土木関係の仕事に携わっている方でさらなるステップアップを考えている方はぜひ資格取得にチャレンジしてみてください。

 

また、現状の仕事に満足していない方に人材コンサルティングサービスを紹介させていただきます。

 

建設現場監督に特化したクリエイトワークスは人材派遣、人材紹介、人事コンサルティング、転職支援を行っています。

 

建設業界で転職を考えているかたはぜひチェックしてみてください。

 

人材コンサルティングサービス

株式会社クリエイトワークス