出典:ぱくたそ自分の妻に限って浮気をしているわけがない。
こうお考えの男性が世に多くいらっしゃいます。
しかし、そういった盲目的な状態でいると、家庭の重大な変化を見過ごす羽目になるかもしれません。


1.浮気の兆候を知ろう


出典:ぱくたそ

疑って物を見ろ、とまでは言いませんが、その目を養うことで家族への気配りや反省に繋がるかもしれません。
知っておいて損のないポイント、有事の際の対処法をご紹介させていただきます。

1-1.会話が少なくなった


出典:いらすとや

結婚以前、結婚当初は多くの会話があり、その会話内容も弾んで、楽しいものだった。
でも、結婚数年後のいまは 事務的な会話だけの日が少なくない
たまに会話を試みるも、以前ほど弾まない。話題に対する妻の反応も鈍い。

 

そんな状態が日常的な場合、あなたは妻にとって興味関心の対象ではなくなっている可能性があります。
日々、事務的な会話しかしない・されない。そのような会話が面白いわけがない。
それが続けば、会話相手への興味関心が薄れていく。興味がないので会話もなくなる。別の対象へ興味関心が移る。

 

悪循環の果てが、浮気である可能性は大いにありえます。

1-2.携帯電話を肌身離さず持ち歩く、ロックをかけた


出典:いらすとや

以前まで、テーブルやソファに平気で置かれていた 携帯電話を手元から離さなくなった
ここ最近、携帯電話を開く際にロック解除から行っている。

 

こういった行為は、自己保身の心理から来るものです。
自己保身に走るというのは、携帯電話内に周囲に露見すると不都合なものが存在するため、手元から離れるのを恐れているということでもあります。

 

もし、このような行為を頻繁に見かける、目立つようになったという際は、その他の行動も注意深く観察する必要があるかもしれません。

1-3.あなたの予定を把握したがる


出典:いらすとや

会話にはさほど興味を示さないのに、あなたの週間・月間の予定については頻繁に聞いてくる。
あなた自身には興味関心が薄れているのに、 あなたの行動には興味関心を抱いている 。こんな状態は要注意です。

 

「鬼の居ぬ間に洗濯」という言葉があります。自分を監視しそうな対象・怖い対象がいない間に息抜きをするという意味です。あなたが留守、もしくは帰りが遅くなるのを把握した上で、浮気を行っている可能性があります。

1-4.自分の予定を事細かに話す

あなたの予定を聞いてくるといった行為とは、逆のように、 自分の予定を事細かにあなたに伝えてくる という状態も要注意です。
自分の予定をあえて伝えることによって、あなたの警戒心を薄くさせ、更にはあなたの行動を制限させるといった狙いがあるかもしれません。

 

人は誰しも、自己開示してくる相手には好印象を抱く傾向があります。この人間心理を知ってか知らずか、浮気をする人間は相手の心に猜疑心を生ませぬように働きかけてきます。
時には夫婦といえど、相手の言うことを手放しに信じるのではなく、疑問を抱く必要があるかもしれません。

1-5.友人(同級生)と会う予定が増えた


出典:いらすとや

いままで月に1~2回あるぐらいだった友人との付き合いが、急に週に1~2回に増えた。
回数が増える以前に、同窓会または勤務先の飲み会などがあった場合、怪しむべきかもしれません。
友人(同級生)と会う約束ではないにしろ、 外出頻度が極端に増えた 場合も注意しましょう。

 

妻にとっては、興味関心が薄いあなたと一緒にいるよりも、浮気相手と一緒にいた方が楽しいわけです。いろいろな理由を作って外へ出ようとするでしょう。

1-6.ファッションが変わった、新しい下着が増えた


出典:いらすとや

以前までと雰囲気が変わった、思えば 服装や化粧が結婚当初とは変わっている
あなたに対して興味を引くためという考え方もできますが、その場合、なにかしら気づいてほしい素振りを見せるはずです。そういった素振りがないのであれば、変わった服装や化粧は、浮気相手の好みに合わせているのかもしれません。

 

更に、下着なども見たことのないものが何点も増えたようであれば、事態は深刻です。

1-7.夜の営みに消極的


出典:Pixaday

病気・生理現象などの理由以外に、 夜の営みを断られる ことが多くなった。
これはあなたに対して、興味関心が薄いどころか嫌悪感を抱いている可能性さえあります。

 

人には、1人1人パーソナルエリアという対人距離が存在します。このパーソナルエリア内に、知らない人・親しくない人・嫌いな人が入ってきた場合、不快感が起こります。
夜の営みというのは、お互いのパーソナルエリアが機能していない状態で成り立つ行為ともいえます。したがって、このパーソナルエリアが機能している場合、前述のように不快感が起こり、その人物から距離を取ろうとします。

 

付き合っていた時、結婚当初、妻とあなたの間にパーソナルエリアはなかったはずです。
それがいまになって、どちらか一方にあるということは…。夫婦関係を今一度考える必要がありますね。


2.妻はなぜ浮気をするのか


出典:写真AC

浮気の兆候については前述した通りですが、そもそもなぜそんな行動をとるようになったのか。
つまるところ、浮気をする理由は一体なんなのか。

 

原因について知っておかなければ、何度でも同じことの繰り返し…といった事態になります。そのような事にならないためにも予防として浮気原因・理由について知っておきましょう。

2-1.女性が浮気をするのは寂しいから


出典:ぱくたそ

よく浮気女性の言い訳に「寂しかったから…」というフレーズを聞くことがあるかと思います。男性からすれば、なにを馬鹿な、とお思いになるかもしれません。
ですが、この言葉は女性側からすれば本心です。

 

女性が浮気をする理由は、孤独感によるものが多く、その埋め合わせとして浮気を選ぶ傾向にあるようです。あなた(男性)が構ってくれない、傍にいてくれないのであれば、浮気相手(男性)で、孤独感を埋めるというのは単純明快な方法といってもいいでしょう。

2-2.愛するより愛されたい、刺激がほしい

女性であれば誰だって心のときめきを大切にしていたい。
結婚した後でもこれは変わりません。好きな人から愛していてほしい、魅力的だと感じていてほしい、そのことをわかるように伝えてほしい。

 

正直面倒くさい…と思った人は注意しましょう。結婚する前はこの面倒くさいと思えるようなことも苦じゃなかったはずです。むしろ、そのことを伝えるのに一生懸命だったのではないでしょうか。

 

いつも傍にいるからといった状態でも、形だけ物理的に近いだけでは無意味です。そのことを伝えなければ、相手もわかりようがありません。
日ごろから感謝の言葉をかける、これだけでも妻にとっては、自分があなたに必要な存在なんだ、と気づくきっかけになります。恥ずかしくても、ぜひ愛情を口にしてください。その一言が日常の刺激になり、浮気をしようだとは思わなくなるはずです。

 

妻が浮気をしている・浮気を防ぎたい、と考えている人は、まずは自分自身の妻への態度・接し方がどうだったかを見直してみましょう。
浮気は決して許されることではありません。しかし、妻が浮気に至った経緯、妻と倦怠気味になっている理由、そこに目を向けることで、それ以上の悲劇は防げるはずです。


3.浮気に対する手段


出典:ぱくたそ

前述したように浮気は決して許されることではありません。
浮気をする前に、あなたと真剣に会話する・あなたに苦悩を打ち明ける・あなたと別れる、といった選択肢もあったはずです。にも関わらず、許されざる浮気を選んだのは相手です。

 

過去を振り返れば、あなたに非があった面もあるかもしれません。しかし、浮気(不貞行為)という法律違反を犯し、あなたに対して精神的苦痛を負わせた罪の言い訳にはなりません。
断固とした決意をもって、あなたの手で妻の浮気(不貞行為)に終止符を打ちましょう。

3-1.事前準備

でも、どうやったらいいの?
そんな声が聞こえてきそうです。

 

仮にあなたが、妻は浮気をしているかも、という想像の域を出ない状態であった場合、
即座に妻を問い質すのは得策とはいえません。
さらに言えば、確実に浮気をしているのがわかっていても、問い質すべきではありません。

 

というのも、確たる証拠がないかぎり、やったやってないといった水掛け論で終始する可能性が高いためです。
そのため、まずは妻の浮気行為の【確たる証拠】を集めてから、冷静に事に臨みましょう

3-2.証拠の集め方

証拠の集め方は、簡単に思いつきます。
妻の手帳、またスマートフォンを覗き見る。妻の行動をつぶさに観察し、外出時も見張る。

 

しかし、これらの方法というのは、一個人には限界があります。
集め方について簡単に思い浮かぶのと同時に、その対策についても簡単に思い浮かぶものです。

 

まず手帳に堂々と記入している事は稀でしょう。スマートフォンにはロックを掛けているはず。妻を観察していれば、あなたからの視線を感じ取り、証拠隠滅を図る。
これに業を煮やし、強硬手段にでてしまえば、それこそ相手の逃げる口実を作ってしまいかねません。

 

では、結局証拠を集める方法なんてないのか?
そんなことはありません。

 

調査・証拠収集のプロがいます。
それは 探偵 です。

3-3.探偵は大げさ?


出典:Pixaday

探偵なんて大げさな、事を荒立てず事態を収拾したい。
とお思いかもしれませんが、なら、なおのこと探偵に依頼すべきなのです。

 

たかが浮気に…と思うのは早計です。
浮気に対して、探偵を雇うというのは、なにも大層なことではないのです。
実際、妻・夫の浮気調査に探偵を利用する依頼者は年々増加傾向にあります。

 

あまりの依頼量の多さに、浮気調査のみを専門とした探偵社も存在します。
いまや浮気に対して探偵という手段を用いるのはごく自然といっても過言ではありません。

 

しかし、自分のケースに探偵が必要なのか?と疑問に思う方もいらっしゃいます。
そんな方のために探偵社では無料相談窓口が設けられています。

 

探偵を雇うべきかどうか・調査に対する疑問・依頼完了後について、どのような些細なことでも気軽に相談できます。

 

妻の浮気に悩んでいる、妻の浮気調査をしたい。
ぜひ、探偵社のご利用をおすすめいたします。


4.まとめ


出典:Pixaday

妻の浮気を疑う際に見るべきポイントは、あなたとのコミュニケーション・その際の言動・携帯電話(スマホ)の扱い方・外出頻度・服装の変化・夜の営み、などが挙げられます。

 

次に、なぜ妻がそのような行動をとるのか、といった点についても考えるべきでしょう。

 

最後に、どうすれば浮気に終止符を打てるのかという疑問については、探偵のよる調査という手段をご紹介いたしました。

 

記事中にご紹介した探偵社、
総合探偵社リザルト】は信頼の証「日本調査業協会」の正規加盟員です。
日本調査業協会とは、警察庁を監督官庁とする日本で唯一全国組織として公認された公益法人です。

 

必ずや、あなたの問題解決の力になります。