★実録・浮気ゴコロ

妻との結婚生活も5年を過ぎると、倦怠期。
私は、出会い系サイトで気の合った
若い女性との交際を始めた。
その女性とは、遠距離だったために、
もっぱら電話やらメールで、浮気気分を味わっていた。
しかし、交際も進んでいくと、どうしても会いたくなり、
出張という嘘をついて、ついに会うことになった。
電話やメールも頻繁になっていたので、
妻に気づかれないかと心配したが、
妻は普段と変わりない様子で私を送り出した。

(出典:pixabay)

★実録・浮気の実態

浮気相手とは、空港で待ち合わせをしていた。
お互いに写真を送り合っていたので、
違和感もなく、初めてのデートが始まる。
食事をして、ブラブラ街を歩いて、
夜になると、泊まるホテルを探した。
誰も知った人のいない街で、
自由に浮気を楽しんでいたわけだ。
小さなラブホテルにチェックインして、
二人だけの、甘い夜を楽しんだ。
妻との性交はしばらくしていなかったので、
私にとっても、激しく燃える夜となった。

(出典:pixabay)

★実録・浮気の調査

妻は、気づかないフリをしていただけだった。
女には、そんな恐ろしいところがある。
浮気旅行から帰ってひと月後のこと、
妻から、離婚を切り出された。
私の浮気の証拠も、同時に突きつけられた。
それは、探偵社の報告書だった。
私はナンダカンダと言い逃れをして、
離婚には応じようとしなかった。
離婚なんてする気はサラサラなかったし、
浮気は浮気なのだから。
しかし、妻は本気だった。
本気で離婚する気になっていた。
慰謝料も請求すると言った。

(出典:pixabay)

★実録・調停離婚

妻は、さっさと実家に移り、
私に離婚調停を申し立てしてきた。
こうなれば、応じざるを得ない。
何回か裁判所に通って、
結局、高額の慰謝料を支払っての離婚、
ということに同意せざるを得なかった。
浮気をしたのは事実だし、
その証拠はバッチリ調査結果に出ていて、
調停員の心証はそれで決していた。

(出典:pixabay)

★実録・腕利きの浮気調査

浮気ゴコロを知っていた妻は、
気づかないフリをして夫を見送りながら、
そのウラで探偵に浮気調査を依頼していた。
この妻の段取りも見事だし、
私の調査を実行した探偵の仕事も見事だった。
調査された私が言うのだから、間違いない。
そんなことに感心するのも癪に障るが、
本当だから仕方ない。
後から無理矢理に思い返してみると、
あの夜、ホテルを探し歩いていたときに、
目つきの鋭い男と目が合った。
彼が、探偵の一人であったような気がする。
そうでなければ、私を射るような、
蔑むような、確かめるような、
複雑な目で私を睨む必要などないだろう。
彼は私の表情まで視認して、
きっちりとした調査結果をまとめあげた。

 

妻から証拠として突きつけられた、
浮気の調査報告書には、
探偵社の名前が記されていたのだが、
その名を私は生涯忘れることはないだろう。

その報告書には、逃れようのない証拠写真、
正確無比な事実経過が事務的に記されていた。

悔しいけれど、その仕事ぶりを認めざるをえない、
その探偵社とは、コチラの探偵社です。

浮気調査を検討しているあなたに、
調査された私がおすすめします。

 


この記事を書いた人
・探偵に浮気調査されて調停離婚した男
・結婚5年後にデキゴコロから浮気したら、それを感知した妻が極秘裏に探偵社に浮気調査を依頼し、結局私は、慰謝料を支払って調停離婚することとなりました。ほんのデキゴコロですから、離婚する気などなかったのですが、調停時に示された浮気調査の報告書は厳然とした証拠と認められ、調停は終始妻のペースで進められました。しぶしぶ、という形で離婚に至った男の悲しくも哀れな物語です。