浮気調査

出典元:写真AC

探偵がやっている浮気調査と同じ方法なら、自分でも浮気の証拠を簡単に手に入れることができるんじゃないかな?この考えは半分正解で半分間違いです。探偵がやっている浮気調査を素人がやると、プロの探偵との技術・経験の差が原因で、相手に浮気調査がバレるリスクが高くなり、下手をすると状況がどんどん悪化してしまいます。

しかし逆に探偵にはできないような浮気調査の方法でも、家族や恋人であれば行うことができます。探偵がやっている浮気調査をそのまま真似るのではなく、参考にして自分で浮気調査を行うのもアリですし、あきらめて探偵に浮気調査を依頼するのもアリです。

本記事では、まず探偵がやっている浮気調査の内容を紹介し、自分で浮気調査をするための別の方法を提案しています。最後まで読んでいただければ、自分で浮気調査をするにはどの方法がベストなのか?やっぱり探偵に浮気調査を依頼したほうがよいのか?という質問の答えが分かると思います。

探偵の浮気調査方法①GPS

GPS

出典元:写真AC

探偵の浮気調査は、相手の行動パターンを把握するために、車や原付などの交通手段にGPS発信器を取りつけることから始まります。GPS発信器の大きさは直径5~10cm、重さは50~100g程度なので、車やバイク・原付の下にセットしても相手にバレることはないでしょう。

GPSによる行動パターン解析だけで、相手の1日の行動は手に取るようにわかります。例えば、残業している・仕事終わりに飲みに行くと電話やラインがあっても、GPS情報からどこかのマンションやホテルにいることが分かれば、浮気相手と密会していることが想像できますよね?

このように数日~数週間、GPS情報から相手の行動パターンをデータ化し、浮気している場所・頻度・時間帯がある程度絞り込めたなら、浮気の証拠を押さえるために次の段階の調査へと進みます。本格的な調査が始まるのはここからです。

自分で浮気調査するなら①自動車

自動車

出典元:写真AC

自分で浮気調査をする場合も、自動車を調べてみるのは有効な手段です。ダッシュボードに証拠があることもありますし、ガソリンの減り具合やタコメーターから走行距離を知ることもできます。カーナビがついているなら走行履歴を確認すれば完全に行動が把握できます。

もし自動車がこまめに掃除されており、証拠が見つからなかったとしても、掃除の頻度が以前に比べて明らかに多くなっていれば、証拠隠滅のために仕方なくマメに掃除をしている可能性が浮上します。

しかし、普段から車を使わない人が変な時間に車をチェックしたりすると、相手から逆に怪しまれてしまいます。あくまでも「自然」に、自動車を調べることができる人だけに有効な浮気調査の方法です。

探偵の浮気調査方法②尾行・張り込み

尾行

出典元:写真AC

GPSによる調査で相手の行動パターンが解析できたら、浮気の証拠を押さえるために尾行・張り込みを行います。浮気相手との密会し、手をつないでいるところ、食事をしているところ、ホテルやマンションへ入っていくところなど浮気の証拠となる写真はこの際に撮られます

さすがに探偵をつけられたら、相手に尾行がバレることもあるのでは?と思うかもしれませんが、全く気づかないことがほとんどです。尾行や張り込みが完全にバレるのは、ドラマによって植え付けられたイメージに過ぎません。

そして探偵もプロです。尾行する際はたいてい複数人で連絡を取りながら行い、自転車・自動車なども利用しますので、ずっと同じ人物が後をつけてくるなんて間抜けな尾行はしません。そして必要であれば、世界中のどこまでもターゲットを尾行して証拠を押さえます。

自分で浮気調査するなら②行動・態度

態度

出典元:写真AC

浮気を疑われている時点で、以前と比べて相手の行動や態度に変化があったのではないでしょうか?実際に、浮気をしている人がとりやすい行動や態度は以下の通りです。

  • 遅くなる・外出する理由をやたら話す
  • 帰宅時間が遅い、一人で外出することが増えた
  • 急に身だしなみを気にするようになった
  • 日常会話が減る・心ここにあらずという様子
  • 後ろめたさから、妙に優しくなる
  • 食事・趣味・音楽などの好み・興味の変化
  • キス・性行為を拒まれてしまう
  • コンドームなど避妊具の数が減っている
  • 携帯・スマホのガードが固くなった
  • 急にお金遣いが荒くなった

もちろん習い事や副業を密かに始めて帰宅時間が遅くなったり、交友関係や読書の影響で好みや興味が変化したり、体調不良から性行為を拒んでいるなど浮気ではないケースもあります。

ですがこれらの項目がいくつも当てはまる場合は、浮気である可能性が高くなる傾向があります。感情的にならず、客観的に相手を観察することが浮気調査では大切です。

探偵の浮気調査方法③盗聴はしない

盗聴

出典元:写真AC

探偵と言えば、相手に盗聴器を仕掛けて証拠を掴むというイメージがあるかもしれませんが、自宅以外での盗聴は違法行為になりますので探偵が相手に盗聴器を仕掛けることはありません。

じゃあ盗撮は大丈夫なの?と思いますよね?しかし、盗撮が違法となるのは主に「迷惑防止条例」もしくは「軽犯罪法」の2つのケースに違反した場合です。「迷惑防止条例」違反は、簡単に言うと服で隠されている下着や身体を撮影すること。「軽犯罪法」違反は、風呂場やトイレなどに隠しカメラを設置することなどです。

街で手をつないで歩いている様子・ホテルやマンションへ出入りしている様子など浮気の証拠となるような場面を盗撮しても、よほど悪質でない限りは合法の範囲内と判断される為、探偵は浮気の証拠として写真を撮影することが多いのです。

自分で浮気調査するなら③携帯電話・スマホ・パソコン

携帯・スマホ・パソコン

出典元:写真AC

携帯電話やスマホ・パソコンには、浮気相手の連絡先・メールやラインでのやりとり・写真や動画など…浮気相手を特定するだけでなく、浮気の証拠となるデータが残されていることも多いです。

しかし、この方法は見つかれば相手を怒らせてしまい、より状況を悪くしてしまう諸刃の刃です。相手に気づかれる可能性があるヒヤヒヤした状況ではなく、落ち着いて操作ができる状況でのみ実行すべき手段と心にとめておいて下さい。

携帯電話・スマホを調査する

携帯電話・スマホを調査するときには2つの障害があります。1つは相手が肌身離さず持っていることです。トイレやお風呂などのタイミングに調べようとする人が多いですが、相手がいつ戻ってくるか分からないヒヤヒヤした状況での調査はおススメできません。

もし、相手の携帯電話・スマホを調査するなら「早朝」…特に相手の帰りが遅かった日の次の朝がおススメです。相手が熟睡していて起きる可能性はかなり低いですし、深夜にガサゴソしていたら怪しまれますが、早朝に起きていても相手が不信感を抱くことが少ないからです。

そしてもう1つはパスワード・PINコード・パターン認証によるロックです。これを解除しない限り、携帯電話・スマホを調べることはできません。ここで役立つのが、携帯電話・スマホの画面の「傷・指紋」です。

ロック解除は最も頻繁に行う操作なので、傷や指紋が残りやすい傾向があります。光にあてて画面をじっくり眺めてみると、ロック解除の手掛かりが見つかるかもしれません。

パソコンを調査する

パソコンを調査する方法は、自分が相手よりもパソコンに詳しい場合のみ有効です。パソコン操作に詳しくない場合、逆にパソコンを調べていた痕跡を相手に気づかれてしまい、状況が悪化することもありますので、絶対にやめておきましょう

少なくとも「シークレットモード・プライベートウィンドウ」「隠しファイル」「Cookie」が何のことか分からない場合は、パソコンを調査することは諦めたほうが賢明です。するにしてもファイルやネットの「履歴」チェックくらいにしておいて下さい。

パソコンに詳しくない場合、下手にパソコンを調査するよりもfacebookやtwitterなどのSNSを相手がしているのであれば、そちらをチェックしてみましょう。友達やコミュニティ、発言やいいね!をチェックしてみると意外な事実や関係が分かるかもしれません。

浮気調査を始める前に

浮気調査2

出典元:写真AC

浮気調査をした後、自分はどうしたいと思っているのか?を再確認して下さい。なんでそんな事言われなきゃいけないの?と思うかもしれませんが、それによって浮気調査の目的や方法が変わってくるからです。

相手ともう一度やり直したいのであれば、相手に反省してもらうための調査を行い、浮気相手とも事を荒立てることなく収めてしまう方が良いでしょう。まずは自分で浮気の事実を確かめるくらいはしても良いかもしれません。

慰謝料を多く手に入れたい場合や離婚裁判を有利に進めたいと少しでも考えている場合は、間違いなく探偵に浮気調査を依頼したほうが良いです。下手に動けば動くほど、状況を悪化させてしまう事が多いので、浮気調査にかかる費用を考えても、探偵によるプロの浮気調査は非常に合理的です。

探偵の浮気調査にかかる費用は?

費用

出典元:写真AC

浮気調査の内容や動員した人数によって費用は大きく変わるので一概には言えませんが、浮気調査の費用の相場は50~80万円くらいとされています。これを高いと考えるか安いと考えるかは浮気調査の目的によると思います。

これよりもっと安い探偵や興信所もありますが、大切なのは本当に信頼できる探偵なのか?という疑問が残ります。実際、国民生活センターには悪質な探偵社に関する相談やクレームが年間3000件以上寄せられています。

探偵社を選ぶポイントは、実績と信頼です。ネットの口コミや評判はあてになりませんが、今まで多くの案件を解決してきた実績と、日本調査業協会など政府や警察といった公的機関が監督している団体へ加入しているという信頼は嘘をつくことができないからです。


※本記事の掲載にご協力いただいている株式会社リザルト様は、日本調査業協会の正規加盟員であり、多くの浮気調査を行ってきた実績のあるプロの探偵社です。法人だけでなく個人のご相談にも丁寧に対応して下さり、浮気調査の無理強いなどは決して行われませんので、お悩みでしたら一度お気軽にご相談ください。
総合探偵社リザルト東京

浮気調査探偵

浮気調査探偵

浮気調査探偵

浮気調査探偵

浮気調査探偵

出典元:株式会社リザルト公式ホームページ

浮気調査のプロ探偵事務所口コミ比較浮気調査に強い探偵事務所口コミ比較≪2017年優良店ランキング≫にて3位!
https://xn--3yq508bn9ch6e8zbv08f.com/

探偵ドットコムで東京の3社に選ばれました!
https://gyazo.com/21b9d798d9ab4de55d24cef03e4c3c96

株式会社リザルトの口コミ情報
https://yon-da.com/user-feedback-result/


この記事を書いた人
ライター名:gorisan
webライター。一児の父。難しい内容を分かりやすくまとめることを得意としている。とても美しい妻(主観です)と可愛い男の子(事実です)との家庭を大切にしており、本記事の執筆中も浮気への恐怖心に心を病んでいる。自分からは浮気をする勇気もないようなチキンガイ。