パートナーが浮気をしているかもしれない。
そんな疑惑は一度浮かんでしまうと、なかなか消すことはできません。
浮気をしていない証明は難しく、しているに違いないと証拠探しにやっきになってしまいますが、素人が考える浮気調査は相手が浮気をしていてもしていなくても裏目に出てしまうことが!
関係を続けるにしても、精算するにしても、どちらにしても調査がアダとならないようにしましょう。

素人がやりがちな浮気調査の失敗例

スマホチェック

浮気しているかも?と思ったら、まず確認したくなるのが相手の携帯電話です。
LINEやメールと浮気相手とのやり取りを知るには手っ取り早い方法ですが、ちょっと待って!

まず覚えておいてほしいのが、LINEやメールでのやり取りだけでは浮気の法的な証拠にはなりにくいということ。

LINEやメールでのやりとりは、浮気をしている可能性が高いという目安にはなりますが、離婚協議の際の確実な証拠とはならない場合が多いです。浮気しているなら慰謝料をもらって離婚したいと思っている場合は、また別の方法で証拠をを探す必要があります。

また、浮気をしている人のほとんどはスマホやメッセージアプリにはロックをかけています。チェックするのも簡単ではありません。本格的な浮気の事実を調査したいと思っているならば、ちゃんとした調査に入る前に相手に警戒心を与えてしまうのは逆効果です。

ロックの解除を何度も試みていることが相手にわかってしまう可能性や、仮にロックの解除に成功したとしても、こっそりスマホをチェックしているところが見つかれば、相手に警戒心を与えてしまったり、もし浮気の事実がなかった場合の信頼関係も揺らいでしまいます。

問いただす

浮気の調査の鉄則は、確実な証拠をつかむまで、調査をしていることを相手にさとられないことです。疑っています、と面と向かって問いただすのはもってのほかです。

相手が認めなくても、疑惑は残り続けるでしょうし、もし相手が認めたとしても、その後離婚になった場合は慰謝料などお金が絡んでくるため、あとあとどんな言い逃れをされるともしれません。

問いただすことでうまくいくのは、もし相手が実際に浮気をしていたとしても、許してまた元通りの生活を送る覚悟がある場合のみです。

「すぐに相手が非を認め、許してほしいと言ってくるなら許したい」

「浮気をしていたかどうかの事実は曖昧なままでもいいから、浮気はバレるものという牽制になってくれればよい」

そう考えられる場合以外は、相手に直接疑っていることを伝えるのは得策ではありません。

また、許したいと思っていても、相手が浮気を認め、なおかつ離婚したいと思っている場合には、その後の浮気の証明がやりづらくなるため、いざ離婚のときに自分が有利な状態にたてない可能性も出てくるので気をつけましょう。

尾行

浮気の証拠でまず確実なものは写真です。

浮気相手との密会の現場、たとえばホテルに二人で入って行くところの写真と時間がたってから出てくるところの写真があれば、まず離婚の事実を相手に認めさせることが出来るでしょう。

ただし、素人が証拠となるような写真を撮ることは非常に難しいです。写真を撮るためには、相手の行動パターンを掴み、尾行をしなければなりません。いくら変装をしていても、毎日顔を合わせている相手は意外にすぐ分かるものです。相手の視界に全く入らないように、相手を尾行し続けることは相当難しいといえます。

また、奇跡的に浮気の現場をおさえることができたとしても、証拠として使える写真を撮るのも難関です。証拠となるには、ホテルなどに入るところと出てきたところがはっきりと分かり、なおかつ相手の顔も認識できる状態の写真が必要です。

これらをクリアして、確実な証拠写真を撮ることが出来たら、もう素人というよりもプロの探偵の素質があるのかもしれません。

専門家との違い

プロの調査方法

では、素人ではなく、浮気調査の専門家である探偵事務所ではどんな調査方法をとっているのでしょう。低予算の浮気調査を行っている株式会社リザルトの例をとって見てみましょう。

まずは依頼人との面談です。
調査対象者の普段の行動を依頼人から確認し、調査に最適なタイミングで調査を開始します。

調査中は、対象者をしっかりとマークし、第三者との接触を写真に収めます。会った瞬間から、一緒にいるときの接近具合、食事中の様子、ホテルに入る瞬間や出てくる瞬間など全てを、写真と、状況の詳細な報告で依頼人に伝えることで依頼人の疑惑を証明します。

写真と状況説明の報告書は正式な証拠として提出できるものなので、今後の話し合いも有利に進めることができます。

専門家に頼むメリット

・相手に気づかれずに調査ができる

素人とプロとの違いは、経験による調査技術です。
10年以上の調査歴を持つプロの調査員たちの尾行は、対象者に気づかれることなく、相手を見失うこともありません。

・確実な証拠が手に入る

写真を撮られたことも気づかないうちに、しっかりと対象者とその浮気相手の顔が認識でき、周りの状況も分かるような写真を撮ることができます。

また、客観的な視点でその時の状況を全て報告書に残すことで、相手が言い逃れをする隙も与えません。

・アフターフォロー

いざ証拠を手にしても、それをどのように使ったらよいかわからなければ意味がありません。たとえ疑っていても、いざ浮気の証拠を目の前にすればショックを受け動揺して当然です。そんなときに、冷静に今後どうしたいか依頼人に寄り添って相談に乗ってくれる存在は、なによりもありがたいものです。

離婚協議となったときの対応や、必要に応じて弁護士の紹介もしてもらえるため、自分に有利な条件で今後の生活を立て直すこともできます。

まとめ

浮気をしているかどうかは、自分でいくら調べても、素人の結果はいかんせん確実ではありません。もしかしたら・・・という気持ちを常に持ち続けながら生活するのはお互いにとって不幸なこと。専門家に依頼することで、何もなければ「大丈夫」という安心感を得ることができ、そして浮気が事実であった場合はその後の対応をしっかりと考えることができます。

子どもや今後の為を思うと、浮気されていたとしても離婚したくない、という人にも浮気の調査は有効です。実際に株式会社リザルトへ浮気調査を依頼した人の中には、相手の不貞行為が立証できたことにより、自分の希望のタイミングで離婚することも婚姻関係を持続することもできるという主導権を握れたケースもあります。

浮気していたらどうするのかという結論はさておいても、浮気をしているのかどうなのか事実を確かめることは、どちらに転んだとしても、知っておくべきことなのかもしれません。


この記事を書いた人
ライター:SUZAKI
育児やIT、地域情報に関するブログのライター。
多くの人の生活に役立つ情報の収集に日々励んでいます。