浮気調査は浮気をしているかしないか知るためだけのものと思っていませんか?
浮気の事実を知ってスッキリするのはもちろんですが、浮気の証拠があれば、浮気をしていたあとのやり取りを有利に進めることができます。
離婚する場合だけでなく、離婚したくない場合も同様。
離婚したい人もしたくない人も専門家に調査を依頼することで得られるメリットはこんなにあります。

別れたい人

「浮気していてもしていなくても相手と別れたい」
「浮気していることが確実なので、特に証拠なんていらない」
そんな場合も浮気調査をしっかりすることで得られるメリットはあります。

慰謝料がアップできる

相手が浮気している場合、離婚の際に慰謝料をもらえる可能性があります。
今後の生活のためにも、もらえるならば慰謝料はできるだけ多い方がいい!

弁護士に慰謝料の請求をする際にも、浮気の証拠があるとないとでは対応が全く違います。
浮気調査をしておくことで、相手が言い逃れをできないような証拠を突きつけて、相手に非があることを明確にし、慰謝料の請求を容易に進められます。

離婚を早く進められる

相手が離婚になかなか応じてくれない場合も、浮気の証拠は効果的に使えます。
浮気をしていることが証明できれば、離婚したいというこちらの希望は優先されます。
いわば被害者であるこちら側から離婚請求を行うことで、相手は離婚を逃れることができなくなるのです。

相手に下手に言い逃れをされてずるずると関係を続けてしまうのは避けたい!
離婚の決意が固ければ固いほど、確実な証拠を突きつけて、早く新しい生活へ進むのが賢いやり方です。

別れたくない人

「絶対別れたくないので、調査しても意味がない」
実は浮気調査はそんな人にこそ必要です。

相手との信頼関係を取り戻せる

浮気しているかもしれないという不信感をいだきながらの夫婦生活はギクシャクしたものとなってしまいます。
いくら自分なりに調べてみても、なかなか一度浮かんだ疑惑は消えないもの。
そんなときこそ、しっかりと専門家に調べてもらうのがよいでしょう。

プロの探偵による浮気調査で「浮気の事実はない」と断定することができれば、胸につっかえていた疑念は消えて、あらためて相手との信頼関係を復活させることができるでしょう。
また、プロの調査であればたとえ配偶者であっても秘密は絶対厳守!
調査をしたことが他の人に漏れる心配もありません。
相手には何一つ悟られることなく、今までと変わらない生活を送りながら、自分の気持ちをすっきりさせることができるのです。

相手からの離婚請求ができなくなる

もし、かりに調査結果で相手の浮気の事実が発覚したとしても、浮気の証拠が今度は離婚をとどまらせる切り札となります。

法律上、有責配偶者からの離婚請求は原則として認められていません。
つまり、相手に非があることが確実であれば、相手がいくら離婚をしたがっていたとしても、こちらが応じなければ離婚は成立しないのです。

相手の非を確実にするには、浮気の証拠が有効です。
法律上しっかりと認められるような浮気の証拠を提示できれば、相手は有責配偶者となり、離婚するもしないもこちらの希望通りに進めることができます。

まとめ

パートナーが浮気をしているかもと思ったとき、プロに調査を依頼するのはほんの一握り。
別れる決意は固いのでわざわざ調査なんかする必要がないと思っている人や、逆に離婚したくないのであえて調べたりしないという人は、浮気の確実な証拠がないまま離婚の手続きを進めようとしたり、不安な気持ちをかかえたまま結婚生活を続けたりしています。
でも、それって実はすごくもったいないこと。
相手と別れるも別れないも自分の思うようにするために、一度専門家に相談してみることをおすすめします。

専門家を選ぶ際には、調査が信頼できることだけでなく、いかに依頼者の気持ちをくんでくれるかということにも注目してみましょう。
総合探偵社リザルト東京は、依頼者の状況に応じて、離婚に向けての慰謝料の請求の相談や、離婚しないための方法なども相談に乗ってもらえます。
実際の依頼者の中には「相談したおかげでスピード離婚できた」という人や、「離婚の危機を回避できた」という人も。
離婚をしたい人もしたくない人も、一度無料相談してみるのがおすすめです。


この記事を書いた人
ライター:SUZAKI
育児や夫婦関係、IT、地域情報に関するブログのライター。
多くの人の生活に役立つ情報の収集に日々励んでいます。