パートナーの浮気を疑うようなことがあったときに、「でも浮気していないかもしれない」と自分に言い聞かせて何もしなかったり、自分なりに調べるにとどまっている人も多いと思います。
浮気の調査で一番確実なのは、なんといってもプロである探偵に依頼をする事。
浮気が事実だった場合はもちろん、浮気をしていないいわゆる「シロ」の場合も、プロに頼んでおけばよかったと思うことのほうが実は多いのです。

浮気が事実だった場合

浮気が事実だった場合、探偵に依頼することで、写真などの事実を裏付ける確実な証拠が手に入ります。
そして、手に入った証拠はその後の夫婦生活を続けるのに依頼者にとって有利に働きます。

これは、離婚をする場合もしない場合も同様です。
参考記事→別れたい人にも別れたくない人にも浮気調査をおすすめする4つの理由

浮気していなかった場合

では、浮気をしていなかった場合はどうなのでしょう。
浮気していないなら調査をしても無意味だったと思うかもしれませんがそれは間違っています。
もし、プロに調査を頼んでいなかったらどうなったか考えてみましょう。

まず、事実が「ある」ことを証明するのは容易いですが、「ない」ことを証明するのは不可能に近いです。
自分なりに調べてもなかなかはっきりとした証拠が手に入らない場合、一度疑ってしまった気持ちを、「浮気していない」と、自分に言い聞かせるのは大変。
尻尾は出さないけれど、浮気しているかもしれない、という疑惑をいだきながら結婚生活を続けていくことになります。
これでは、自分の気持もすっきりしないどころか、夫婦生活にも支障をきたします。

また、下手に自分で調査して、相手に疑っていることがバレてしまう可能性も大いにあります。
信用してくれていないという思いは、夫婦の信頼関係にヒビが入るきっかけにもなりかねません。
また、自分で調べる手段として、相手のスマホや財布の中身などをチェックしていることに気づかれてしまった場合は、なおさらです。
「そんなことをする人だと思わなかった」と、逆に愛想をつかされてしまうことだっておこりえます。

その点、プロの調査は対象者に調査していることを気づかれないことが大前提。
依頼人がうっかり漏らしてしまう以外は、パートナーまったく気づかれずに調査を行うことができます。

どちらか分からない場合

調べても、結局浮気しているかどうかわからなかった。
一番モヤモヤするパターンです。
しかし、探偵に依頼した場合、「わかりませんでした」と回答することはありません。
シロの場合でも依頼者が納得するまでとことん調査を行い、対象者の行動や振る舞いなどを見て「ない」と判断することになります。

ない事の証明はできないので、その判断を信じるしかありませんが、信じられるかどうかはその探偵社の実績や料金体系によるでしょう。
シロであった場合でも納得しやすいよう、ある程度実績のある探偵社を選び、カウンセリングなどで信頼関係を気づいておくのもポイントです。

また、料金体系も気をつけましょう。
総合探偵社リザルト東京は、成功報酬制ではないため浮気をしていてもしていなくても料金は調査を実施したぶんしか払う必要がありません。
そのため、探偵社側も偏った調査をせず、浮気していない場合の判断もしっかりと公平に行うことができます。
そして、調査を長引かせればその分調査費は取れるのに「浮気の事実はない」という結果を報告するということは、これ以上調査を続けても何も出てこないと長年の実績で確信があるということです。

まとめ

パートナーに調査をしていることを悟られてはいけなかったり、していないことの証明が難しかったりと、浮気をしていないケースのほうが、素人の調査は難しいものです。
もやもやした気持ちをずっと抱えていくよりは、一度プロである探偵に依頼して、シロかクロかはっきりさせてしまった方が、その後の夫婦生活がより良いものとなります。

浮気をしていない場合はいつまでも調査をされてしまい、高くつきそう、、と心配の方は、ぜひ総合探偵社リザルト東京へご相談ください。
なんらかの形で疑われる時点でクロの人が大半ななか、総合探偵社リザルト東京の調査を行って浮気を確認できたケースは85%ほど。
浮気の事実はないという結果となるひとも15%近く、その人達も詳細な調査結果のレポートで納得のうえで調査を終えることができています。
もちろん、希望によっては追加調査も行っていますので、依頼者が結果に満足するまでサポートしていきます。

相談は無料!夫婦の事で悩んている方は、ぜひ一度ご相談ください。


この記事を書いた人
ライター:SUZAKI
育児や夫婦関係、IT、地域情報に関するブログのライター。
多くの人の生活に役立つ情報の収集に日々励んでいます。