パートナーの浮気、相手を問い詰めたり、今後の話し合いを有利に進めるためにも、まずは相手の浮気を証明しなければなりません。
間違いないと確信を持つきっかけとなるアイテムがそのまま有効な証拠になるとは限らないことも。
素人が間違いがちな証拠について紹介します。

電話の履歴


出典:ぱくたそ

明らかに異性の名前からの着信と発信が多い。
それだけでもかなり怪しいですが、浮気の証拠にはなりません。

仕事上の話をしていただけだったり、知り合いの相談に乗っていただけ、と言われてしまえばそれまで。
通話していたという事実は残りますが、会話の内容まではわからないため、どうしようもありません。

ただ、この着信履歴、役に立つことも。
名前や電話番号は浮気相手を特定するのにかなり参考になります。
同じ会社の人など名前だけで個人を特定した上で浮気の調査を行えば、一からよりも調査はラクになります。
もし偽名を登録していた場合も、弁護士に相談すれば番号から個人を特定してもらえることもあります。

自分一人ではなかなかどうにもできませんが、専門家に相談するときには非常に役に立つため、履歴を入手したら、しかるべきときに使えるようにしっかりと控えておきましょう。

メール、LINE


出典:ぱくたそ

「メールやLINEなどのメッセージで、1対1でやり取りを頻繁にしていた!」
疑わしくはありますが、浮気の証拠としては弱いです。

では、「デートの約束をしていた」ではどうでしょう。
これもまだNG。
二人で会う約束をしているだけでは、実際に会ったのかどうか、会って浮気となる行為をしたのか、まではわかりません。

それなら、「昨日は楽しかったね」「今度もこのホテルに行こうね」と、ここまでくれば確実なような気がしますが、実はこれでもまだ証拠にはなりません。

浮気が法的にも証明できるのは不貞行為の確実な証拠の場合だけ。
LINE上で、いくらLOVEのスタンプを使ったり愛のことばをつぶやいていたとしても、生々しい会話があったとしても、「LINE上でちょっとふざけていただけ」とかわされてしまう可能性があり、それだけでは確実な証拠とはなりづらいです。

ただし、あからさまなLINEのやり取りは、浮気をしているだろうと第三者に思わせるには十分です。
LINEのやり取りを元に相手を問い詰めれば、何も証明するものがなく、ただ浮気をしているのか聞いたときよりも相手が正直に白状する可能性は大きいです。
もし、相手がそれでも開き直って言い逃れをするようであれば、あわせ技で他の証拠も手に入れたほうがよいでしょう。

自白


出典:ぱくたそ

問い詰めたら相手が浮気を認めた。
それで安心するのはまだ早いです。
その場では認めて謝ったとしても、いざ離婚を請求したり、慰謝料の話になった途端証言を覆すこともありえます。

では、念書として一筆書いてもらったり、証言を録音しておいた場合はどうでしょう。
これも、いざ法的な場で、「無理矢理書かされた」「その場ではそう言うしかなかったが事実ではない」と強制的に証言されたと訴えられてしまった場合は効力がなくなってしまいます。

もし、証言を取るならば、浮気相手の証言(強制的と疑われないよう、公共の場での証言)や第三者の証言も合わせて揃えておくことが出来れば、ようやく安心できる証拠となりえます。

レシート、領収書


出典:写真AC

ホテルのレシートや領収書。
自分が行っていない場所のものが出てきたら、まず浮気を疑って良いでしょう。
では、これがそのまま証拠となるのかと言うと、これもNG。
ホテルに行っていた事は確実かもしれませんが、「具合が悪くなり1人で休んでいた」「仮眠のため時々利用している」などと言い逃れされてしまう可能性があります。

ただ、こちらも頻繁に通っていた場合、一度でも写真などで確実に浮気相手と入ったことが証明できれば、浮気が継続的であるとの証明にもなり、慰謝料など裁判で有利に進められることができるので、念のため全て控えはとっておきましょう。

GPS


出典:ぱくたそ

アプリやツールなどを使ったGPSの位置情報で、相手の居場所を特定できた場合も同じです。
たとえホテルにいることが立証できたとしても、レシートを見つけた時と同じように「1人で入った」と言い切られてしまえば浮気は立証できません。

ただし、これもレシート同様、あとからより有効な証拠が手に入った時には浮気の詳細を裏付ける後押しとなるので、他の証拠がある場合にはけっして無駄にはなりません。

写真


出典:ぱくたそ

不貞行為を確実に立証する一番の証拠は写真です。
ホテルに二人で入って時の写真。そして出てくるときの写真。
この二つが時間がわかるように撮影されていれば、もう言い逃れはできません。

ただし、ありがちなのが、「自分ではない」と言い逃れされてしまうケース。
後ろ姿だったり、顔がしっかりとうつっていなかったり、暗くてよく見えない場合は本人であることが曖昧になってしまいます。

せっかく撮った写真も、これでは意味がありません。
証拠となる写真は一番素人と専門家の違いが出るところ。
下手に失敗して、不利な状況に陥るよりは初めから専門家に任せたほうが確実です。

 

まとめ

誰が見ても浮気をしているという状況証拠が揃っていても、いざ法的な場に出ると証拠としては使えないものも多いです。
相手がいることなので、相手の出方しだいによって変わってくるのも判断しづらいところ。
やはり、確実に証拠を押さえて、話し合いを有利に進めるためには専門家に相談するのが一番です。

自分ひとりだとどうにか言い逃れをしようと悪あがきをする相手でも、バックに専門家がいるということがわかれば、あっさりと浮気を認め、こちらの言い分を飲んでくれることも多いです。

無意味な話し合いを延々と続ける無駄な時間や離婚調停の費用、慰謝料を少なくされてしまうことを考えると、多少のプロに頼む際の多少の出費を惜しむ方が損をしているかもしれません。

総合探偵社リザルト東京なら、細かく依頼者と面談し、調査の日程を絞り込むことで低予算での浮気調査を実現。
調査をした方が良いかどうかや、手に入れた証拠の使い方なども相談にのってもらえるので、無料の相談だけでも行く価値アリです!


この記事を書いた人
ライター:SUZAKI
育児やIT、地域情報に関するブログのライター。
多くの人の生活に役立つ情報の収集に日々励んでいます。