浮気調査

出典元:写真AC

実は探偵への調査依頼の80~90%は浮気調査です。昔は犯罪捜査や人探しなどの依頼が多かったようですが、現代では浮気調査と素行調査が多くの割合を占めているのが実情です。つまり探偵は浮気調査の専門家と言えるでしょう。

しかし探偵に浮気調査を依頼するには気になることがたくさんあります。調査方法・成功率・必要な情報…そしてどのくらいのお金がかかるのか?この記事では、依頼人が探偵に多く質問する内容を7つのポイントに絞って紹介しています。ではまずは浮気調査の方法について見ていきましょう。

探偵が行う浮気調査の方法とは?

探偵

出典元:写真AC

探偵の浮気調査には、浮気調査の契約前に行う「面談」、浮気の場所や時間帯を調査する「追跡」、相手を尾行・張り込みして写真など浮気の証拠を押さえる「証拠」の3つのステップがあります。

「面談」のステップでは、依頼者から浮気調査を行う目的・予算・状況を詳しく聞き出し、方法・人数・場所・期間など…探偵と依頼者が一緒に最適と思われるプランを決定します。この段階で浮気調査に役立つ情報が揃えば揃うほど、浮気調査に必要な調査員の人数や期間を絞り込めますので、経費をできるだけ安く・早期発見を実現するための重要なステップです。

「追跡」のステップでは、主に「GPS」を使って相手の行動パターンを調査し、浮気の証拠を押さえる為の準備を行います。GPSは直径約5cm・重さ約50gと非常にコンパクトで軽量なので、自動車やバイクなどの下にセットすればまず発見されることはありません。このGPSから数日データを集めれば、相手の行動パターンを解析することができます。

「証拠」のステップでは、ここまでに判明した相手の行動パターンから浮気をしている時間と場所を推測し、尾行・張り込みを行います。そして調査対象者が浮気相手とホテルやマンションに入っていく・手をつないでデートしている現場を浮気証拠として写真におさめます。このような屋外での撮影は悪質でない限り犯罪とはなりませんが、自宅以外での盗聴は犯罪となりますので探偵が行うことはありません。

浮気の証拠が見つかるまでどのくらいかかる?

浮気に関する情報が揃っていれば揃っているほど、浮気の証拠を押さえるまでの調査回数や期間は短くなる傾向があります。浮気の状況にもよりますが、1回の調査で浮気の証拠を押さえられる確率は平均30~40%くらいです。また浮気調査が進むにつれて情報が集まってきますので、成功率は上がっていく傾向があります。

浮気調査を依頼する人の年齢や男女比は?

統計

出典元:写真AC

浮気調査を依頼する年代は30~50代が多く、特に結婚して10年未満の方が多いです。また最近は50~60代で結婚後20年以上経過している「熟年離婚」のケースも増えています。そして男女比ですが、やはり男性よりも女性が多く2:3くらいです。世間的にはもっと女性が多い印象がありますが、慰謝料や親権などまで考えて浮気調査を依頼される方は男性のほうが多いかもしれません。

本当に浮気をしていた人の割合は?

浮気調査の対象となった時点で80~90%くらいのケースで浮気が確認されています。しかし逆に残りの10~20%の浮気をしていなかったケースは何をしていたのでしょうか?男性の場合は、漫画喫茶・居酒屋・麻雀など…家の居心地が悪いので外で時間をつぶしているケースが多いようです。女性の場合は、自由に使えるお金を稼ぐためにキャバクラやスナックでバイトをしているなどのケースがあります。

浮気発覚後、離婚する人と関係修復を望む人の割合は?

約4割の方が離婚を選び、約6割の方が関係修復を希望されるようです。特にお子さんがいる場合は、自分よりも子供のことを最優先に考えて関係修復を希望されるケースが多い傾向があります。子どもが大きくなるまでは…と考え我慢していた夫婦が、子供が成人して安心したから熟年離婚するという現代の傾向はある意味当然の流れなのかもしれません。

浮気調査にかかる費用の相場は?安くする方法ってあるの?

費用

出典元:写真AC

浮気調査の期間や動員人数によって変わりますが、1回の浮気調査にかかる費用は60~80万円くらいが相場です。探偵が予算に合わせて調査プランを作成してくれますが、しっかりと捜査を行うためにも100万円くらいは覚悟しておいたほうがよいかもしれません。

また費用をできるだけ安くするためには、面談の段階でしっかりとした情報が集まっていればいるほど、よりピンポイントな浮気調査を行えるので、費用を抑えることができます。ただし、下手に自分で動きすぎて状況が悪化してしまうケースもあるので無理は禁物です。

浮気調査に必要な準備・心構えは?

面談時には、浮気調査の対象者の情報(身長、体重、勤務先名称、住所)、写真(真正面から撮影されているもの)、浮気相手が特定できていればその方の情報を準備しておくとスムーズに相談が行えます。しかし、それよりも重要なのが心構えです。

浮気が発覚したとして、その後とうしたいのか?を考えておきましょう。離婚をしたいのか?関係修復を望むのか?によって調査の方針が決まります。また、探偵からリアルタイムの報告が入ると動揺して対象者に電話をしてしまうという人もいます。酷なようですが、探偵にとって迷惑以外の何ものでもありませんので、何があっても動じない覚悟が浮気調査には必要かと思います。


※本記事は株式会社リザルト様のご協力によって掲載させて頂いております。株式会社リザルト様は、日本調査業協会の正規加盟員であり、多くの浮気調査を行ってきた実績のあるプロの探偵社です。法人だけでなく個人のご相談にも丁寧に対応して下さり、浮気調査の無理強いなどは決して行われませんので、お悩みでしたら一度お気軽にご相談ください。

総合探偵社リザルト東京

浮気調査探偵

浮気調査探偵

浮気調査探偵

浮気調査探偵

浮気調査探偵

出典元:株式会社リザルト公式ホームページ

浮気調査のプロ探偵事務所口コミ比較浮気調査に強い探偵事務所口コミ比較≪2017年優良店ランキング≫にて3位!
https://xn--3yq508bn9ch6e8zbv08f.com/

探偵ドットコムで東京の3社に選ばれました!
https://gyazo.com/21b9d798d9ab4de55d24cef03e4c3c96

株式会社リザルトの口コミ情報
https://yon-da.com/user-feedback-result/


この記事を書いた人
ライター名:gorisan
webライター。一児の父。難しい内容を分かりやすくまとめることを得意としている。とても美しい妻(主観です)と可愛い男の子(事実です)との家庭を大切にしており、本記事の執筆中も浮気への恐怖心に心を病んでいる。自分からは浮気をする勇気もないようなチキンガイ。