信じて一緒になったはずのパートナーが浮気。あまりの怒りと悲しみの中で、現実に目を向けるのは難しいことですよね。そんな大変なときにだからこそ知っておきたい、ちょっと参考になる「幸せへのステップ」をご紹介いたします。浮気を乗り越え”パートナーとやり直す”はもちろん、離婚や同棲解消なども含め「後悔のない未来」を選択したいもの。そんな大切な選択は”自分が出来るひと工夫”で、「適切な選択への判断」に導けることがあります。

出典:イラストAC

浮気されたら”未来の選択肢”をイメージしよう

出典:イラストAC

パートナーの浮気で傷ついているあなたに、知ってほしいこと。まさに今、「新しい未来」を想像すべきターニングポイントに居るということです。
それは離婚などの「別れ」はもちろん、「別れない」という選択肢も。ゆくゆくはパートナーと話し合い決めていく”2人の未来”ですが、まずすべきことがあります。それは”あなたがどうしたいか”を自覚することです。
とはいえ信じて一緒になったパートナーの浮気は、メンタルダメージが大きい出来事。怒りや悲しみで目の前が真っ暗になって当然です。冷静に”未来の選択肢”など考えられませんよね。
そこで”後悔しない選択肢”をするために、おすすめの方法があります。

「別居」から始まる幸せ探し

出典:イラストAC

”後悔しない未来の選択”をするために、自分のことを一番に考えられる「環境作り」がおすすめです。一時的でも、心を乱すパートナーと顔を合わせる機会を無くしてみませんか。言いたいことや不安はたくさんあると思うのですが、同じ屋根の下に居る場合はいったん離れるのです。一時的にでも「別居」することで、ストレスフルな環境から自分を守ってあげましょう。
想像してみてください。大切な家が竜巻の中にあるとき、まず竜巻の外に自身を避難させますよね。安全地帯ではじめて、破損した家をどうしていくべきか真剣に考えられるものです。

「別居」不安の原因

出典:イラストAC

一時的に別居をする際、実家や友人などがいる場合は頼るのもひとつの方法です。またお金がかかりますがビジネスホテルやウィークリーマンションなども、非常に有効な手段。今まで生きてきた日常から完全に自分を切り離して”自己を見つめる”時間をつくると、「パートナーや家族などへの共依存」を自覚できるかもしれません。
まさにこの「共依存」が不安の原因であることが多いのです。この「共依存の自覚」で、今後あなたが生きやすくなる可能性があります。知識は、あなただけの財産です。気になった方は「共依存」で検索してみてください。
また別居をするための「お金」の不安が、腰を重くしている原因の方も多くいます。

「別居」不安の解消方法

出典:ACイラスト

今月の生活費や貯金、貴金属をお金に換たりして、おおよそ10万円ぐらいあれば、いったん竜巻の外に出られるはずです。
貴金属をお金に換えるならこちら→ 買い取り専門店(無料査定あり)👆check
たとえば、結婚が破綻してしまってから処分するイメージの「結婚指輪」。パートナーと信頼関係が崩れた今だからこそ、ご自身の指輪を”別居費用”に回すのも一つの手段かもしれません。もし離婚せず再出発したとしても、”戒めとしてパートナーの向う数年間のお小遣いは無し!その費用で、新たな結婚指輪を購入して再出発”なんてご夫婦もあるようです。それぐらいに、パートナーの浮気は「あなたを傷つけた大事件」なのです。

「別居」をする際に気を付ける点

出典:イラストAC

明るい未来のために良い面の多い「別居」ですが、気を付けるべき点があります。それは万が一、離婚裁判になったときに別居が不利になる場合があるのです。”浮気をしたころには別居していた”というパートナーの言い訳にならないよう、「浮気と別居の時期を明確にする」段取りは必要です。
また浮気された数か月は自信を喪失し、自虐的になる女性が多いのは事実。さらにお金の心配から”心身を切り売りするような仕事”を選びがち。あなたは浮気されて傷ついています。お日様を浴びながら、健やかに癒される必要があるのです。どうにか生活が回りだすまでは大変ですが、食事にありつけるような飲食のアルバイトもおすすめです。”まかない付き”で一度検索してみてください。子供がいる場合は、”託児所あり”で検索すると少ない情報ではありますが見つかります。

「別居」して得られた幸せ

出典:ACイラスト

自分のきもちを無視した未来に、”幸せ”が待っているでしょうか。きっと何かのせいにしたり、羨んだり、ひねくれた自分が見えてきませんか?
「自分で決めたこと」なら、どんな結果が待っていようと、後悔のない笑顔で生きていくことが出来るはず!「私はこうしたい」という想いを持てるよう、ちょっとだけ踏み出してみてください。自分自身にも、さらには子供など”大切な人”とも、「愛ある笑顔で過ごす幸せ」が待っています。