LINEで浮気相手と連絡を取っているのを見つけてしまった!!!
これって浮気の証拠になりますよね?

いいえ!実はLINEやメールは証拠になりにくいんです!

離婚を優位に進めるには、証拠が大切です。
「浮気してるんじゃないの!」と感情的に相手にぶつけてしまっては、証拠を隠されてしまうので冷静に対処する必要があります。

そうは言っても、冷静に行動なんか出来ないよ!
だって、証拠って言ってもなにから手を付けていいのかわからないし・・・。
そもそも、なにが証拠になるの?

そんな悩みがどんどん出てきてしまいますよね。
そんなあなたに、今回は今すぐできる、「離婚のための証拠の集め方のコツ」を実際の経験者に聞いてみました。

よく読んで 参考になさってくださいね!

登場人物

 離婚経験者のTさん

 インタビュースタッフ

相手有責での離婚。その道のりは長く険しい

今回は相手の浮気に気がついてから有責の証拠を集めて離婚された、そんな経験のあるTさんにお話を聞いてみたいと思います。
浮気に気がついたきっかけはありますか?変だな、と感じたこととか・・・。
私が変だなと感じたのは、フリーの仕事をしていた旦那が、仕事に行っているはずなのにギャラを貰って来なくなったからです。
それは確かに変だと気がつくポイントですね!
その後、とある保証会社から『○○アパートの家賃が滞納されています』と連絡がありました。そこはその時住んでいたところとはかけ離れている場所にあるアパートで、私には何が何だか分かりませんでしたが、やはり浮気していると確信したので、保証会社の人に怪しまれないように冷静に話しを聞いて情報集めをしました。
秘密のアパートの家賃の滞納ですか・・・思わぬところから分かるんですね。
すぐに旦那の部屋で、アパートの賃貸契約書類を探して見つけました。コピーを取り、実父に相談をして実家にファックスしました。
行動が早いですね。
そして、 旦那が寝ている間に、携帯のメールを転送する設定をし、アパートの鍵を拝借して合鍵を作りました。
合鍵ですか!
はい(笑)彼女からのメールは、携帯に保存しておきました。
アパートにこっそり行って、部屋の中の写真を撮って来たりしました。
それらは証拠になりましたか?
証拠になったのは、やはりアパートの賃貸契約書類とメールの内容でした。
写真は意味がなく、苦労したので残念でした。
アパートの写真は証拠にならなかったんですね。
証拠を集めていた期間はどのくらいでしたか?
証拠集めし始めてから約1年かかりました。その後離婚しました。
これは失敗したな、ということがあれば教えてください。
話し合いの際ケンカになり、携帯を壊されたりしてしまい、保存していたメールがなくなってしまったのは、とても残念でした。
ちゃんとUSBなどに残しておけば良かったと思いました。
バックアップを取るのは大切ですね!とても参考になると思います。
Tさんありがとうございました。

今回は他の経験者の方にも体験談を頂いています。そちらもご紹介しますね。

離婚に失敗しないために。証拠集めの鉄則4つ

鉄則その1・メールや日記は出来る限り保存!

(先輩の体験談)信憑性を高めるためにメールや日記は有効。

メールや日記は証拠にはならないですが、あればあるだけ信憑性が高くなるのでなるべく多く保存しておけば良かったです。
弁護士に、浮気の徹底的証拠は裸で抱き合っている写真くらいだと言われました。それくらい証拠というのは難しいそうです。それを用意するのは難しいので、メールや日記などを数年単位で保存していたのを出しました。
家族間の争いはどちらが信憑性が高いかがとても大きいので、私の場合は日記でもっと細かく、記録していれば良かったと思いました。探偵を雇って浮気現場を抑えようとも考えましたが、費用がかなり高く実現できませんでした。
でも法テラスを利用して弁護士にお願いできたのはかなり心強く、助けられたのでお願いして良かったです。

鉄則その2・証拠集めなら専門家

(先輩の体験談)精神的にくるのが苦痛だが、プロの手を借り有利に

私が変だなと思い初めたのは妊娠中の時でした。
とりあえず証拠を多く集めて、相手有責で別れたかったので見て見ぬふりをしていました。
こちらが気がついてないと思って、相手も油断していたようなのですぐに証拠は集まりました。
その際に、私自身身重な時だったので浮気調査をしている探偵に任せていました。
私自身も、携帯チェックを欠かさず毎日してメッセージをスクリーンショットで撮り、自分に送って保存する事をしていました。
決定的な証拠は、残業だと私に言った日に相手女性とラブホテルに入る所とでてくる所の写真を抑えたことです。
出産時にも立ち会わず浮気していたので、子どもに触ること無く離婚しました。
浮気調査から離婚に至るまでは約半年くらいでした。
わたしは、精神的に耐えるのがとても大変だと感じました。
浮気調査は離婚する際に、利用してとてもよかったと思います。
自分では調査するのに限界がありますが、専門の方なので有利に離婚する証拠集めができました。

鉄則その3・興信所は高額である

(先輩の体験談)興信所に100万円かかってしまった

毎晩帰宅が遅くなり、当初は仕事だと信じていましたが、深夜に携帯にメールが頻繁に届くようになりおかしいと思いました。
当時、携帯電話の会社から電話を掛けた相手の記録を取り寄せることができたので確認したところ、特定の女性とばかり電話していることがわかりました。
ネットで不倫問題を扱うサイトがあり、一方的に離婚されないためにも不貞の証拠を確保する必要があると考え、興信所に依頼することにしました。
ただ、興信所もどこがいいのかわからず高額な支払いがとなるため困りました。
弁護士にお勧めの興信所はないかと相談してみましたが、弁護士からは勧められないと言われました。
不貞の証拠は確保できたものの100万円もかかりました。

鉄則その4・浮気相手の妊娠は決め手になる

(先輩の体験談)相手は否定し続けたが浮気相手の妊娠が決め手に。でも慰謝料が取れなくなった。

約半年の間、おかしいなぁと思っていましたが、たまたま寄ったコンビニで一緒にいるところを見つけました。そもそも同僚だったので、二人でコンビニはふつうなのかもしれませんが、女の勘ですかね。変だと思い始めました。そのあと、休みに行くはずもないようなところに車がとまっていたりしたので、こっそりケータイのメールを写真におさめていきました。友人にはそれとなく言っておいたので、見かけるとすぐに写真をとってくれていました。そのまま離婚の流れになったのですが、本人は完全に否定をし続けていましたが、そのタイミングで相手の妊娠が発覚。同じ店舗で働いていた知り合いが教えてくれました。そらが、何よりの証拠となり、2ヶ月ほどで離婚が成立しました。でも妊娠などにより、相手の女性が無職となったために慰謝料がとれずに、後悔しています。

まとめ

今回は相手の有責離婚のために実際にやった証拠集めの経験談をご紹介しました。

人によって状況も違えば、その後の結果も違います。

先輩の経験談を参考にして、あなたに合った方法を見つけてくださいね。

ちなみに、離婚後、不要になった結婚指輪・婚約指輪は捨てたりせずに新生活の糧にしちゃいましょう!

テレビなどに特集されている会社なので安心して売れる。
母子家庭なら買取価格10%UPサービス中です。

結婚指輪と婚約指輪専門の買取りサービス「リングオフ」

 

画像出典

イラストAC

イラストAC

イラストAC


この記事を書いた人
ライターネーム:しおり自身も離婚の経験を持つシンママ。
やんちゃな男の子2人を抱えながらなんとか生活しています。
最近の楽しみは、子どもと3人でドライブやキャンプに行くこと。