幸せな生活をしていたつもりだったのに、相手の浮気によってその生活が一変してしまう。

浮気が発覚して許せなくても、生理的に無理になっても離婚となると気が重い。
特に子供がいると自分だけの問題じゃないので尚更大変です。

浮気が理由で離婚する場合、親の心の傷や余裕のなさに子供も気づいているでしょう。

離婚 子供
出典:ぱくたそ

名字の変更、学校、家、離婚説明…離婚を決めた親には子供のためにいろいろと考えなければいけないことがたくさんあります。

それも、心に傷を負った状態で。
浮気が原因の場合、後悔や復讐したい気持ちも時々頭をよぎるでしょう。

一番の復讐は、きちんとした手続きでお金を確保し、あなたが子供と幸せに暮らすことです。

つい、早く終わらせてしまいたいと細かいお金のことや手続きをないがしろにしがちですが、それでは子供のためにもあなたのためにもなりません。

めんどうだからと知らずに過ごしたり、取り掛からずに離婚を片づけることで、大きな損や後悔をしないためにできることは何でしょうか。

今回は、浮気が原因で離婚を決めるあなたと子供のためにできることをまとめました。

■浮気発覚後に離婚をするメリット、デメリットとは

浮気発覚後に離婚するメリット

離婚が終わると、浮気問題に区切りをつけることができ、心は少し楽になるでしょう。

また、浮気の証拠などをきちんと集めていれば、有利に離婚することができ、慰謝料をもらうこともできるかもしれません。
離婚を選ぶことで、辛い結婚生活を終わりにして、前に進むことができるようになります。

浮気発覚後に離婚するデメリット

環境や名字が変わる可能性もあり、子供もその変化に巻き込まれることとなります。

世帯収入が変わり、養育費も慰謝料も払われず、頼る制度を知らないことで結果貧困に陥るシングルマザーも多くいます。

■浮気して離婚してしまった親が子供にできること●つ

1.母親の親権獲得は約80%!確実に子供の親権をとる

母親が親権をとる割合は7割以上だそうですが、親権に関してはいろいろな要素を考慮したうえで決定されます。

平成26年度の統計上も、母親が全ての子の親権者になった割合は77.7%なのに対し、父親が全ての子の親権者になった割合は11%に過ぎません。(残り11.3%は複数の子を分け合った場合です)。

中略

単に母親であるということが決定要素となっているわけではありません。

引用:吉安 安友「くたびれない離婚」株式会社ワニブックス 2016年7月15日 P84

一番重要なのが、「継続性の原則」です。
簡単に言うと、長期間、子供を主に見ているかどうかが重要だということです。

夫が主夫の場合や、別居に関して母親が子供を置いて行った場合は母親であっても、親権を獲得するのが難しい場合もあります。

2.養育費や慰謝料を正当に請求し、生活の基盤をつくる

浮気が原因で離婚する場合、早く全てを終わらせてしまいたいですよね。

よく考えずに養育費や慰謝料を決めてしまったり、ごねられてナシにしてしまう場合もあります。

ですが、子供のためにもこれはNGです。

離婚 子供
出典:ぱくたそ

相手の収入と子供の進学に合わせた養育費をきちんと考えて、書面で約束してもらいましょう。

必ず決まった額というわけではなく、相手の収入の増減に合わせて、養育費の金額を変えることもできます

3.結婚指輪の買い取りサービスを利用する

結婚指輪と婚約指輪は持っていますか?
男性の場合、離婚の際に返されたかもしれません。

色々な思い出のある品ですが、離婚が決まったあとは、心をかき乱す呪いのアイテムとも言えます。

海に投げ捨てたり、質に入れたりする人がほとんどだと思いますが、こういうサービスがあるのを知っていますか?

離婚後の結婚指輪・婚約指輪の買取りサービス

クロネコヤマトの宅配キットで送ると査定してくれるので、忙しい中でお店に出向く手間がかからないんです。

もしかしたら、新生活の生活資金になるかもしれません。

●ダイヤモンド、貴金属の形状(デザイン)などに合わせて、海外輸出、国内流通、研磨工場などといった様々な連携を駆使することが出来るので、業界最高水準での高価買取を行う
●指輪に付いた傷やイニシャルの刻印があっても買取価格を下げることは一切いたしません。
またご購入時の箱や鑑定書が無くても買取金額が下がる事はございません
●お品物の査定料、送料、梱包キット、振込手数料などすべて無料
引用:離婚後の結婚指輪・婚約指輪の買取りサービス

また、シンママ応援企画として10%買い取り価格UPのサービスや、売却が成立するとお子さまに図書カードのプレゼントもあります。

思い出をきれいに売って、前に進むための資金を確保するのも大事な準備です。

4.子供に負担のかからない環境を考える

例えば、学校が変わるなど環境の変化を嫌がる子供もいます。

また、子供が小さい場合など離婚したことで1から仕切り直したほうがいいこともあります。

好きなものや好きな環境を取り上げないでいいよう、住む場所や学校などを考慮してあげるのも子供のための選択です。

5.面会は子供の意見を尊重する

浮気などが原因で離婚した場合、夫にもう子供を会わせたくないと思っている人もいるでしょう。

しかし、面会交流を母親の気持ちだけで拒否するのは親権をめぐって争っている時には危険です。
また、子供の気持ちも大切です。

憎い相手でも、子供にとっては一人の大事な親です。
ナーバスになりすぎないよう、時間と頻度を決めて柔軟に対応しましょう。

6.浮気相手へ慰謝料の請求をする

浮気相手への慰謝料請求は状況によって使うカードとしていろいろな選択があります。

例えば、浮気相手に資金がない場合は、相手へ請求しないようにして、夫との離婚の条件を有利にする、などです。

もし慰謝料請求する場合は、先に浮気相手に請求してから夫に請求するようにするのがおすすめです。
先に浮気を理由に夫に請求する場合、浮気の問題のみに関しての金額が決まることになります。

先に浮気相手との問題を終わらせて、事実を明確にしたうえで、夫には浮気の問題だけじゃなく、ほかの問題も含めた事情の金額が請求できることが多いのだそうです。

各家庭の状況によって変わってくるので、詳細は弁護士に相談しながら、少しでも有利になるように進めましょう。

7.財産分与の請求は離婚時か、離婚の翌日から2年以内に

母親の収入が低くても親権が取れますが、その場合、離婚が決まってからの生活をきちんと整えることが大切です。

うやむやにしてしまったり、ちゃんと離婚時に決められなかったことでも、2年以内に手続きを行えばもらえるお金もあるんです。

急いで離婚をしてスッキリしても、そのあとのお金に関して曖昧にすると損をしてしまいます。

除斥期間は2年内と決まっていますが、出来れば離婚時に全て決めてしまうのが望ましいでしょう。

8.年金分割の手続きをする

財産分与の一つとしてある制度で、婚姻中の厚生年金記録を当事者同士で分割することができる制度です。

厚生年金あるいは共済年金の保険料を一方が多く払っている場合、年金分割を行えば、自分の保険料の支払い実績が増えるという意味で将来受け取れる年金の額が増えるわけです。

引用:吉安 安友「くたびれない離婚」株式会社ワニブックス 2016年7月15日 P116

この制度も離婚して2年内をすぎると請求できなくなります。

子供に迷惑をかけないためにも、老後の資金源の一つを確保するため、早めに動いてクリアにしておきましょう。

9.調停を申し立てた後の別居中の生活費は「婚姻費用」として請求可能

離婚に向けた別居中の生活費を請求できるのを知っていますか?

衣食住の費用、子の教育費、出産費用や医療費などがこれに含まれます。

引用:吉安 安友「くたびれない離婚」株式会社ワニブックス 2016年7月15日 P128

離婚に向けた動きをする中で、生活費を請求する権利があることを意外と知らない人も多いのではないでしょうか。

10.養育費を子供の20歳までにするか大学卒業までにするか決める

養育費を取り決める時の基準に、大人として成人する20歳までか、教育機関を卒業するまでか、があります。

子供の進学を応援したい場合はそういったことも考慮しながら支払い期限や金額を決めるようにしましょう。

11.子供の進学先、預け先の決定

離婚 子供
出典:ぱくたそ

離婚後、バリバリ働くぞと思っていても待機児童問題があり、子供をあずけられず、働けないという問題を抱えかねません。

シングルマザーは優先的に入園できますが、それでもすぐ入園、転園ができない場合も多いんです。

小学生、中学生の場合は、担任に転校することを伝え、在学証明書と教科書図書給与証明書をもらい、転入先の役場から受け取る転入通知書を新しく通う学校に提出する必要があります。

自分のことで手がいっぱいになりがちですが、子供が安心して預けられる、通える環境を早めに確保するのもとても大切なんです。

12.一人親への手当てを調べる

養育費、慰謝料、給与以外にも離婚後に補助を受けられるケースもあります。

●児童扶養手当
●母子父子寡婦福祉金
●ひとり親家庭医療費助成
●寡婦控除

これらは市町村役場などに申請することでもらえる場合があります。

実家に帰ったり、年収の状況などによりもらえない場合もありますが、もらえるかどうか一度話を聞きに行ってみてはどうでしょうか。

13.子供の姓の選択を相談する

子供が小学生、中学生の場合、名字の変更は子供の意見を尊重して選びましょう。

名前は、家庭内だけでなく、学校など子供の世界でも大きく影響してきます。

離婚後、戸籍を新たに設けることで、
●親、子共に旧制を名乗る
●親、子で別々の姓を名乗る
●結婚時の姓を名乗る

事が可能です。

できるだけ子供の意見を聞いて、話し合って決めてあげましょう。

14.心のケア

離婚には色々な取り決めがあり、ルールがあり、当事者は気持ちがいっぱいいっぱいになりがちです。

でも、その変化を家族である子供も敏感に感じ取っています。

忙しい中でも、一緒に過ごす時間を作ったり、話をする機会を設けて子供の変化に気付くようにしてください。
事務的なことは一つ一つ片付いていきますが、心の問題は、一度ないがしろにされると、なかなか治らない傷になってしまいます。

15.子供の財産の管理

離婚して、財産を分配し、配偶者に財産を相続する権利はなくなりますが、子供は権利を持ったままです。

万が一、相手が死んで負の財産が多い場合は、三ヶ月以内に家庭裁判所に相続放棄を申し立てることができます

子供の権利の一つですので、頭に入れておきましょう。

16.生活保護の検討

財産もなく、養育費の支払いもなく、生活することがままならない場合、最低限の生活費の一部をを生活保護費で賄うことができる場合もあります。

生活保護を受けるには様々な制限や、条件がありますが、どうしても生活が厳しい場合は一度窓口に相談に行ってみましょう。

17.ブログやSNSにネガティブなことを書き込みすぎない

TwitterやInstagram、FBなど、データは残ります。
デジタルタトゥとも呼ばれており、一度のこすとなかなか完璧には消せません。

子供が大きい場合、それらを見て子供が心配するかもしれません。
将来、その書き込みを見て、憎しみや辛さを知り、自分を責めてしまう子供もいるかもしれません。

気持ちを整理することで、書き出すことは有効です。
でも、それは子供が読んでも大丈夫でしょうか?

愚痴や悲しい気持ちはノートなどみんなが見ることができるものではないものに書き込み、生活の変化などを伝えたい場合は全てを書かずに事実のみの記載にとどめるのが無難です。

■浮気で離婚が決まった後の子供との生活のために

離婚後、子供は親を一人失うことになります。

名字が変わる、住む場所が変わる、環境が変わることで、最初はお互いストレスを感じるかもしれません。

しかし、離婚という選択は、自分や子供が「今よりよくなるため」の選択だったのではないでしょうか。

面倒くさいと思わず、一つ一つ、子供のためにもお金のこと、これからのことを明確にするのは、親ができる子供への愛情表現の一つです。

「お金のことばっかり」とナーバスになる必要はありません。

それは、変わるためのアイテムです。
お金は、あなたと子供が幸せになるために使わなければいけない道具です。

■浮気で離婚は人生仕切り直しするチャンス

離婚 子供
出典:ぱくたそ

離婚は一つのスタートです。

生活の基盤が変わり、一緒に生きていく人が変わります。

大きな変化により、とても疲れているかもしれませんが、今は3組に1組が離婚を選択する時代です。

同士は、たくさんいます。
ひとりで生きていくと力を入れすぎず、頼りながら生きるのも必要です。

特に、子供と生きていくと決めたあなたには。

今回ご紹介したサービスもそんな思いから生まれています。

少しでも母子家庭の方の力になりたい。笑顔を増やしたい。全ての子供に夢を。
私自身、母子家庭という環境で育ちました。保育園では毎日最後のお迎えでした。
私は幼少期から野球が大好きで、小学校1年生から地域の野球チームにも属していました。
普段はなかなか欲しい物を買ってもらえる事はありませんでしたが、
母は私が野球を大好きだと知っていたので買ってくれたのでしょう、
野球のスキル本を買ってもらった時、
それはそれはうれしくて何度も何度も読み返しました。
母がやってくれた事を私もできれば何よりです。
指輪のご売却を窓口に図書カードをご利用いただき、
お子さんの興味のある分野の本を是非お子さんに買ってあげて下さい。
そこには希望があり、夢があります。お子さんの未来を輝かせて下さい。
引用:離婚後の結婚指輪・婚約指輪の買取りサービス

子供とあなたの日々が少しでも楽しいものになるよう、使える知識とサービスを活用してください。


この記事を書いた人

元恋愛中毒者のアラサーライターです。
恋愛相談や不倫の相談にのるお仕事もしています。
恋や結婚で人生が辛くなる女性が減るのを願ってます。