夫は外面が良くていい人と言われるけれど、私にとってはひどいモラハラ夫・・・。

そんな夫と離婚したいのに、ちょっとしたことでキレる、暴言、言葉責め・・・。
怖くてとてもじゃないけど離婚なんて・・・。

そんなふうに悩んでいませんか?
その悩みはあなただけではありません。

そんなあなたの悩みには、同じようにモラハラ夫と対決し離婚を勝ち取った先輩の話が役に立つでしょう。

参考になさって、離婚に向けての準備をなさってくださいね!

登場人物

 離婚経験者のTさん

 インタビュースタッフ

夫のモラハラ・・・そして浮気。

今回は夫のモラハラに悩んだ末に離婚された経験を持つTさんにお話を聞いてみました。
Tさんよろしくお願いします。
よろしくおねがいします。
早速ですが、ご主人は結婚したときにはもうモラハラというか、そういう兆候はあったんですか?
いいえ。結婚生活を始めた頃には、優しくて家事も手伝ってくれました。
では、いつくらいからそのような言動を感じ始めたのですか?
結婚して半年で、夫がサッカーから帰ってくるまでに、家事全て終わらせておかないと怒られていました。
例えば、どんなふうにでしょう?
「元カノはできた」
小さいゴミを見つけては「お前にはこれはゴミに見えないのか」
「どうしてそんなに家事ができないのか」
私の母に対し「育て方が悪いのではないか」「どういう育て方をしたらこうなるのか」等といつも怒られていました。

ひとつひとつのダメージも大きいですが、これが積み重なっていくとなると・・・。相当ですね。
ある日精神的にまいってしまい病院へ通院してました。

通院は効果がありましたか?
通院が2ヶ月続きそれが終わって、元気で帰るとまたモラハラが始まりました。
根本の原因がそのまま、ということなんですね(泣)
その後元旦那がこそこそするようになり、おかしいな??と感じた時には浮気をしていました。
こう言ってはなんですが、自分中心に世界が回っている感じのご主人ですね・・・。
ええ。仕事いってくるねといって浮気をしていました。

そこからは、行動が早かった?
浮気に気づいた私はとりあえず実家の母親に電話をして家を出ました。
接触を絶ったんですね!これとても大事です!
その後警察と弁護士に相談にいき相手の親にも全てお話をして離婚をしましたが、離婚までに4ヶ月かかりました。
4ヶ月間は面会等で直接話し合いされたりしたのでしょうか?
離婚までは一切連絡を取らず、相手の親を通じて連絡がくるのでそれもスルーを行い、着信拒否すべて拒否をいたしました。
本当に一切お会いにならなかったんですね、そのくらいしないといけないんですね。
私の母にも文句をつけてきた元旦那だったので速く離婚がしたく弁護士や警察にまで相談にいきました。
慰謝料はどうされたんですか?
暴力も振るわれて病院へ運ばれていたため全てを含めて慰謝料が取れる状況だったのですが、離婚がしたい一心で慰謝料はとりませんでした。
慰謝料はもらっておけばよかったとお考えですか?
もっと弁護士さんと話をして慰謝料をとるべきだったかなと思ってます(笑)
他にも、離婚までの間に大変だったことはありますか?
困難だと感じたことは、いつどういうことが起きたのか、等詳しく聞かれることが多かったので、手帳になど細かく記載しておけばよかったと思いました。
記録はとても大切なんですね。Tさん貴重なお話、ありがとうございました。

モラハラ夫の実態とは?

モラハラの怖いところはじわじわと真綿で首を絞められるように逃げ場をなくされていくところではないでしょうか?

言葉で、あるいは態度で、モラハラ夫はあなたを追い詰めます。

まず、夫の言動が「モラハラである」そう気づくところが第一歩ですね。

夫からのモラハラ、経験者の方は、こういう部分がモラハラだ、と感じています。

  1. 些細な事でどなる
  2. 怒るとドアを激しく閉めたり、物に当たるなど過激になる
  3. いつも機嫌が悪い・何にでもいちゃもんを付ける
  4. 「オレがいつでも正しい」という言動をとる
  5. 「お前はダメな人間だ」と常に言う
  6. あなたの人格を否定をする

圧倒的に多かったのが、些細なことで怒鳴るという行為。

日々の生活の中でこれが繰り返されるというのは相当なストレスとダメージを与えられることになります。

まずはご自身がモラハラされているのかどうか振り返ってみてください。

そして、先輩のお話も聞いてみました。ご紹介しますね。

(先輩の体験談)話し合いができない身勝手な夫

夫とは何度も何度も話し合いをしようと求めていましたが、機嫌が悪くなると一切口を利かなくなる人でした。ひどくなると1週間口をきかず、まるで私が今ここにいないかのように振る舞われていました。時には何で怒っているのかすらわからずに呼びかけにも全く答えてもらえませんでした。
子供がまだ小さかったので別れるのは本気と思っておらず、何度も理由を聞いていましたが、やはり答えてもらえず、このままでは無理と思い、手紙を書いて読んでもらう手段をとることにしました。すると、最後まで読んでもらえずに旅行鞄に荷物を詰めだし、やっと答えた言葉が別れたいんやったらはっきり言えでした。
そのまま明け方に出ていきました。2日ほどして戻ってきましたが、家には入れず、離婚としました。

先輩からのアドバイス:伝えたいことは先に言う。

話し合いは大切だと思います。料理もその当時は夫の方が上手でしたが、好みに合わないと無言で冷蔵庫へ向かい別のものを作り、私には味見もさせてもらえず、味付けも教えてもらえなかったので必死で本で調理していました。
機嫌のいい時に色々聞いたりもしましたが、そのことはもういいという具合で何も解決しませんでした。
最後に書いた手紙も今考えると、いやなことから書き始めて、その後にこれからも家族でいるためにお互いに悪いことは話し合って直していこうと締めくくっていたので、やり直すための手紙だということを初めに書くべきだったと思いました。

(先輩の体験談)暴力と脅しでの支配。子どもが危険だと感じたことで警察へ。

旦那は自分中心の人間でした。気に食わないことがあるとすぐ殴る。蹴る。
ずっとずっと我慢していました。
挙げ句の果てには誰のおかげでケータイ使えてると思ってんだ。
誰のおかげで車乗れてると思ってんだ。
と暴言をはきまくる旦那。
ですが旦那は私の実家に居候しているんです。
そんな立場の人間が言えることではありません。
私は誰のおかげでこの家に住んでると思ってんだとずっと思っていました。
何を言われても何をされても私は何も言わずひたすら我慢していました。
殴られても殴り返すことなくひたすら痛みに耐え続けました。
離婚を持ちかけるといつものように殴られてこの次離婚したいなんて言ったらお前の全身の骨を折って動けなくしてやる。
と言われました。
小さい子どもがいたのでこれはまずいと思い警察に相談しそこで親にもモラハラやDVが発覚しました。
私の親が旦那に問い詰めるとぐうの音も出ずすぐに離婚へとことが運びました。
今は全く会っていませんし関わりもありません。

先輩からのアドバイス:警察へ駆け込んだのがいい選択だった!

離婚を持ちかけるとすぐに殴られる蹴られる脅迫されるのでひたすら我慢がとても辛かったです。
この次離婚したいなんて言ったら全身の骨を折って動けなくしてやると言われたりと子供は俺が引き取って殺すと脅された時には子供命も危ないと思ったのですぐに警察に行った時は正しい対応だったなと思いました。
そして暴力や暴言が幾度となく繰り返されているのにひたすら我慢し一人で解決に持って行こうとした為離婚への運びが遅れたのは良くなかったかな思いました。

(先輩の体験談)突然キレる夫。ボイスレコーダーを持ったがうまく使えなかった。最終的に弁護士を通じて離婚。

夫は些細な事で突然怒りだし、怒鳴ることもよくありました。特に酔って帰ってくると寝ている私をわざわざ起こして、不満を色々ぶつけてきました。私自身仕事をしており、子育ても真っ盛りでしたので寝不足になり、精神的にも参ってしまいました。離婚したいと思うようになり、ただ子供がまだ小さかったのでもう少し大きくなってからかなと考えていました。その間に言われた事は日付と内容をメモにとり、常にボイスレコーダーは肌身離さず持つようにしました。普通の会話であっても突然人が替わった様に怒鳴りつける夫でしたので、常に録音はしていました。子供が大きくなってからと考えてはいたものの、精神的に耐えられなくなってしまったので、慰謝料を取ることもできたのですが、養育費の取り決めの下準備だけ進め離婚しました。公正証書は自分では全く分からなかったので弁護士に相談して作成をし、最終的には養育費を毎月いくら貰うなどを取り決め離婚しました。やはり離婚となるとプロである弁護士に頼む事が無難であると思います。

先輩からのアドバイス:協力してくれる第三者がいると心強い

証拠を取ろうと常にボイスレコーダーは持っていたが、録音開始を押すタイミングや、突然怒鳴られても準備ができていなかったりど上手く証拠をとるのは難しかったです。離婚にむけて、養育費などの取り決めなどにとても時間がかかりました。話し合いするにも家に帰ってこなかったり、ころころ意見を変えられたりして、書類の内容を何回も変更させられました。結局はこちらが全て調べたり準備をしなくてはいけないので精神的にも体力的にもとても辛かったです。ただ、協力してくれる第三者がいたのでとても心強かったです。自分にもっと精神的強さがあれば慰謝料を取れたのにという後悔はあります。

(先輩の体験談)限界を感じて姉の家に逃げた。夫が浮気したお陰ですんなりと離婚OK!

友人や家族に相談した時に「慰謝料をもらって離婚したほうが良い」とアドバイスされたのですが、私は何もいらないからとにかく夫から逃げたかったので、身一つで姉の家へ逃げました。
モラハラ夫のおかげで心療内科で薬をもらう生活を続け、ある日限界だと思い姉の家へ逃げたのです。
三ヶ月ぐらい夫は離婚しないと言い張っていたのですが、好きな女性ができたのかある日あっさりと離婚OKしてくれました。
すごくほっとしました。

先輩からのアドバイス:逃げられただけでもラッキー!

モラハラ夫と生活をしていた時は、離婚の準備をするような気力はなくただ辛い毎日を送っていました。
離婚した今はしっかりと準備をして慰謝料をもらって離婚をすれば良かったなと思うのですが、当時の私の精神状態はものすごく悪かったので、逃げれただけでも良かったと思うようにしています。

その他の一言アドバイスも紹介!

先輩からのアドバイス:頼れる人を探そう!

夫の目を盗んでは少しずつ別居の準備をし離婚届けを置いて出ていきました。
その後は弁護士さんにお願いし手続きを進めました。
地元は群馬ですがその当時は静岡に住んでいたので近くに親など頼れる人がいなかったのですぐに出て行くということが出来なかったので大変でした。

先輩からのアドバイス:前向きな気持を持ちつづけることが大事

金銭的には苦労が多く、思うように貯蓄することができなかった。気分的に落ち込みがちになり、自分の荷物や大切な書類の整理が上手くいかなかった点があった。将来に向けて、前向きな気持ちを持つことが大切だった。

先輩からのアドバイス:離婚する意思を持ち続けることが大切

専業主婦だったので仕事を探しました。家も探してから離婚話を持ち出しまし、無事に離婚できました。
自分の意思が曲がらないようにするのが大変でした。
こんなに大変なら元のままでもいいかなと言う気持ちになりました。

先輩からのアドバイス:夫の両親に泣きつき味方になってもらった

夫側との両親とは仲が良かったので泣きつく形で相談したところ、私の味方になってくれて夫を叱責し離婚までの流れもスムーズになりました。
ご近所さんからは円満な夫婦だと思われていたはずなので、仲がよかった方などに離婚を切り出せばいいのか悩みました。結局うやむやなまま立ち去ることになってしまい後悔しています。

先輩からのアドバイス:ノートにしっかり記録する

相手の人に、しっかりと説明ができるように、いつ何を言われたかを、ノートに書き留めました。
話し合いをした時に、そのノートを見せて、話を進めました。
とにかく、自分の記憶だけで話をするのでは、また文句を言われると思い、なんでも気になったことはしっかりと記録するというのが大切だと思いました。

先輩からのアドバイス:世間体を気にして離婚してくれない夫。離婚届を置いてでていくことに。

離婚したいといっても世間体を気にして離婚してくれないので、離婚の文字は出さずに密かに自立できるように資格を取得し、お金を貯めました。そして離婚届けを置いて出ていきました。
いきなり出ていくと、慰謝料や養育費はもらえないことを覚悟した方が良いと思います。時間がかかっても調停をした方がよかったかな。とも思いますが、精神的な余裕が全くなく一刻も早く離婚したかったので、仕方ないともおもっています。余裕がある場合は調停をして、しっかりもらうものはもらった方が良いと思います。その為、会話を録音したり、証拠収集をした方が良いと思います。

まとめ

今回はモラハラの夫から離婚できたケースについて、経験談をご紹介しました。

人によって状況も違えば、その後の結果も違います。

先輩の経験談を参考にして、あなたに合った方法を見つけてくださいね。

ちなみに、離婚後、不要になった結婚指輪・婚約指輪は捨てたりせずに新生活の糧にしちゃいましょう!

テレビなどに特集されている会社なので安心して売れる。
母子家庭なら買取価格10%UPサービス中です。

結婚指輪と婚約指輪専門の買取りサービス「リングオフ」

 

画像出典

イラストAC

イラストAC

イラストAC


この記事を書いた人
ライターネーム:しおり
自身も離婚の経験を持つシンママ。
やんちゃな男の子3人を抱えながらなんとか生活しています。
最近の楽しみは、子どもと3人でドライブやキャンプに行くこと。