出典:イラストAC

 

派遣や契約社員から、安定した会社への転職希望の女性の方が多数います。

また、長年専業主婦をしていて仕事のブランクがある方は、就職活動がたいへんだとよく聞きます。

銀行や商社、公務員等で正社員を目指すのは、確かにたいへんかもしれません。

 

一方、介護業界は、料理や掃除等の家事をきちんと出来る女性の方を求めています。

そのため、履歴書の職歴欄に何も書けなくても、まったく心配することはありません。

履歴書の資格欄で、介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)を持っているかどうかを採用者は見るだけです。

 

介護施設の仕事について

高齢者の介護施設では、正社員の募集がたくさんあります。

なぜなら、介護施設は、高齢者の方が24時間生活するための施設だからです。

例えば、デイサービスの送迎トライバーは60代の方も多数いますし、介護職員は、年齢層は幅が広いです。

清掃の職員さんは70代の方もいます。

施設の中核を担う介護支援専門員や相談員は、30代から50代の方が多いと思います。

経理や人事担当の事務職員もいますし、厨房関係の職員もいます。

宿直や夜勤の仕事だけをする方もいます。

 

正社員を目指しましょう

女性の方は転職する場合は、正社員で就労し、生活の安定を図ることをまずは考えましょう。

介護の仕事は、夜勤がある職場になれば、肉体的にかなりハードになりますがその分夜勤手当がつきます。

福祉や介護業界は、人材難、人手不足が深刻です。

 

現実的な自分に向き合い、無理のない仕事を選びましょう。

介護の主な仕事である排泄介護や食事介助、入浴介助等に戸惑いがあるかもしれませんが、やる気があれば頑張れると思います。

私も過去に介護の仕事をしていた時に、認知症の高齢者の方と接するなかで、よく癒されました。

介護する方は、人生80年以上も生きてきた人生の大先輩です。

多少の認知症や物忘れがあったとしても、職員が何を考えて仕事をしているのかよく見ています。

そして温かく見守ってくれます。

 

弱い立場とされる高齢者や障がい者等の支援を考えてみませんか?

介護や福祉に関わる仕事をすることで、人間らしく生きるための方法を考えてみてはいかがでしょうか?

介護施設に入所している方は、精神疾患や身寄りがなく認知症が進行している方も多くいます。

社会福祉に関わる仕事は増えることがあっても減ることはありません。

 

 

出典:イラストAC

 

定年後の生活がイメージできますか?

日本は、少子高齢化に向かう中にあります。

年金の支給開始年齢は、これからさらに引き上げられる可能性が高くあります。

人生設計出来ていますか?

あなたのキャリアプラン、未来をしっかり描けていますか?

 

株式会社Keen Linkersのサービスについて

現状の仕事に不満や不安がある方は、一度、株式会社Keen Linkersのサービスを考えてみてはどうですか?

大手会社の転職エージェントとしてコンサルをされている方はたくさんいますが、ほとんどの方が転職の経験も少なく、人と企業をマッチングさせることが目的になってしまっていて目線が企業側に近い、つまり利益が目的となっています。

株式会社Keen Linkersのサービスは、目線を人に合わせ、職のサポートはもちろんのこと、その先の人生も視野にいれてサービスが展開されます。

 

株式会社Keen Linkersに相談するメリット

①相談無料

②「働く」ことについてのトータルサポート

③キャリアプランのご提案

④「今から出来る資金の作り方」のアドバイス

*老後に向けた備えなども考えてくれるのでお勧めです。

 

まとめ

株式会社Keen Linkersのサービスは、今後のキャリアプランに悩んでいる方やこれからどういう人生を歩むか検討されている方のサポートが目的です。

・女性の方で転職を考えている方は、株式会社Keen Linkersでご相談をお待ちしています。


この記事を書いた人
ライター名:元市役所君
職業は元公務員で、現在はフリーランスとなり在宅ライターに没頭中です。