皆さんは転職について考えたことはありますか?

社会人として3年も経つと、転職について頭の中でよぎったり考えたりするのは今の社会ではある程度当たり前のことなのではないかと思います。

また3年経たなくても、早い段階で別の業種や職種に就いてみたいと考える方はいらっしゃるかと思います

本記事では転職でキャリアアップをしようとしている人にとって、必要な情報や事前に考えておくことをまとめていきます。

それと同時に特にキャリアについて悩みがある場合に、一人で抱え込まないこと、相談できる場所があることを伝えていきます。

出典:写真AC

 

〇転職について

転職といえば、今まで働いていた会社にある程度感謝を持ちつつ見切りをつけて、自身のステップアップのために別の会社に移ることですが、人によって目的が若干違ってくるかもしれません。

ある人は仕事に普段以上のやりがいを求めているかもしれませんし、またある人はお金をもっと稼ぎたい!という気持ちから転職を考えることもあります。

現代では一人一人の人生の多様性が、ひと昔前よりも重視されている傾向があるように思われます。

一人一人にとって人生が最適のものになるように行動することが一番大切なのではないでしょうか。その中のひとつとして転職という選択肢があるという考え方が最もよいかと思います。

 

〇キャリアアップ全般について

キャリアアップというと、転職のみにとどまらず少し幅広い意味や考えを持ちます。

フリーランス、独立、派遣社員として働くといったことも考えられ、それぞれ必要な力や必要な資源が少しずつ違ってくることでしょう。

ですが、どの道を選んでも自身にとってベストな選択をすればキャリアアップにつながる可能性は高まります

ここではメインとして「転職」にスポットを当てて内容を深めていきますが、どんな働き方であっても、基本的に前もって考えておく内容はある程度似通っていると考えられます。

また現代では終身雇用という言葉がもはや形骸化されつつあり、自身でスキルや能力を身に着けていくことが不可欠になりつつある時代です。

20代中盤~後半の方は特に、これからのキャリアを積み重ねていくための期間となっていきますので、キャリアアップの具体的内容についてかみ砕き、自身のキャリアの方向性を見定めていくことが大切になっていきます。

出典:写真AC

 

〇転職をするための心構えや考えておくべきこととは?

心構えや考え方は一人一人の転職についての目的によって変わってきますので、大きな目的ごとに情報を掲載していきます。

今の会社で働いていて、ふと何かしら自身で転職について思うところがあった時がタイミングかと思いますが、それがどんな内容なのかを整理してまとめていく必要があるかと思います。

 

●年収を増やしたい人へ

「今の年収が低いからもう少し給料の高いところで働きたい」という気持ちが転職を考えるきっかけとなっていることが多いです。

ここで気をつけなければいけないのは、必ずしも転職することで給与のアップできる求人があるかどうかはわからないということです。

自身が今、社会でどれくらい活躍できるかのレベル感を確認してもらう作業を転職サービス等でしてもらう必要があるかと思われます。

転職をする際には、自分自身の市場価値がどのくらいなのかについて知っておくことは重要なことです。

 

●スキルを向上させたい人へ

スキルを向上させた先に何かをしたいということが主なきっかけかと思われます。

もちろん今の会社で学べるスキルがそれほど高くないとか、充実感ややりがいの面で物足りなさを感じる、といったことも考えられます。

将来的にどのようなスキルを身に着けて、どのようなことをやりたいのかについて明確化しておくことが必要かもしれません。

そしてそのためのステップアップとしてどのような転職先があるのかを考えていく必要がありそうです。

 

●知名度のある会社に入社したい人へ

知名度のある会社というと、例えば有名な大手企業最先端のベンチャー企業などが考えられますが、中途として入っていくのは最難関のことと思われます。

大手企業は基本的に年功序列型で、長年働いてきた社員たちを優遇する傾向にあるところが多いと思われますし、

逆に主に成果主義である最先端のベンチャー企業は業務量が多く日々の仕事が非常に大変であることを考慮に入れておかなければなりません。

また私たちは会社の風土や雰囲気について、つい過剰な期待を持ってしまうことが多いように感じますが、どんな会社も私たち人間が形成している社会ですので、どんなことも思い通り完璧にいくわけではありません。

とはいえ、知名度のある会社に転職したくなる気持ちは向上心のある人にとって魅力的に映ることでしょう。

 

 

〇自身の将来の方向性を見定めること

自分はこれから何をしていきたいのか、何をすることでお金を稼いで生きていくのかということは、これから自身がどう生きていきたいのかにつながってきます。

将来どうしていきたいのかについて途中で変更することはあり得ますが、ある程度何かひとつのものを、これ!と決めて活動していくことが望ましいでしょう。

何かひとつのものを見定めたら、何かしらの行動に移していきましょう

仕事といっても業種や職種によって業務内容も職場環境も変わってくるかと思いますが、自身がどんな分野を極めていきたいのかについて考えていく必要がありそうです。

ですから例えば、大学や専門学校を卒業したころから「イラストレーターとして活躍したい!」という気持ちがあれば、

今後はどんなイラストを描いていきたいのか、それはアニメなのか漫画なのか、それとも教育に関する教材のイラスト等なのか、といったことについてある程度自己決定し、その信念に基づいて行動してみることが必要です。

そして行動した結果、もし、何か違うな…と感じたときには、すぐに方向転換できる力も必要かもしれません。

そのような繰り返しのうちに、いずれ自身のやりたいことを突き詰めていけるはずです。

 

とはいっても、なかなか一人ですべてのことをこなすのは難しいものです。

新しいことをやれば、どんなことに挑戦しても必ずといっていいほど壁に突き当たります

そのような時に友人や家族に相談することがあるかと思います。信頼できる人がいてくれることで、心が軽くなったり、楽になったりする経験をしたことは多くの人があるのではないでしょうか。

しかしながら、仕事の内容となってくると必ずしも相談に乗ってくれる人たちが身近にいるとは限らないかもしれません。

次の項目でそのためのひとつの解決策として、パートナーとなってくれる企業の紹介をしてみます。

 

〇将来を定めるためのパートナー企業についての紹介

株式会社Keen Linkersという会社があります。

いわゆるキャリアコンサルティングを行っている会社ですが、他の大手人材サービス会社との違いは、ただ単に転職を勧めるための相談のみに依らないことかと思います。

転職をするにあたっては、単にどこの会社に行きたいのかを考えるだけではなく、その背景にある考えや条件を詳細にまとめておく必要があります。

そのためには一人である程度考えをまとめておくことももちろんですが、信頼できる友人や相談者に話すことで話がまとまるということがあるかと思います。

出典:株式会社Keen Linkers

株式会社Keen Linkersに相談することのメリットとしては、

  1. 相談が無料でできること
  2. 一人でなく信頼できるパートナーと一緒に物事を決定していけること
  3. カウンセラーが安易な決定をせずにキャリア人生を永くにわたりサポートしてくれること

かと考えられます。

転職を考えている際に、自身の視野が狭くなってしまっていることは考えられませんか。

もしそうであったとしたら、例えば転職以外のキャリアとしてフリーランスや起業などといった選択肢も考慮に含めた上で相談に乗ってくれることでしょう。

その上で転職をすることが最適であるという結論になれば、転職の話を具体的に進めてくれることと思います。

また転職が成功した後にも、生涯のキャリアとしてのパートナーとなってもらえることから、アフターフォローや、永続的に人生のキャリアサポートをしてもらえるようです。

つまり、常に信頼できる相談先があるということで得られる安心感を獲得することができるでしょう。

そうすれば、仕事に対するリスクも減ることが考えられませんか。

たとえ、一度や二度の失敗に対してもその後のフォローをしてもらえることで、何度でもやり直せる、立ち上がれるといった気持ちになれることと思います。

⇒株式会社Keen Linkersのキャリアカウンセリングを受けてみたい方はこちら

 

【参考記事】 キャリアカウンセラーに相談したい人へ!|キャリアカウンセリングの本来の役割とは

【参考記事】 フリーランスで仕事をすることは難しい?|一人で抱え込まずに仕事を進めていく方法について


この記事を書いた人
たか
転職をする際にフラットに相談できる場所があると良いと思い、今回の企業紹介に至る。
実際の大手人材サービス会社等では、フラットに相談に乗ってもらうことができないことが多いのでは、と感じている。
これからは、よりクライアントに寄り添ったキャリアアップの仕方を考えてくれるような場所が必要とも感じる。
自身の転職活動経験も踏まえて、今後の世の中をよりよくするためにはどんなことを広めていったら良いのかを考えながら過ごしている。