この記事はこれから未経験でエンジニアへの転職をしようと思っている方への助けになればいいなぁと思い書いていこうと思います。

私自身もともと広告業界で働いていて、未経験でエンジニアに転職しました。

やっぱり現場に入って見なきゃわからないことが多くあり、参考にしていただければと思います。

結果的には転職して良かったと思います。それは私自身がWEBサービスを作るという目標とプログラミングスキル(手に職)をつけたいと思う中で導き出した答えだったので前向きに頑張っています。今のところは残業も減り自分の時間もできてます。

それでは本題の内容に入っていきます。

  1. プログラマー・エンジニアという人種について
  2. 言語を覚えるには作ることが一番(短期間集中型がおすすめ)
  3. SESという制度
  4. 給料について(おおよそ)
  5. 残業について(おおよそ)
  6. エンジニアというスキルについて

 

1のプログラマー・エンジニアという人種についてですが、

もともと営業の身としては、馴染みのない方々が多く、違和感がありました。

自分の与えられた作業をひたすらともくもくと行っていく感じです。

ざっとプログラムを実装する時の大まかな説明をすると、

作業はプログラムの実装、つまり、ウェブサービスなどがしっかりと動くような機能を持たせるためにコンピューターへの命令を書き込んでいくことなのですが、この機能、この動きを実装したい!と思ったときに、わからないことは基本的にはネットで検索して使えそうな命令を実装していくことが多いです。

だからこそもくもくもくもくと行っていくのです。

出典:写真AC

ですので、プログラミングの言語や専門用語を覚えないと話についていけません。

プログラミングの言語や専門用語をわかりやすく伝えることのできるコミュニケーション能力がある人はディレクターとしてプログラマーと案件のクライアントの架け橋となることが多いようです。また、プログラムを実装する前に設計書を書くのですが、その設計書作りに携わったりします。設計書はプログラマーが行う場合もあります。

一方、プログラマーとしてのプロ・凄腕の方々は、あらゆるプログラム言語や機能(メソッド)さらにはスピードを兼ね揃えるため開発現場で大変重宝される人材となります。

人種といった面をフォーカスしてお伝えすると、「1に調べて」「2に調べて」「3に調べて」なんとかしてしまう方々なので、チームとして組織として協調していくというより個人プレイなイメージです。

また、わからないことがあるととにかく調べたくなったり、最後までやらなきゃ気が済まなくなってしまったり、細かいミスでプログラムが動かなくなるので、細かい人が多いです。

もともと営業の身からすると、

調整、調整、調整だったので、人とかかわってプロジェクトを成功させるというところからはだいぶかけ離れていたように思います。

しかしながらプログラムの実装をしていくと自然とそうなっていくのもわかります。

要は、慣れです。

2の言語を覚えるには作ることが一番(短期間集中型がおすすめ)ですが、

これは結構いろいろなところで言われてますね。

ON THE JOB TRAININGで色々経験しているうちに身についているってのが一番効率的なんだろうなぁと思います。なかなか何かを作ろうと思っても躓いちゃて続かなかったりするので仕事として責任をもつことで必死に頑張ってあれできてる。。。みたいな。経験ありますよね?

出典:写真AC

ただ、会社にもよりますがある程度の知識がないと案件に携わらせてもらえなかったりもします。

ぶっつけ本番で学んでもらうところや1ヶ月〜3ヶ月の研修期間があるところなど様々です。

事前に確認するのがよいでしょう。

また、事前の学習は結構アピールとして大切なことも多いので、ネット学習サービスなんかも充実しているのでそれらを利用して継続的に踏ん張りましょう。

3のSESという制度についてです。

IT、WEB業界では、プログラマーがクライアント先へ常駐して開発をすることがとっても多いです。

面談を経て合格した場合に技術提供として現場に入るのですが、人材不足からかクライアント→制作会社A→制作会社B→制作会社Cと段階的に声をかけていき人材を確保します。年数によって金額が代わり、凄腕の人だと月に100万円という額にもなるそうです。

この制度のあり方にはいろいろ物議があるのですが、いろいろな会社も見ることができますし、ある人が言っていたのは本社のごたごたに巻き込まれたくないから常駐してる方が作業にしてればいいし楽!!ともいってました。

また、一方で入った会社のクライアントや上司がとても厳しい人で成長できたがつらかった。という意見もあります。腕があればどこでも胸を張って渡り歩けるかもしれませんが、最初の頃はわからないことなども多いので修行の場として捉え、前向きに頑張るのがスタンスとしてはいいのではないかと思います。

4の給料について(おおよそ)ですが、

上記でも述べたように凄腕なら50万〜60万円(額面)くらいはもらえてると思います。

私のようなペーペーですと、24万円くらいです。たとえ前職で何をしてようがプログラマーとしての価値で判断されますのでしょうがないですね。しかし、プログラマーとして一人前になったときに大きく飛躍できるのが異業種からの転職組の強みだと思います。

プログラムだけでなく他の知識も持ち合わせていることで、あなただけの活躍の仕方が見えてくるはずです。

5の残業について(おおよそ)ですが、案件に左右されることが多く、スケジュールがきついときは22時ごろまで、休日も働いているケースもあります。スケジュール通りうまくいっているときは残業もなく帰れます。ここは事前に気になっている会社にしっかりと質問した方がいいかもしれません。

否が応でもクライアントのスケジューリングや仕様の変更などで影響を受けてしまうので、残業代は支給されるかどうかなどもチェックポイントかと思います。

 

6のエンジニアというスキルについてですが、

このスキルがあればフリーで活躍するという選択肢を選ぶことができたり、自分でサービスを作ることも、教える側になることもできます。

手に職をつけるという意味でも役に立ちます。副職としてもエンジニアが求められることが多く、クラウドソーシングのサービスなどを覗くとウェブサービスの回収や制作の案件などもあります。

パソコン一台で場所を選ばず仕事ができるため自由な働き方を選ぶことができるという点に関してもメリットに感じる人は多いのではないでしょうか。

転職をした場合でも、プログラムスキルがある人は企業としても評価されることも祟るので、感覚的には、英語が話せるから重宝される。といったイメージかと思います。

プログラムができるという武器を持てるという認識していただければ良いかと思います。

出典:写真AC

6つの未経験からエンジニアへの転職について記載させていただきましたが、

いかがしょうか?参考になりましたでしょうか?

人生の岐路に立っている方に少しでもお役に立てれば幸いです。

 

とはいえ、これは私自身の経験のため、実際により多くの現場を知るプロの方にエンジニア転職についてやキャリアプランなども相談を必ず行った方が方がいいと思います。

懇切丁寧に対応してくれるので、安心して問い合わせてみましょう!

お問い合わせ: http://keen-linkers.com/lp/career_consulting

あなたの転職成功を応援しています!


この記事を書いた人
ニックネーム:たいら
大学卒業後、広告代理店へ入社。
マーケティング分析・PR戦略が得意
現在はサービス開発を目指しプログラマーへ転身し、修行の身。